相続の知識

相続専門で55年以上の実績を持つ税理士事務所が
相続に関する知識を辞書としてお使いいただけるよう
取りまとめました。ご活用ください。

注⽬キーワード

基礎控除 小規模宅地 配偶者控除 準確定申告 相続税 早見表 広大地 土地評価 相続の基本 贈与税 節税

最近の法改正

カテゴリから探す 立場から探す

カテゴリから相続について学ぶ

相続に関する様々な手続きや注意点、スケジュールなど相続について知るには、こちらから。
生前対策のメリットや、相続税申告完了後でもできることも取り上げています。

新着記事

遺言執行者とは?誰がなれるのか、任務の内容や選任が必要なケースを解説

遺言執行者は「いごんしっこうしゃ」と読み、遺言を実行する人のことです。未成年者と破産者以外の誰でもなることができ、遺言者の代理人として働きます。必ずしも選任する必要はありませんが、「相続人廃除」や「認知」についての記載がある場合には、遺言執行者が必要です。ここでは遺言執行者について詳しく解説をし...

成年後見人の登記事項証明書の取得方法は?オンライン申請についても解説

成年後見人等が法定後見や任意後見契約の登記をしていると、その登記事項の証明書を法務局に請求できます。この証明書を「成年後見登記事項証明書」といいます。登記事項証明書は各法務局の窓口で請求するほか、郵送やオンラインでの請求も可能です。また、請求を代理人に委任することもできます。取得する際は必要書類...

配偶者居住権の登記は必要?費用や登記すべき3つのケースを解説!

「配偶者居住権」とは、夫婦の一方が亡くなった際、残された配偶者が被相続人(亡くなった人)の持ち家にそのまま住み続けられるようにする権利です。これによって、ほかの相続人が住居を相続することになったとしても、配偶者が突然住居を失うことが避けられるようになりました。配偶者に認められる居住権は、基本的に...

相続手続きは自分でもできる?手続き内容と自分でやる目安もご紹介

自分で相続手続きをすべて行うには、多大な時間と労力が必要になります。とくに、相続人の数が多かったり、相続財産が多かったりすると、書類を集めるだけでも煩雑となり、自分ですべて行うのは非常に難しくなります。 そのため、自力で相続手続きを行うには「①時間に余裕がある」「②遺産が預貯金のみ」「③相続人が少な...

【最新版】遺言書の書き方や種類を解説!遺書と遺言書の違いとは?

遺言を作成するというと、なんだか縁起でもないものを用意していると感じるかもしれません。これは「遺書」と「遺言」を混同しているから起こる勘違いです。死期が迫った人が自分の死後に残される家族や友人、知人などの親しい人に向けて、自分の気持ちを伝える遺書と違い、遺言は自分の死後に、認知や相続人の廃除、相...

「重畳的債務引受」は負債のある相続で重要!メリット・デメリットを解説

相続財産には、預金や不動産といったプラスの財産だけでなく、借金などマイナスの財産も含まれます。相続財産の一部としてこうした債務を引き受ける時には、「重畳的債務引受」や「免責的債務引受」という方法を使う場合もあります。聞きなじみがなく、よくわからないという人も多いでしょう。 そこで今回は、重畳的債...

雑種地を相続する場合の評価方法や基礎知識・注意点を解説

「雑種地」とは特定の用途が定まっていない土地のこと。雑種地を相続するとなると、どのように評価すればいいのでしょうか。また、宅地との違いはどこにあるのでしょう。今回は、「雑種地」の評価方法や注意点について、相続に焦点を当てて解説していきます。 雑種地とは? 土地の地目(利用用途)は不動産登記規則99...

借地権とは?借地権の種別と注意点について解説

借地権とは、建物を建てるために地代を払って他人から土地を借りる権利のことです。一般的には家を購入しようとすると土地も購入することになりますが、販売されている家のなかには借地権付きという説明がされている場合があります。これは、建物は自分のものになるものの、土地自体は地主から借りているという形式の契...

遺言信託は相続トラブル防止に効果的?メリット・デメリットも

遺言信託は、遺言書の保管から執行までを専門家が引き受けるものです。各信託銀行が専門的な知識によって「遺言信託サービス」を提供しており、相続のトラブルに効果的といわれています。 ここでは遺言信託の概要や利用した場合の流れ、メリット・デメリットなどをご紹介します。 遺言信託とは「信託銀行による遺言...

相続手続き費用の相場はいくら? 不動産の相続も含めて相場をわかりやすく解説!

