相続の知識(相続の発生前)

相続の発生前

国外転出時課税制度とは?相続・贈与時の適用についても解説

海外へ転出する人のうち、株式等の高額な資産を保有している方は国外転出時課税制度の課税対象となるかもしれないことをご存知でしょうか。この制度は国外の親族等に資産を相続・贈与する際にも適用されます。本記事では、国外転出時時課税制度とはどのような制度か、その概要や手続き方法などについてわかりやすく解説...

贈与税はどうやって納付する?納付書の書き方から納付方法・種類まで解説

預金や土地、株式などの財産を贈与すると、それらを贈られた人は「贈与税」を支払わなくてはなりません。この記事では、贈与税の概要に触れながら、納付書の書き方や詳しい納付方法などを解説します。これから贈与税を納付する人や、納付書を使用しなくてもできる納付方法を知りたい人などはぜひ参考にしてください。 ...

夫婦間の口座移動で贈与税はかかる?ケース別に解説

夫婦同士であっても、口座間で資金をやり取りした場合や、不動産や車、ジュエリーなどの高額なプレゼントを受け渡しした場合には、贈与税が発生する可能性があります。ただし、すべてのケースで贈与税がかかるわけではありません。 本記事では、夫婦間の贈与で贈与税がかかるケース・かからないケースを解説します。あ...

車の購入時に贈与税がかかるケースとは?買ってあげる・もらう時のポイント

「孫や子どもに車を買ってあげたい」「自分が長年使用してきた車を譲りたい」など、親族間で車をやり取りする場合にも、贈与税が発生する可能性があります。本記事では、車の受け渡し時に発生する贈与税について整理しました。課税される条件や税額の計算方法、節税方法、申告方法などを解説しています。 車の贈与税が...

相続税と贈与税の一体化とは?変更点・対策方法と生前贈与の行方

贈与税とは、個人から預金や土地、株式などの財産を受け取った人に課される税金のことです。近年、相続税と贈与税を一体化し、財産を受け渡す時期などによって税負担が変動しないように、新しい仕組みをつくる働きが検討されています。この記事では、現在の相続税・贈与税の仕組みに触れながら、今後予想される改正や対...

役員の死亡退職金とは?税金や規定がない場合についても解説

取締役・監査役などの役員が死亡した場合に遺族に支給される死亡退職金には、受け取る時期により「みなし相続税」や「所得税」が課税されます。本記事では、役員退職金と通常の退職金との違いや金額の目安、課される税金の種類、役員退職金の規定がない場合のポイントについて解説します。 役員の退職金とは 役員...

相続税の基礎控除はいつ改正された?改正の歴史や背景を解説!

平成27年1月から相続税の基礎控除は引き下げられ、課税対象の範囲が広がりました。これをきっかけに、課税件数は前年度の倍近くにまで増加し、それ以降の相続税収は右肩上がりです。 本記事では、主に相続税の基礎控除改正の推移や算出方法を解説しています。相続税の減額につながる、その他の控除や節税方法も併せて理...

生前贈与は現金手渡ししてもいい?注意点について徹底解説

生前贈与の方法として、現金手渡しを考えている方もいるのではないでしょうか。銀行振込とは異なり、贈与の記録が残らない現金手渡しには税務的な観点から見て一定のリスクが伴います。そこで本記事では、現金手渡しによる生前贈与のリスクや注意点を解説します。贈与税の節税対策も紹介するので、ぜひ参考にしてくださ...

負担付贈与とは?通常の贈与との違いやメリット・デメリットについて解説

相続対策のひとつである贈与には種類があり、中でも「負担付贈与」はよく使われる法的手段です。この記事では、負担付贈与の概要として、通常の贈与との相違点、メリット、デメリットをそれぞれ解説します。これらを理解していなければリスクが大きくなってしまうため、ぜひ確認しておいてください。 負担付贈与とは ...

秘密証書遺言のメリットは弱まった?他の遺言方法と徹底比較

遺言を作成しようとしている方の中には、秘密証書遺言にしようか迷っている方もおられるのではないでしょうか。遺言はご自身とご家族に合った方法を選ぶことが重要です。この記事では、秘密証書遺言の概要から手続き方法、メリット・デメリット、作成のポイント・注意点まで紹介しているので参考にしてください。 秘密...

顧問税理士を変更する必要はあるのか?そのメリット・デメリットを解説

個人であれ法人であれ、事業を営まれている方は確定申告や会計業務を依頼するために税理士を顧問として頼むのが一般的です。しかし、税理士にも専門分野があります。たとえば相続対策や相続手続き・申告に関しては得意不得意がはっきり分かれ、対応できない場合や、不慣れな中で対応する顧問税理士が多いのも事実です。 ...

