相続の知識(相続税)

相続税

土地評価の倍率方式とは?該当する地域や計算方法をわかりやすく解説

相続対象となる遺産の中に土地が含まれるケースは多々ありますが、土地は現金と異なり現在いくらの価値を持っているのかが一目ではわかりません。そこで土地が相続の観点でいくらの価値をもつのかという算出方法が重要になります。この記事では、土地の相続税評価額を算出する方法のうち、主に倍率方式に焦点を当てて解...

配当還元方式とは?定義や計算方法、非上場株式の評価方法も解説

遺産の中には、現金のほかに不動産や株式が含まれるケースが多くあります。その中には、上場企業の株式以外に、非上場企業の株式が遺産として相続される場合もあります。この記事では、そのような非上場株式が遺産として相続の対象となったときに、どのようにしてその価値を測るのかについて解説します。 配当還元方式...

株の相続税評価額はいくら?上場・非上場それぞれの計算方法を解説

相続が発生したら、相続人同士で誰がどの遺産を相続するか話し合います。遺産の種類として、不動産や預金のほか、株式を相続する場合もあるでしょう。 相続財産のなかに株式がある場合、相続税の計算はどのようにすればよいのでしょうか。上場株式と非上場株式の違いや、株式を相続した際の注意点について解説します。 ...

相続税で使える主な特例・控除とは?一覧でまとめて解説

この記事では相続税の特例や控除制度についてご説明します。相続税には、一般的に知られている基礎控除の他にも小規模宅地等の特例などさまざまな制度があり、税負担を軽くできる場合があります。ご自身のケースでどの制度を利用できるのか、この記事を参考にしてみてください。 相続税で利用できる主な控除6つ 相続...

同居で相続税が軽減される!小規模宅地等の特例が使える同居要件とは

相続が始まって、遺産として引き継いだ土地の評価額が高額になると、それに応じた多額の相続税を納税しなければいけません。相続人が故人と同居していた場合、土地の評価額を大きく減額できる特例制度があります。 今回は、故人と同居していた際に利用できる「小規模宅地等の特例」について、適用されるのはどのような...

「相続税のお尋ね」は無視してもいい?書き方と対応方法を徹底解説!

相続が開始してしばらく経つと「相続税についてのお知らせ」または「相続税の申告等についてのご案内」という文書が税務署から届くことがあります。これらの「相続税のお尋ね」は、相続税の申告が必要になる見込みの高い相続人に送付されるものです。 本記事では、相続税に関する「お尋ね」が送られてくる理由、適切な...

【相続税】住宅ローン・アパートローンは債務控除できる?ケース別の考え方

住宅ローンやアパートローンが残る不動産を相続した場合、残債の返済義務が免除されないのかはとても気になる点でしょう。今回は残債のある不動産を受け継いだ場合の相続税に関し、5つのケースをご紹介します。ご自身のケースに合わせてぜひ情報を活用してください。 ローン完済前の不動産を相続!相続税はどうなる?...

相続税の申告は電子申告(e-Tax)で!メリットや手順を解説

相続税の申告のため税務署に行きたくても、平日仕事をしていて時間が取れないという人も多いでしょう。税務署に行かなくても、インターネットから相続税の申告が可能になりました。 今回は、e-Taxを使って相続税の申告を行う方法について解説します。メリット、デメリットや注意点についてもご紹介します。 相続税の申...

相続税の納付書は自分で用意が必要!どこでもらうのか、書き方や納付方法を解説

相続税を支払うことになったら、納付書を入手する必要がありますが、どこでもらえるのでしょうか。 本記事では、相続税の納付書のもらい方と、正しい記入の仕方、納税の方法について解説します。この記事を読めば、相続税の納付の流れが分かり、納税までスムーズに行えるようになります。 相続税の納付書は自分で入手...

相続登記の申請書の書き方は?記載例や綴じ方まで解説

この記事では、不動産を相続する際に発生する相続登記について、登記申請書の書き方や必要書類を解説します。2024年4月1日より改正法が施行され、相続登記は義務化されます。仮に相続登記を行わなかった場合は過料が科されるようになります。この記事を参考にして、適切に申請手続きを行いましょう。 相続登記とは「相...