遺産相続にはさまざまな手続きが必要となりますが、その手続きにも時間と費用が必要になってきます。この項目では、4種類の財産に着目し、相続手続きの費用の相場、必要書類取得の費用などを解説します。また、相続手続きの代行を依頼できる専門家についても紹介したいと思います。 遺産相続の手続き費用は、財産の種...

注目の記事

贈与税がかかるのはいくらから? 贈与税の計算方法や非課税になる特例を紹介!

親から子へ、祖父母から孫へと生前に財産を少しずつでも渡すことは珍しくありません。血縁関係のあるなしにかかわらず、個人が個人へと無償で財産を与えることを「贈与」といいます。そしてその贈与額によっては、受けとった側が「贈与税」を支払わなければならなくなります。 となると、気になってくるのは「いくらも...

【5分でわかる】「遺産分割協議書」はどんな時に必要?

近親者が亡くなって相続が発生した時、相続人が一人であれば遺産分割は生じませんが、相続人が複数いる場合には必ず発生します。遺言書がない場合や、遺言書に記載された内容に問題がある場合には、相続人全員が集まり、遺産分割を話し合いで決める必要があります。 この記事では、話し合いによって決める遺産分割にお...

相続の基本の「き」| 手続きの流れや準備するものまとめ

相続は、一生のうちにだれもが経験する出来事で、人によっては何度も経験することがあります。しかし、初めて自分の身に起きたときは、何から手を付けたらいいのかわからず、戸惑う人がほとんどです。いざというときに慌てないよう、相続とはどういうものか、基本的な知識を知っておき、実際に相続が発生したときにやる...

相続登記の流れは?必要書類や費用もわかりやすく解説

亡くなった人から相続により、土地・家屋などの不動産を引き継いだ場合は、その不動産を法務局(登記所)で登記することが必要です。その手続きの仕方を確認しましょう。 相続登記とは、「相続する不動産の名義変更」のこと 不動産の登記とは、法務局で管理する登記簿に、どこにあるどんな土地・建物に関して、所有者...

相続放棄の手続きの流れや注意点!知っておくべきことを解説

故人の残した借金などの遺産を放棄したい場合、手続きはどのように行えばいいのでしょう。相続放棄をすることでデメリットはあるのか、弁護士や司法書士などの専門家に頼んだほうがいいのかなど、わからないことは多いはずです。相続放棄は家庭裁判所に必要書類を提出し、多少書類のやり取りをすることで行えます。手続...

遺産相続の手続きに期限はあるの?期限を過ぎるとどうなる?|気になる相続手続きを期限ごとに解説

遺産相続は、亡くなった方(被相続人という)が財産を残して死亡した時から始まります。相続に関するルールは民法で定められており、相続人とその順位は決まっています。 遺産相続に関わる相続の手続きはとても煩雑で、必要な書類の取得には時間がかかるものが多数あります。 そこで気になるのが、相続手続きの期限で...

相続税申告の相談は税理士がベスト! 相続に強い税理士の選び方

相続税の計算や申告など相続に関する手続きは、基本的にはすべて相続人自身で行うことができます。それでも、慣れていない人は必要書類の作成に多くの時間が必要となり、相続税の申告の期限内にできない場合も想定できます。また、手続きのミスにより加算税が課される恐れもあります。 そんな事態を避けるため、相続税...

【保存版】相続手続きの代行は誰に頼む? 注意点や代行サービスの選び方5選をご紹介!

相続手続きは想像以上に大変です。亡くなった方(被相続人)が所有していた不動産や銀行口座の名義変更など、やらなければいけない手続きは多種多様。仕事が忙しく、時間がないなかで手続きを進めなければいけない人もいるでしょう。そんな時の強い味方が各手続きの代行サービス。この項目では、弁護士や税理士、行政書...

自分は申告が必要?と気になる方へ | 相続税申告の流れや申告書の書き方・注意点などを解説!

亡くなった方(被相続人という)の財産を遺産として相続した場合、相続税の申告が必要な場合があります。いざ遺産を相続しても「自分が相続税申告をする必要があるのか」や、「何をすればいいのかわからない」と思う方も多いのではないでしょうか。 相続税申告に疑問がたくさんある方でもスムーズに手続きができるよう...

土地を相続するときにでてくる「相続税の路線価」とは?計算方法や意味など基本の知識を解説

相続税の計算には財産をすべて金額に直す必要があります。そのときに大きな障害となるのが土地の評価です。土地の評価額の計算には大きく二つの方法がありますが、基本は相続税路線価を使うやり方です。路線価は土地の面する道路(路線)ごとに決まっていて、国税庁のホームページで公開しているので、住所からすぐ調べ...