成年後見人の費用まとめ|報酬相場や誰が払うかなどを解説

成年後見人制度は認知症や精神障害などにより判断能力が不十分になった方を法的に支援する制度です。制度の利用を検討されている方にとって、成年後見人の報酬などの費用は気になる部分ではないでしょうか。 この記事では、成年後見人制度の概要を説明したうえで、手続き費用や報酬の目安、助成制度などについて解説し...

遺言書で効力を持つ事柄は?効力を失うケースや有効期間についても解説

遺言書を作成しておけば、法定相続分と異なる割合で財産を与えたり、法定相続人以外の人物が特定の財産を受け継げるよう指定したりすることも可能です。しかし、作成した遺言書の内容が法的に有効なのか、またいつまで有効なのかなど、疑問が多いことでしょう。本記事では、遺言書の有効期限や種類、作成時に覚えておき...

公正証書遺言の証人は誰に依頼できる?条件や該当者がいない場合の解決策についても解説

もし自分が亡くなった後、大切な家族が遺産について揉めてしまうとしたら悲しいものです。遺言を作成しておくことは、そのような事態を避ける助けになるでしょう。 なかでも、公正証書遺言は無効になるケースが少ない形式の遺言として知られています。作成を検討する際に知っておくべき、証人の役割や条件、作成の流れ...

タックスヘイブンとは? 海外への資産移転で相続税・贈与税を軽減する方法

タックスヘイブン(Tax Haven)という言葉を聞いたことがある方もいるでしょう。収入や財産が多い方は日本では税金の負担がかなり大きくなるため、税金の安いタックスヘイブンと呼ばれる地域に会社を設立したり、資産移転したりすることで、節税できます。 今回は、タックスヘイブンの仕組みや利用方法、注意点等につい...

デジタル資産の相続とは? 仮想通貨・NFTの相続トラブルを防ぐ方法

デジタル技術の発展によって登場した仮想通貨やNFTなどのデジタル資産は、全容がわかりづらく申告漏れなどのトラブルが発生しやすい資産です。亡くなった親がデジタル資産をもっていた場合、相続の手続きはどうすればよいのでしょうか。そこで、仮想通貨やNFTの概要と相続に必要な手続き、トラブルの対策について紹介し...

プライベートバンクとは? メリット・デメリットから選び方までわかりやすく解説

プライベートバンクとは一体どのようなものなのかご存知でしょうか。 この記事では、プライベートバンクとは何かをはじめ、口座の開設にどの程度の資産額が必要なのか、節税を考えるうえでどういった役割が期待できるかなど、資産を管理する人にとって役立つ情報を解説しています。 プライベートバンクとは? 一般...

遺言書の検認が必要なケースは?検認手続きの流れや期限、注意点を解説

親族が亡くなった際の遺言書が自筆証書遺言だった場合、家庭裁判所による検認という手続きを経なければなりません。 ここでは検認について、どのようなケースで必要なのか、手続きを行なわなければどういった問題が生じるのかを見た上で、手続きの流れや必要書類、費用など、必要な情報を詳しく解説します。 遺言書の...

ファミリーオフィスとは? 日本で注目を集める相続対策としての活用

「ファミリーオフィス」は日本での認知度が低い組織形態ですが、富裕層の一族が保有する資産を運用・保全し、一族の永続的な繁栄を目的として運営されています。この記事では、「ファミリーオフィス」の概要を説明し、注目されている理由、設立方法、日本の富裕層に適したサービスなどについて解説していきます。 ファ...

相続時精算課税制度とは? 制度の内容やメリットをわかりやすく解説

生前にできる相続税対策の1つとして相続時精算課税制度があり、上手に活用することで相続税を大幅に減額できる可能性があります。そこで、相続時に相続時精算課税制度の利用を検討している方、相続税対策を考えている方向けに、制度の具体的な内容や利用する際の注意点、メリット・デメリットについて解説していきます。...

遺言書の作成費用の相場は?自筆証書遺言と公正証書遺言を分けて解説

遺言書を作成しようと考えたとき、費用がどのぐらいかかるのかを事前に知りたいと思う方もおられることでしょう。遺言書には、大きく分けて「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」があります。 本記事では、それぞれの違いを明確にしつつ、作成するために発生する費用について内訳ごとに解説します。 遺言書 作成費用の...

遺贈でかかる相続税は高い?遺贈の場合の計算方法や相続との違いを解説

「相続」と似た概念に「遺贈」という制度があります。これらを同じものだと誤解している人がいますが、実は明確に違う制度です。相続では許されることが遺贈ではできなかったり、逆に遺贈では許されているのに相続では許されていなかったりすることもあります。少し難しいですが、しっかり学んでいざという時に困らない...