相続税の納税義務者に該当するかチェック!納税義務の対象者や種類をわかりやすく解説

亡くなった人の財産を相続した際に発生するのが相続税です。相続税を納税する義務がある人のことを相続税の納税義務者といいます。納税義務者となるかどうかは、さまざまな条件をもとにして定められています。 この記事では、どのようなケースで相続税の納税義務者に該当するかを詳しく解説します。 相続税の納税義務...

相続税は無申告だとどうなる?ばれる仕組みやペナルティについて解説

この記事では、相続税が無申告だった場合に発生するペナルティの内容や申告が必要となる基準について解説します。 相続税を無申告のまま放置していると、税務調査によっていずれ発覚してしまいます。多額の加算税や延滞税を課される場合があるため、この記事で紹介する情報をもとに適切に納税しましょう。 相続税...

マンションの相続税はいくら必要?評価額の計算方法や節税のコツを紹介

配偶者や親が所有していたマンションを相続することになった、または今後相続する予定の人は多くいらっしゃるでしょう。今回は、マンションを相続する際にかかる税金について、計算方法や必要な手続きをご紹介します。節税に効果的な控除についても解説しますので、マンション相続について理解を深め、相続手続きをスム...

海外在住者の相続税はどうなる?国際相続の課税ルールと節税のポイント

相続が発生した際、相続させる側や相続を受ける側が海外在住者であったら、日本で相続税は課税されるのでしょうか。今回は海外在住者の相続税負担があるのかどうかをケースに沿って解説します。また今後、海外資産を持つことや海外移住で相続税の節税をしたいと考えている人に向けて諸外国の相続税の状況なども解説しま...

相続税は誰が払う?対象となる人や基礎控除額なども解説

相続税は、相続が発生した場合にかかる税金です。では一体、この相続税は誰が支払う対象なのでしょうか。また、相続税の負担が大きい場合、遺産の中から支払うことは可能なのでしょうか。相続税には支払期限があるため、税金の滞納をしないためにも本記事で相続税の支払いについて基本を押さえていきましょう。 相続税...

相続税の寄付金控除とは?相続財産を寄付するメリットと手続きの流れ

相続税の負担を抑えるために、寄付金控除を利用する方が増えているようです。本記事では、相続税における寄付金控除の概要や適用条件、手続きの流れを解説します。寄付金控除を活用する際に押さえておきたい注意点や、具体的な計算例も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。 相続税を減額できる「寄付金控除」と...

「財産評価基本通達」とは?相続税申告における財産評価の基礎知識

親族が亡くなると、相続税の申告手続きが必要かどうかを判断しなければなりません。相続税の計算を行う際に、評価の基準となるのが「財産評価基本通達」です。専門的な用語なので、「少し取っ付きにくいな」と感じられる方が多いと思います。 この記事では、自分で相続税申告の手続きを行う際に、身に付けておきたい財...

相続税の債務控除とは|条件や対象者についても解説

遺産相続と聞くと、「プラス」の遺産と思いがちですが、実は借金などの負債も相続に入る場合があります。こうした債務を相続財産から差し引き、相続税の控除の対象にすることはできるのでしょうか。本記事では、相続税の債務控除について、債務控除が使える人・使えない人といった情報から、どんな債務が控除対象になる...

寄付金控除とふるさと納税の違いとは?相続税の節税との関係も解説

2011年の税制改正により、納税者にとって寄付は大きなメリットが得られるものになりました。近年では節税につながるとしてふるさと納税に注目が集まっていますが、じつはその仕組みを利用して相続税も節税することができます。この記事では、ふるさと納税と寄付金控除の違いから、相続税をからめた節税方法まで、説明し...

