相続税の申告なら相続専門税理士法人レガシィ【公式】

相続の知識(贈与税)

贈与税

事業承継税制とは?要件や特例措置と一般措置の違いを解説

※令和6年度税制改正大綱によって、特例承継計画の提出期限が2024年3月31日→2026年3月31日までへと延長されることが決定されました。【特例措置と一般措置の比較】の章にも追記・修正を加えました。(更新日:2024年1月5日) 中小企業にとって事業承継には、税金面など悩ましい問題があります。この記事では、贈与税や...

親子間の仕送りに贈与税はかかる?仕送りと贈与の違いについても解説

「親子間の仕送りに贈与税はかかるの?」と疑問に思ったことがある方は多いでしょう。法的には、仕送りと贈与では扱いが異なります。本記事では、送金が贈与とみなされる事例や、仕送りに関する確定申告の要不要について解説します。併せて、扶養控除制度のメリットや要件についても紹介しますので、ぜひご一読ください...

贈与税はどうやって納付する?納付書の書き方から納付方法・種類まで解説

預金や土地、株式などの財産を贈与すると、それらを贈られた人は「贈与税」を支払わなくてはなりません。この記事では、贈与税の概要に触れながら、納付書の書き方や詳しい納付方法などを解説します。これから贈与税を納付する人や、納付書を使用しなくてもできる納付方法を知りたい人などはぜひ参考にしてください。 ...

夫婦間の口座移動で贈与税はかかる?ケース別に解説

夫婦同士であっても、口座間で資金をやり取りした場合や、不動産や車、ジュエリーなどの高額なプレゼントを受け渡しした場合には、贈与税が発生する可能性があります。ただし、すべてのケースで贈与税がかかるわけではありません。 本記事では、夫婦間の贈与で贈与税がかかるケース・かからないケースを解説します。あ...

車の購入時に贈与税がかかるケースとは?買ってあげる・もらう時のポイント

「孫や子どもに車を買ってあげたい」「自分が長年使用してきた車を譲りたい」など、親族間で車をやり取りする場合にも、贈与税が発生する可能性があります。本記事では、車の受け渡し時に発生する贈与税について整理しました。課税される条件や税額の計算方法、節税方法、申告方法などを解説しています。 車の贈与税が...

相続税と贈与税の一体化とは?変更点・対策方法と生前贈与の行方

※令和5年度税制改正大綱によって、2024年1月1日以降の贈与より、相続開始前の贈与が相続財産へ加算される期間が死亡3年前から7年前へと延長されることが決定されました。詳しくは【2023年最新情報】の章をご覧ください。(更新日:2022年12月19日) 贈与税とは、個人から預金や土地、株式などの財産を受け取った人に...

生前贈与は現金手渡ししてもいい?注意点について徹底解説

※令和5年度税制改正大綱によって、相続財産へ加算される期間の延長や相続時精算課税制度の見直しが決定されました。詳しくは【2023年最新情報】をご覧ください。(更新日:2022年12月19日) 生前贈与の方法として、現金手渡しを考えている方もいるのではないでしょうか。銀行振込とは異なり、贈与の記録が残らない現金...

負担付贈与とは?通常の贈与との違いやメリット・デメリットについて解説

相続対策のひとつである贈与には種類があり、中でも「負担付贈与」はよく使われる法的手段です。この記事では、負担付贈与の概要として、通常の贈与との相違点、メリット、デメリットをそれぞれ解説します。これらを理解していなければリスクが大きくなってしまうため、ぜひ確認しておいてください。 負担付贈与とは ...

住宅購入の生前贈与で税金の負担を減らすには?条件とポイントを解説

マイホームを購入する際に、両親や祖父母から資金を援助してもらうという人は少なくないはずです。財産を無償で渡すことを「贈与」といいますが、マイホーム資金の援助も、それに当てはまります。したがって贈与税の課税対象となるのです。 贈与税には年110万円までの非課税枠が設定されています。この額を超えた贈与に...

生前贈与で節税対策は可能? 相続税と贈与税の比較と特例を解説

※令和5年度税制改正大綱によって、2024年1月1日以降の贈与より、相続開始前の贈与が相続財産へ加算される期間が死亡3年前から7年前へと延長されることが決定されました。詳しくは【2023年最新情報】の章をご覧ください。(更新日:2022年12月19日) 自分がまだ生きている間に子どもや孫など次の世代に財産の一部を...

不動産の贈与税|計算方法や節税対策も解説

無償で財産を渡すことを「贈与」といいます。この場合、財産を渡す人のことを「贈与者」、受けとる人のことを「受贈者」と呼びます。贈与は親から子へ、祖父母から孫へ、配偶者から配偶者へと行われるのが一般的で、さらにその財産も現金であるケースが多いといえるでしょう。もちろん現金以外の財産も贈与することがで...

贈与税の早見表|特例についても解説

一方が自分の保有している財産を無償で相手方に与え、それが相手方に受諾されることを「贈与」といいます。その贈与額が一定の限度を超えた場合、その部分に対してかかってくるのが「贈与税」です。 国税庁では「個人から財産をもらった時にかかる税金」として位置づけており、それはたとえ親子間や夫婦間であっても課...