定期借地権付きマンションとは?所有権付きとの違いや特徴、メリットを解説

マンションを購入したり、両親から相続したりした際、その物件が「定期借地権付きマンション」だったという経験がある方もいると思います。通常のマンションとは異なる特徴をもつ定期借地権付きマンションは、所有をはじめ、特に売買をする際には知っておいたほうがよい点が多々あります。 この記事では、定期借地権付...

市街化区域とは?基本の知識と市街化調整区域との違いも解説

土地を相続する際、市街化区域なのか否かによって評価額や税金の有無などが変わってきます。 ここでは市街化区域の概要やメリット、市街化調整区域との違いについて解説します。 市街化区域とは? そもそも、「市街化区域」とはどのような場所を指すのでしょうか。市街化区域は、おおむね10年以内に市街化を優先的に...

雑種地評価の方法とは?ケース別に詳しく解説

雑種地とは特定の用途が定まっていない土地のことです。相続時の土地の評価には非常に難しい判断と計算が必要になります。現況の土地の使われ方によって相続税評価額が変わってくるため、この記事ではケースごとに分けて詳しく見ていきます。 雑種地とは 「雑種地」とは、田畑や宅地など、定められた地目のいずれにも...

複利年金現価率とは?定期借地権の例から分かりやすく解説

「複利」とは、利子にも利子がつくことですが、複利年金現価率は現金などを複利で一定期間運用していった場合、最終的な総額の現在価値を求めるための係数です。 投資の世界などでは利益の計算にたまに使われる係数ですが、相続の計算ではたびたび登場します。たとえば、もし被相続人(亡くなった人)が誰かに土地を貸...

遺言執行者とは?誰がなれるのか、任務の内容や選任が必要なケースを解説

遺言執行者は「いごんしっこうしゃ」と読み、遺言を実行する人のことです。未成年者と破産者以外の誰でもなることができ、遺言者の代理人として働きます。必ずしも選任する必要はありませんが、「相続人廃除」や「認知」についての記載がある場合には、遺言執行者が必要です。ここでは遺言執行者について詳しく解説をし...

成年後見人の登記事項証明書の取得方法は?オンライン申請についても解説

成年後見人等が法定後見や任意後見契約の登記をしていると、その登記事項の証明書を法務局に請求できます。この証明書を「成年後見登記事項証明書」といいます。登記事項証明書は各法務局の窓口で請求するほか、郵送やオンラインでの請求も可能です。また、請求を代理人に委任することもできます。取得する際は必要書類...

遺言書の書き方を種類別に押さえよう!自筆証書の注意点も解説

遺言を作成するというと、なんだか縁起でもないものを用意していると感じるかもしれません。これは「遺書」と「遺言」を混同しているから起こる勘違いです。死期が迫った人が自分の死後に残される家族や友人、知人などの親しい人に向けて、自分の気持ちを伝える遺書と違い、遺言は自分の死後に、認知や相続人の廃除、相...

「重畳的債務引受」は負債のある相続で重要!メリット・デメリットを解説

相続財産には、預金や不動産といったプラスの財産だけでなく、借金などマイナスの財産も含まれます。相続財産の一部としてこうした債務を引き受ける時には、「重畳的債務引受」や「免責的債務引受」という方法を使う場合もあります。聞きなじみがなく、よくわからないという人も多いでしょう。 そこで今回は、重畳的債...

雑種地を相続する場合の評価方法や基礎知識・注意点を解説

「雑種地」とは特定の用途が定まっていない土地のこと。雑種地を相続するとなると、どのように評価すればいいのでしょうか。また、宅地との違いはどこにあるのでしょう。今回は、「雑種地」の評価方法や注意点について、相続に焦点を当てて解説していきます。 雑種地とは? 土地の地目(利用用途)は不動産登記規則99...

借地権とは?借地権の種別と注意点について解説

借地権とは、建物を建てるために地代を払って他人から土地を借りる権利のことです。一般的には家を購入しようとすると土地も購入することになりますが、販売されている家のなかには借地権付きという説明がされている場合があります。これは、建物は自分のものになるものの、土地自体は地主から借りているという形式の契...

遺言信託は相続トラブル防止に効果的?メリット・デメリットも

遺言信託は、遺言書の保管から執行までを専門家が引き受けるものです。各信託銀行が専門的な知識によって「遺言信託サービス」を提供しており、相続のトラブルに効果的といわれています。 ここでは遺言信託の概要や利用した場合の流れ、メリット・デメリットなどをご紹介します。 遺言信託とは「信託銀行による遺言...