みなし譲渡とは?所得税・消費税が課税されるケースと遺贈時の注意点

税金の計算の中でも「みなし譲渡」と呼ばれるケースは、譲渡する相手などによってみなし譲渡と判定される条件や計算方法も違い、納付すべき税金も所得税か消費税か分かれるため、非常に分かり難いと思われます。 そこで今回はみなし譲渡と判定されるケースについてそれぞれ紹介し、実際の計算方法についても解説してい...

家なき子特例とは | 非同居でも使える相続税対策の要件と改正のポイント

相続税の節税が可能な「小規模宅地等の特例」は、同居している親族のみが使えると思われがちですが、要件を満たすことで同居していない親族でも適用できます。 これがいわゆる「家なき子特例」なのですが、制度の内容、満たすべき条件、適用可能なケース、申請の流れまで詳細に確認していきましょう。 小規模宅地の「...

親子共有名義で家を購入、片方が死亡すると相続税はどうなるか

さまざまな事情で、不動産を親子の共同名義で購入するケースがあります。注意点を踏まえれば、メリットもある方法ですが、親が他界した際の相続税など不明な点も多いことでしょう。そこで、不動産を親子の共同名義で購入した方に向けて、贈与や相続税などについて詳しく解説していきます。 親子共有名義の不動産を持つ...

投資信託の相続税評価とは? 評価方法別の計算式や注意点を解説

近年はネット取引などで資産運用が身近になったこともあり、個人でも投資信託などの投資を扱う方が増えています。そうした金融資産について、遺産分割の際にどのように扱うべきかお悩みの方は多いと思われます。そこで、相続税法においての投資信託の評価額の算定方法と、実際に相続を行う際に注意したい点について解説...

納税猶予の特例で農地などの相続税が免除される?

亡くなった方(被相続人という)が生前に築いた財産を、その方の配偶者や子どもなどの親族が受け継ぐことを「相続」といいます。そして、その財産が一定の額を超えた場合、原則として「相続税」が課せられることになります。 その財産のなかには先祖代々受け継がれてきた土地が含まれている場合もあります。たとえば「...

相続税の早見表で概算を知ろう!計算方法についても解説

相続税は、「法定相続人の数」や「法定相続人と被相続人との関係」によって異なってくるため、一目で目安がわかる早見表は便利な存在といっていいでしょう。たとえば配偶者と子どもで相続をする場合や、子どもだけで相続する場合などに「相続税がいくらになるか」を簡単に把握することができるのです。 この記事では相...

子どもにかかる相続税の計算方法と税負担を軽くする方法を解説

亡くなった方(被相続人という)の財産を配偶者や子どもなどの親族が受け継ぐことを、「相続」といいます。受け継ぐ財産が多額であれば「相続税」の支払い義務が生じる可能性も出てきます。民法によって相続の権利が認められていることを「法定相続人」と呼びますが、この法定相続人には第一から第三まで順位が決められ...

相続税の税務調査を回避・対処する方法|時期・対象者・ペナルティも解説

大切な家族の方が亡くなった時、相続が発生します。亡くなった方(被相続人という)の遺した財産によっては相続税の支払い義務が生じます。 その相続税ですが、もしも支払わなかったり、申告に漏れがあったりした場合、税務署の税務調査によって指摘されます。税務署は必ず申告漏れを突き止めます。そして調査が入っ...

相続税を払えない場合の対処法!不動産や株を相続したらどうする?

亡くなった方(被相続人という)が生前に築き上げた財産を、その方の配偶者や子どもなどの親族が受け継ぐことを「相続」といいます。その際、財産の評価額が一定の枠を超えると「相続税」の支払い義務が生じることがあります。 その相続税ですが、高額になることも多く、相続をした人のなかには支払うことが困難なケー...

相続税における「相続対策」と「節税対策」の基本的な考え方

亡くなった方(被相続人という)が生前に築いた財産や債務を、その方の配偶者や子どもなどの親族が受け継ぐことを「相続」といいます。遺された財産の評価額によっては「相続税」の納税義務が生じることもあります。 納税は国民の義務ですから、相続税は払うのが当然なのですが、当事者にとっては「できるだけ税金は少...