旗竿地ってどんな土地?相続税の評価額・節税対策との関係性についても解説します

旗竿地とは「はたざおち」と読み、下の図のように道路と接する間口部分から伸びる路地状の土地と、その路地を抜けた先にもある程度の広さの敷地がある土地のことです。見た目がまるで竿に取り付けた旗のような形になっていることから、このように呼びます。 旗竿地の相続や遺贈または贈与を受けたときや検討し...

民事信託とは?民事信託を行う方法と5つのメリットも徹底解説!

超高齢化社会に突入した日本では、認知症の問題も深刻化しています。成年後見制度という高齢化社会、認知症リスクに備える制度もありますが、自由度が低く、制度利用者からは不満の声も聴きます。 そこでがぜん注目をあびているのが民事信託です。どんなメリット・デメリットがあるのか、どんなケースで利用したらよい...

住宅購入の生前贈与で税金の負担を減らすには?条件とポイントを解説

マイホームを購入する際に、両親や祖父母から資金を援助してもらうという人は少なくないはずです。財産を無償で渡すことを「贈与」といいますが、マイホーム資金の援助も、それに当てはまります。したがって贈与税の課税対象となるのです。 贈与税には年110万円までの非課税枠が設定されています。この額を超えた贈与に...

遺言執行者の報酬相場はいくら?報酬額が決まる仕組みを解説!

遺言の内容を遺言者の思ったように実現してくれるのが、遺言執行者です。遺言執行者として相続人に依頼する選択はもちろんあると思いますが、一般の方では心配ということであれば弁護士や税理士、司法書士、信託銀行など専門家に頼む方法も考えられます。 とはいえ、遺言執行者の報酬相場は決まった額があるわけではな...

生前贈与で節税対策は可能? 相続税と贈与税の比較と特例を解説

自分がまだ生きている間に子どもや孫など次の世代に財産の一部をゆずり、将来の相続税の負担を減らすことを「生前贈与」といいます。相続税の節税対策の一種ではあるものの、贈与には「贈与税」が課せられることがあります。贈与とは個人から個人へ無償で財産を渡すことをいいますが、その額によっては課税されてしまう...

家族信託を徹底解説!メリット・デメリットやトラブル例も紹介

高齢化が進む現代、認知症などの発症リスクもあり、相続の問題はもとより、老後の財産の管理の問題も深刻となってきました。 財産管理に関わる制度はいろいろありますが、費用の面でもハードルが低いのが「家族信託」です。比較的新しい制度ですが、注目の制度なので耳にしたことがあるのではないでしょうか。ただし、...

実子と養子はどう違う?相続における実子と養子の権利について解説

家族の形態や在りようはさまざま。いろいろな事情で、兄弟姉妹でも実子と養子と違うタイプの子どもたちがいることもあるでしょう。血のつながりがあってもなくても、分け隔てなく幸せに育てられているケースも多くあります。 しかし、問題は親が亡くなった時です。相続における実子と養子の法的な権利は異なるのでしょ...

相続税は養子縁組で安くなる?落とし穴についても解説

「養子縁組で相続税が安くなる」、「相続税対策として養子縁組をする」という話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。実際に安くなるのか、そして安くなるとしたら具体的にはどういう仕組みなのか、疑問に思っている方も多いと思います。 養子縁組と相続税節税についてのメリット・デメリットについて徹底...

遺贈寄付とは?3つの種類やメリットを徹底解説!

自分の死後に財産を受け継ぐ人たちの相続税負担については、できれば少なくしたいものです。そんな時、「遺贈寄付」や「贈与」を活用してみるという方法があります。 相続や遺贈によって課せられる相続税を、非課税にしたり、減らすことができる可能性があります。 この記事では、遺贈寄付や贈与の種類、それぞれどん...

自筆証書遺言とは?書き方や無効とならないための要件を5つのステップで解説

遺言書には、「自筆証書遺言」「秘密証書遺言」「公正証書遺言」の3種類があり、それぞれ作成方法や保存方法が異なります。 そのなかで一番シンプルなものが、自分で手書きをして作成する「自筆証書遺言」です。費用もかかりませんし、自分一人で作成できます。ただし、正しい書式で書かないと無効になるので、自分が望...

公正証書遺言とは?メリット・デメリットと作成方法を徹底解説

遺言書は法律に則って正しく作成しないと無効となり、自分が亡くなった時に執行されないということが起こりえます。また、法的に有効な遺言書をつくったとしても、原本をなくしてしまっては遺言は執行されません。 そういった不測の事態を防ぐためにおすすめなのが、「公正証書遺言」です。 この記事では「公正証書遺...

「遺贈(いぞう)」とは?相続との違い、手続きや放棄の仕方を解説

「遺贈」とは、故人の残した遺言に則って、その遺産の一部、あるいはすべてをゆずることを指します。相続との違いは、遺言を残す必要があるということ、そしてゆずる相手は法で定められた相続人でなくてもよいうえに、特定の個人でなくてもよいということです。また、受けとる遺産にかかる税金も大きく異なってきます。 ...

贈与税がかかるのはいくらから? 贈与税の計算方法や非課税になる特例を紹介!

親から子へ、祖父母から孫へと生前に財産を少しずつでも渡すことは珍しくありません。血縁関係のあるなしにかかわらず、個人が個人へと無償で財産を与えることを「贈与」といいます。そしてその贈与額によっては、受けとった側が「贈与税」を支払わなければならなくなります。 となると、気になってくるのは「いくらも...

贈与税の早見表|特例についても解説

一方が自分の保有している財産を無償で相手方に与え、それが相手方に受諾されることを「贈与」といいます。その贈与額が一定の限度を超えた場合、その部分に対してかかってくるのが「贈与税」です。 国税庁では「個人から財産をもらった時にかかる税金」として位置づけており、それはたとえ親子間や夫婦間であっても課...

不動産の贈与税|計算方法や節税対策も解説

無償で財産を渡すことを「贈与」といいます。この場合、財産を渡す人のことを「贈与者」、受けとる人のことを「受贈者」と呼びます。贈与は親から子へ、祖父母から孫へ、配偶者から配偶者へと行われるのが一般的で、さらにその財産も現金であるケースが多いといえるでしょう。もちろん現金以外の財産も贈与することがで...

贈与税の申告方法を5つのステップで分かりやすく解説!申告漏れによるペナルティにも注意

「贈与」とは、一方が自分の保有している財産を無償で相手方に与え、それが相手方に受諾されることをいいます。この贈与が行われた時には「贈与税」を支払わなければならないケースがあります。贈与が行われるのは多くが親子間ですが、たとえ親子であっても、課税の対象となってくるのです。 ただ、ここで注意が必要な...

贈与税の計算方法を3つのステップで解説!贈与税が非課税となる8つの方法も紹介

個人から個人へと一方が自分の保有している財産を無償で相手方に与え、それが相手方に受諾されることを「贈与」といいます。両親から子へ、あるいは祖父母から孫へと財産を与えることも贈与となり、その額によっては「贈与税」を支払わなければならないケースも生じてきます。贈与税は自己申告なので、もし支払う義務が...

贈与税の無申告は税務署にバレる?|バレた場合のペナルティも解説

財産が無償で渡された場合、それを「贈与」といいます。この贈与が個人間で行われた時には「贈与税」を支払わなければならない可能性も生じてきます。たとえ親子間であっても、課税の対象となってくるのです。 ただ、ここで注意が必要なのは、贈与税を払わなければならないことを判断するのは、まずは自分自身であると...

【2022年改正】住宅購入資金に対する贈与税は最大1,500万円※が非課税に!要件や注意点も解説

※令和4年度税制改正により、2022年以降も特例が延長され、住宅購入資金の非課税枠は最大1,000万円に変更となることが決定されました。詳しくは【2022年最新情報】をご覧ください。(更新日:2022年1月12日)   財産が無償で渡された場合、それを「贈与」といいます。たとえば、お子さんがマイホームを購入するの...

贈与税に時効はある?申告期限や申告漏れのペナルティなどについて解説!

無償で財産が渡されることを「贈与」といいます。原則として、個人から個人への贈与額が年110万円を超えた場合は「贈与税」の支払い義務が生じることになります。その義務を負うのは財産を受け取った側の人で「受贈者」と呼びます。なお、贈与をする側の人は「贈与者」です。 もし受贈者が贈与税の支払い義務があるこ...

贈与税がかからない方法とは?贈与税が非課税になるケース8選をご紹介!

財産を無償で渡すことを「贈与」といいます。これは親から子へ、あるいは祖父母から孫へ、夫から妻へ(あるいはその逆)といった場合にも当てはまります。そして、その個人間の贈与の額によっては「贈与税」を支払わなければならないケースも生じてきます。 親子間や夫婦間の贈与の1つの目的として、相続税の負担を減ら...

贈与税の申告期限はいつ? 申告期限を過ぎた場合のペナルティについても解説!

一方が自分の保有している財産(現金や不動産、有価証券、美術品など)を無償で相手方に与え、それが相手方に受諾されることを「贈与」といいます。個人から個人への贈与があった場合、原則として贈与財産の総額が年間110万円を超えると「贈与税」を支払わなければなりません。財産を与える人を「贈与者」、受けとる人を...