土地を相続するときにでてくる「相続税の路線価」とは?計算方法や意味など基本の知識を解説

相続税の計算には財産をすべて金額に直す必要があります。そのときに大きな障害となるのが土地の評価です。土地の評価額の計算には大きく二つの方法がありますが、基本は相続税路線価を使うやり方です。路線価は土地の面する道路(路線)ごとに決まっていて、国税庁のホームページで公開しているので、住所からすぐ調べ...

生命保険には相続税がかかる?非課税枠や実際の計算例を解説!

相続とは、亡くなった方(被相続人という)が生前に築いた財産を、その方の配偶者や子どもなど親族が受け継ぐことをいいますが、場合によっては相続税を支払わなければならないこともあります。その際、少しでも納税額を減らしたいということであれば、生命保険を活用するのも一つの手段となります。 被相続人が亡くな...

相続税の配偶者控除(配偶者の税額軽減)で税額がゼロなら申告不要?基本知識や注意点を解説

遺産相続において財産を遺した人のことを「被相続人」、財産を受け継ぐ人のことを「相続人」と呼びます。民法ではこの相続人を「法定相続人」として規定しているのですが、そのなかで最も優先順位が高いのが「配偶者」です。配偶者が相続人から外れることはありません。これは逆に考えれば、相続税を支払わなければなら...

現金にかかる相続税はどのくらい?計算方法や生前贈与の方法も紹介

亡くなった方が生前にもっていた財産上の権利や義務を、その方の配偶者や子どもなどの親族が受け継ぐことを「相続」といいます。相続においては財産を遺して亡くなった人を「被相続人」、財産を受け継ぐ人のことを「相続人」と呼んでいます。 この相続に関して、相続人が一定の額以上の評価額に達した財産を受け継いだ...

相続税の納付遅れには延滞税がかかる|計算方法・ペナルティも解説

亡くなった方(被相続人という)が遺した財産が一定の額を超えていた場合、その財産を受け継ぐ相続人には相続税の支払い義務が生じます。その相続税ですが、いつまでに払わなければならないのかをご存じでしょうか。 被相続人が亡くなった直後は葬儀などで慌ただしく過ごすため、相続税どころではなくなります。しかし...

小規模宅地等の特例で相続税評価額を最大80%減額!計算方法や申告書も解説

相続が発生した時、その受け継ぐ財産のなかに土地が含まれる例は少なくありません。たとえば亡くなった方(被相続人という)が住んでいた自宅の土地であったり、事業用に使っていた土地であったりとケースはさまざまです。 土地は財産としては高額なものですから、相続税のことを気にする方も多いことでしょう。「土地...

孫に遺産相続できる三つの方法|節税方法も解説

大切な家族の方が亡くなった時、相続が発生します。亡くなった方(被相続人という)が遺した財産の評価額が一定の金額以上であれば相続税の申告・納付義務が生じることもあります。 多くの財産を築いた方が高齢であれば、孫もそれなりの大人になっていることでしょう。大学に通っていたり、出産を控えたりしている孫に...

気になる相続税申告の税理士報酬相場|税理士を選ぶコツも解説

相続税の申告手続きには、専門的な知識を駆使する必要があったり、煩雑な処理を求められることが少なくなかったり、税理士に手続きの依頼をしたいという方も多いことでしょう。 その際に気になるのが税理士へ支払う報酬です。あまりに高額だと申告手続きの依頼に二の足を踏んでしまう方もいるかもしれません。また、信...

相続税の時効は5年?7年? 悪意の相続人についても解説

大切な家族の方が亡くなった時、相続が発生します。亡くなった方(被相続人という)の遺した財産によっては相続税の支払い義務が生じることも考えられます。その相続税ですが、もしも支払わなかった場合は、どのようなことが起きるのでしょうか? じつは相続には「時効」があり、その期間(5年または7年)を過ぎる...