贈与税申告書の書き方|贈与税を自分で申告する方法

一方が自分の保有している財産を無償で相手方に与え、それが相手方に受諾されることを「贈与」といいます。個人から個人への贈与が発生した場合、原則として年間110万円を超えると「贈与税」がかかってきます。この場合の「個人」とは他人のことだけではなく、親や祖父母、配偶者、子、孫なども含まれます。贈与税を支払...

贈与税が非課税となる夫婦間の住宅贈与の特例とは|相続が起きた際の取り扱いも解説

「贈与」は、それがたとえ夫婦間や親子間のように家族の間で行われるものであっても該当します。そして、一定の額を超える贈与があった場合は、財産を受けとった人が「贈与税」を支払わなければなりません。 贈与税の対象となる財産は現金に限らず、不動産や有価証券、貴金属なども含まれます。 今回の記事ではその...

贈与税の配偶者控除とは|居住用不動産の非課税贈与特例について解説

無償で財産が渡されることを「贈与」といいます。原則として、個人が受け取った1年間の贈与総額が110万円を超えた場合にかかってくるのが「贈与税」です。 この贈与税は、たとえ親子や夫婦の間で行われた贈与であっても支払い義務が生じます。そのため、贈与を行う場合はその仕組みをしっかりと把握しておかないと、思...

贈与税の基礎控除はいくら?|暦年贈与と相続時精算課税

国税庁では「個人から財産をもらった時にかかる税金」として、「贈与税」を設定しています。ここでいう「贈与」とは、個人から個人へと財産を無償で渡すことをいいますが、その贈与額が一定の範囲を超えると税金の支払い義務が生じるというわけです。 その一定の範囲のことを「基礎控除」といいます。この基礎控除の額...

110万円までの暦年贈与なら贈与税はかからない?基礎控除額の考え方について解説

自分がまだ生きている間に、子どもや孫など次の世代に財産の一部をゆずることを「生前贈与」といいます。個人から個人へと無償で財産を渡すことで、その額によっては「贈与税」がかかってくることがあります。 贈与税に関心のある方は、「110万円までの贈与には税金がかからない」ということを聞いたこともあるかと思い...

教育資金贈与とは|教育資金を贈与した場合の贈与税について解説

文部科学省などの調べによると、幼稚園入園から大学卒業までにかかる教育費の総額は約1,000万円(すべて公立の場合)から約2,500万円(すべて私立の場合)となっています。もちろんこれは子ども一人あたりにかかる費用で、人数が増えるとさらに負担が増すことになります。 そうした教育費の負担を少しでも減らしてあげ...

【最新版】孫への生前贈与で気をつけることは?|非課税で贈与できる特例も解説

「孫は目のなかに入れても痛くないほどかわいい」とはよく聞く言葉です。祖父母である方にとって、お孫さんはかけがえのない存在。幸せに暮らせるようにと資金面でさまざまなサポートをしてあげたくなるのも自然のことといえるでしょう。そうしたサポートの意味も込めて、孫に財産を分け与えた場合、税金はかかってくる...

贈与税のかしこい節税対策|贈与税の制度や特例を解説

国税庁では贈与税のことを「個人から財産をもらった時にかかる税金」として位置づけており、たとえ親子間や夫婦間であっても例外なく課税されることになっています。その贈与税は、すべての贈与に課税されるのではなく、税負担が軽くなる制度や特例もさまざまに設けられています。贈与を行う際には、そうした仕組みに対...

生前贈与の非課税はいくらまで?|名義預金についても解説

相続税の節税対策の一種として、「生前贈与」があります。自分がまだ生きている間に子どもや孫など次の世代に財産の一部をゆずることで相続税がかかる財産を減らし、税負担の軽減につなげるという方法です。 一方が自分の保有している財産を無償で相手方に与え、それが相手方に受諾されることを「贈与」といい、個人か...

贈与税の納税義務者は誰? 海外居住での財産取得についても解説

財産を無償で渡すことを「贈与」といい、原則として1年間の贈与額が110万円を超えた場合は「贈与税」が課せられます。財産を渡す人のことを「贈与者」、受けとる人のことを「受贈者」と呼びますが、贈与税の支払い義務があるのは受贈者のほうです。 贈与税の納税義務者である受贈者は、税務署に申告を行う必要がありま...

贈与税が非課税になる条件は? 住宅を相続する場合や110万円の控除枠についても解説

相続税の節税対策として行うものの一つに「生前贈与」があります。自分がまだ生きている間に配偶者や子ども、孫に財産の一部をゆずることで相続財産を減らし、将来的に相続税の負担を軽くするという方法です。 ただし、贈与には「贈与税」がかかってくることがあります。贈与とは個人から個人へ無償で財産を渡すことを...