相続税の申告義務の基本知識と申告不要かどうかの調べ方を解説

大切な家族の方が亡くなった時、相続が発生します。相続とは原則として「死者が生前にもっていた財産上の権利や義務を配偶者・子などの親族が包括的に承継すること」です。相続人には親族以外の人がなる場合もありますが、要は亡くなった方(被相続人という)の財産(現金や不動産など)や債務(借金など)を引き継ぐと...

【完全保存版】相続税申告する際の必要書類と添付書類を徹底解説

大切な家族の方が亡くなった時、遺された財産の内容によっては相続税の支払い義務が生じることがあります。その場合、税務署に対して相続税の申告をする必要があるのですが、申告には数多くの書類を用意しなければなりません。この書類をまとめる作業が相続税の申告手続きでは最も大変なことといわれています。 大変な...

相続税の相談先|税理士・弁護士・司法書士の違いや選び方を解説

相続が発生した時、被相続人(亡くなった方)の遺した財産が多額であれば、相続税を支払わなければならない可能性が生じます。その「多額」がどれほどの金額かというと、基本的には最低3,600万円です。これは現金に限定するものではなく、土地や有価証券、貴金属なども含まれます。それらの評価額を合算して3,600万円を...

相続税の障害者控除とは|計算方法・要件を解説

大切な家族の方が亡くなった時、相続が発生します。被相続人(亡くなった方)が遺した財産の評価額が高ければ相続税を支払わなければならないこともあります。その相続税を算出するにあたっては、さまざまな「税額控除」が用意されています。 税額控除とは、相続税などから一定の額を差し引けるもので、その控除額によ...

不動産の相続税はいくらかかる?相続時の注意点とあわせて解説

大切な家族の方が亡くなった時、相続が発生します。亡くなった方(被相続人という)が遺した財産の評価額が一定の金額以上であれば相続税の申告・納付義務が生じることもあります。その財産のなかでもとくに金額的に大きくなりがちなのが「不動産」です。「不動産を相続したら、どれくらいの相続税を払わなければならな...

限定承認とは?手続き方法やメリット・デメリットをわかりやすく解説

大切な家族の方が亡くなった時、相続が発生します。相続というと、土地・建物といった不動産や預金などプラスの財産を思い浮かべる人も多いと思いますが、亡くなった方(被相続人という)の債務(借金など)などのマイナスの財産を引き継ぐこともあります。 相続の方法としての選択肢は「①単純承認」、「②限定承認」、「...

相続税の「申告書」と「明細書」| 書式や書き方について解説

大切な家族の方が亡くなった時、相続が発生します。亡くなった方(被相続人という)の遺した財産を引き継いだ人のうち、一定の金額以上の相続があった場合は相続税の申告・納付義務が生じます。 相続税の申告には申告書と明細書を税務署に提出する必要がありますが、自身で記入する場合は「どんな用紙が必要で、どう書...

相続税や贈与税計算時の基準「相続税評価額」とは?基本知識や考え方を解説

相続が発生した時、亡くなった方(被相続人という)が遺した財産によっては相続税の支払い義務が生じる場合があります。その相続税を算出する元となるのが「相続税評価額」です。 財産と一口にいっても現金や土地、建物、株式などさまざまなものがあります。これらの財産それぞれについて相続税評価額を出し、その合計...

相続税の申告期限と納付期限はいつまで? 相続開始日についても解説

大切な家族の方が亡くなった時、その方が遺した財産の内容によっては相続人に相続税の支払い義務が生じることがあります。もし相続税を支払わなければならない場合は、税務署に申告をして、税金を納付しなければなりません。 その申告と納付に関しては期限がはっきりと定められています。それは「亡くなった方(被相続...

親の家(実家)の相続税はどうなるの?家の評価方法や減額できる特例もご紹介

相続が発生した時、その受け継ぐ財産のなかに不動産が含まれる例は少なくありません。この場合、親御さんの自宅つまりは実家というケースが多いと考えていいでしょう。 いうまでもなく不動産は財産としては高額なものですから、相続税のことが気になる方も多いはずです。「親の実家を相続するのはいいけど、相続税を払...