贈与税は夫婦間の財産のやりとりにもかかる?|非課税・課税の判断も解説

一緒に暮らす夫婦の間では、日常的にお金のやりとりが行われています。生活費や教育費など日々の暮らしに必要不可欠なお金の受け渡しは、まさに日常茶飯事であり自然なことです。そのため夫婦間のお金のやりとりには「贈与税」がかかることはないと考えている人も少なくないでしょう。 贈与とは、個人から個人へと自分...

贈与税は親子間でもかかる?課税あり・なしをケース別に解説

親には子どもを養育する義務があります。我が子の成長を支え、日々の生活の面倒を見ることは当然のこととされています。そのことから、親から子に財産を渡すことも不自然なことではなく、それに対して税金がかかるはずはないと考えている方も多いようです。 しかし個人から個人へと無償で財産を渡す「贈与」という行為...

成年後見制度と成年後見人とは?基礎知識と相続時の役割、制度利用開始までの流れも解説

「成年後見制度」とは、認知症などの理由により判断能力が充分ではない人の財産管理などを支援する制度です。支援は「成年後見人」と呼ばれる人が行います。制度の基礎知識や相続の際の役割、利用開始までの手順を見ていきましょう。 成年後見制度とは? 高齢になると認知症などにより判断能力が低下し、財産の管理や...

生前贈与の手続きに必要? 贈与契約書作成の流れや生前贈与の注意点を解説!

個人から個人へと自分の財産を無償で相手に与えることを「贈与」といいます。財産を与える人は「贈与者」、受け取る人は「受贈者」と呼ばれます。たとえば、親が子に財産をあげた場合は親が贈与者で子が受贈者となるわけです。 年110万円までの贈与は贈与税がかからないので長期的な観点でいえば相続税対策となり、この...

遺言とは?遺言の効力や遺言の基礎知識を解説

「遺言」とは被相続人の最終的な意思を示すもので、相続や相続税対策を考えるときにあったほうがよいものです。遺言を残そうと思っている人はどうすればよいのか、相続人になり遺言書を見つけたらどうすればよいのか、将来の被相続人と相続人の双方にとって必要な基礎知識を確認しておきましょう。 遺言とは? 「遺言...

生前贈与とは?メリット・デメリットと税金について解説

相続対策の1つとして、生前贈与を検討する人が増えています。生前贈与には相続税を軽減するだけではなく、さまざまなメリットがありますが、具体的にどのような方法があるかを知っておくことが重要です。事前に生前贈与を利用する際の注意点を確認しておきましょう。 生前贈与とは? 生前贈与とは、個人が自分の意志で...

贈与税とは?その仕組みや課税対象、計算の仕方を解説

自分の保有している財産を無償で他の人にあげることを“贈与”といい、一定額以上の贈与を受けた人には贈与税が課されます。それを知らずに贈与を受けると、贈与税の申告漏れが起こるかもしれません。贈与税の仕組みや簡単な計算方法などを確認しておきましょう。 贈与に税金がかかるのはどんな場合? 人にモノをあげた...

相続税の2割加算とは|対象者・計算方法を解説

相続税には、相続人によって納税金額が2割加算されるという制度があります。相続税は現金での一括納付が原則ですので、2割増しとなると、さらに多くの現金を用意しなければなりません。さらにその2割加算を知らずに申告してしまったとすれば、加算税・延滞税などのペナルティが課される場合もあります。まずは2割加算と...

相続税・自社株対策とは

1.自社株の株価対策の必要性は? 自社株は高額な評価額になり売却できないからです。 自社株対策を怠ると自社株に対して多額の相続税がかかってきてしまうからです。 オーナー社長が死亡すると、自社株が相続財産になります。自社株は取引相場のない株式として評価され、資産のある会社や業績のいい会社の株式は...

不動産の名義と贈与税・相続税の節税対策

建物の名義人を誰にするかについてきまりがありますか? 建物の名義をだれにするかによって、将来それにかかわる税金に大きく影響します。かといって、建物の名義を自分の都合だけでは決められません。その建物取得のため誰がいくら負担したかによって決まります。 正しい不動産名義人の決め方 アパートマンション取...

固定資産税を軽減する(安くする)ポイント、駐車場付きのアパート・マンションにかかる固定資産税は住宅用地の特例措置で軽減できます

固定資産税が軽減される場合があると聞きましたが いくつかのポイントがありますが、その代表的なものとして住宅用地の特例措置があります。 固定資産税とは 固定資産税は土地と家屋にかかる税金ですが、その要点は、次のようなものです。 (1) 固定資産税は「課税標準(固定資産の価格等)×1.4/100」を課税され...

相続税対策とは

相続税対策とは、節税(財産評価)対策・もめない(分割)対策・財源(納税)対策の3つです。 1.相続税節税の考え方は2通り 相続税の節税の考え方は、大きく分けると2通りになります。1つは「贈与」、もう1つは「財産評価を下げる方法」です。 110万円を超えて贈与をすると贈与税がかかります。 しかし、贈...

譲渡所得税(不動産・株式などの売却所得にかかる所得税・住民税)の計算方法

譲渡所得の種類と基本的な課税方法について教えて下さい 個人が自分の所有している資産を売却することによって得た所得のことを譲渡所得といいます。譲渡所得には、資産の種類や所有期間等によって、次のような様々な課税が行われます。 資産の種類 区分 課税方法 税率(所得税+住民税) 土地(所有権・...

小規模企業共済のメリットは?事業主のための退職金制度や所得税・住民税の節税や相続税対策もできます

小規模企業共済は、国が全額出資している中小企業基盤整備機構が運営している制度で、個人事業主や小規模企業等の会社役員が廃業・退職した際に共済金等が支払われる、いわば「事業主のための退職金制度」と呼べるものです。 主な特徴 掛金の全額が所得税の所得控除の対象となります。 共済金は退職所得又は公的年...

不動産管理会社の活用方法

アパート・マンション経営をしていて税金の負担が大きい時に、何か良い対処法はありますか? 不動産管理会社をつくる方法があります。 不動産管理会社とは アパート・マンションを営んでいる方から「会社をつくると所得税・住民税が安くなると聞いたけれど、本当だろうか?」という質問を受けることが多くあります。 ...

アパートを建てると相続税の節税になるとは?土地の評価額・建物の評価額が低くなるので相続税対策に使えます

アパートを建てると節税になるとは? 自己資金又は借金をしてアパートを建てれば、相続の際に土地の評価額も低くなり建物の価額も自用家屋より低くなるので基本的には相続税は安くなります。 3つのメリット 1.土地の評価が更地に比べて低くなります。 地域によりますが、更地の約8割の評価になります。貸家建...

相続税・贈与税の節税対策とは?生前贈与で相続税を軽減する方法や申告・税務調査のポイントを解説

相続税の節税対策で生前贈与をする場合の贈与税の節税について教えてください。 相続税対策のうち、相続税を少なくする節税対策があります。相続財産を生前に贈与することで相続税を少なくすることが出来ます。そこで、生前贈与をする際の贈与税の節税の基本や相続税の税務調査対策のポイントをおさえておきましょう。 ...

贈与税の配偶者控除とは?夫婦間の居住要不動産のための資金は2,000万まで控除される特例があります

贈与税の配偶者控除について教えて下さい 贈与税の配偶者控除とは、配偶者が居住用不動産の購入またはその建築資金を贈与されたときに、贈与された金額から2,000万円まで控除することができるという制度です。 前述の基礎控除とあわせると年間2,110万円まで、贈与税がかからないことになります。 (ただし、不動産取...

相続における遺言・遺言書の基礎知識 法定相続分より優先される遺言書の種類と変更・撤回について解説

1.相続に関すること (1)民法の法定相続分と異なる相続分の指定 たとえば、長男には全体の2分の1を、次男と三男には4分の1ずつを相続するなど、柔軟に決めることができます。 (2)具体的な遺産の分割方法の指定 Aの土地は長男へ、Bの土地は次男へというふうに、具体的な遺産の分け方を決めることが...

失敗しない遺言・遺言書を残す方法

失敗しない遺言・遺言書のポイント 1.すべての財産をもれなく記載する 遺言書を書くときの大前提は、すべての財産をもれなく記載することです。 実際に、不動産についてしか記載されていないため、預貯金について分割協議をしなければいけなくなるケースもよくあります。相続財産には普段あまり意識しないものも含...

相続税と贈与税の損得分岐点は?税率・控除の違いやどちらが得かを解説

相続税と贈与税の損得分岐点の考え方を教えて下さい。 相続税の税率よりも低い税率で贈与をすれば、相続税の節税になります。下の図で相続税と贈与税の税率をご確認下さい。 贈与税は、相続税に比べ基礎控除額が低く、さらに税率が高くなっています。これは、相続税の課税逃れのために生前に贈与されないようにするた...

【早見表あり】贈与税の課税対象と税額計算方法について解説

贈与税のしくみについて教えて下さい 贈与とは、当事者の一方が、自己の財産を無償で相手方に「あげます」と意思表示し、相手方が「もらいます」と受諾することによって成立します。 ただし、税法上はたとえ売買の形をとっていても、土地を時価より著しく低い価額で買った場合、時価と売買価額との差額部分が贈与と...