なぜ相続税は必要? 相続税がかかる三つの理由や無申告がばれる理由を紹介!

大切な家族の方が亡くなった時、その方の遺した財産の額によっては相続税を支払わなければならない場合があります。相続税とは財産を受け継いだ人(相続人)が払う税金のことを指しますが、そもそもなぜこうした税の制度があるのでしょうか? 相続人のなかには「親が懸命に働いて築き上げてきた財産を税金として支払う...

相続税がかかる財産の額とは?相続税の申告が必要なケースについても解説

相続を控える家庭にとって、いざというとき慌てないように、前もって知っておきたいのは相続税のことでしょう。どれくらいの遺産があると相続税がかかるのか、相続税の基本と計算方法を知っておくと安心です。税額がゼロでも申告が必要なケースもあるので、それも含めてしっかり確認しておきましょう。 相続税とは? ...

広大地判定の定義や広大地評価とは?広大地評価の改正による相続税への影響も解説!

相続した土地の評価額が最大で65%減額される「広大地評価」のことをご存じでしょうか? 節税効果の高いこの広大地評価は税制改正によって廃止されたのですが、一定の要件を満たせば令和5(2023)年10月31日まで適用することが可能となっています。 具体的には、平成29(2017)年12月31日までに土地を相続し、相続発生...

【保存版】相続税の土地評価額の調べ方|2種類の評価方法と評価額が下がる条件を解説!

相続税の計算のなかでも最大の関門の一つが土地の評価方法。ここでは基本的な土地の評価方法を説明していきたいと思います。土地評価で重要なのは路線価方式が使えるかどうか、特例が適用できるかどうか。この2点を中心に見ていきましょう。 相続税の土地評価方法は2種類 相続税を計算するためには、財産の価値を調べ...

【令和最新版】相続の場合の3,000万円控除とは?控除の確定申告を解説

マイホームの売却時に使える強力な節税効果をもつ特例「3,000万円控除」。相続にも関わってくる重要な特例です。実家の空き家問題に悩んでいる人にも役に立つかもしれない制度なので、概要を確認しておきましょう。 3,000万円控除とは、不動産の譲渡所得に対する特例のこと マイホームなどの不動産を売却したときに、...

相続税の計算は誰でもできる!基本の式と手順を解説

遺産の相続につきものなのが相続税です。相続税が意外に高額で困った、なんて話を聞いたことがある人も多いかもしれません。よくわからないと怖いですよね。 もしかしたら相続財産×税率で計算できると思っている方もいるかもしれませんが、じつはもう少し複雑です。ただ、落ち着いて一つ一つ計算していけば、専門家以外...

相続税の税率はどれくらい?計算方法や仕組みを解説

相続税の税率は、各相続人にどれくらい税金が発生するのかを計算するときに必ず確認することになります。税率の計算というとややこしそうですが、基本的には国税庁が公開している相続税の速算表から自分のケースを探すだけ。この記事では、この速算表の使い方を説明したいと思います。 相続税の税率とは? 相続税の計...

相続税の基礎控除とは?相続税が免除される遺産額や相続税の計算方法を解説!

親族の遺産を相続した際、「相続税はどのくらい発生するのか」と不安に思う人は少なくないでしょう。じつは相続税の納税は必ずしも発生するわけではありません。原則、基礎控除額を超える遺産を相続する場合にのみ納税義務が発生します。それでは、基礎控除額はどのように計算すればよいのでしょうか? 本稿では、相...

相続税っていくらからかかる? 3,600万円が目安?

相続税とは、亡くなった方(被相続人という)から受け取る遺産が一定額以上だった場合に発生する税金のことです。絶対に支払わなければならないものではなく、遺産の額によっては相続税が発生しない場合もあります。では、いくらから相続税は発生するのでしょうか? また、相続税が発生しない場合でも申告が必要なので...

自分は申告が必要?と気になる方へ | 相続税申告の流れや申告書の書き方・注意点などを解説!

亡くなった方(被相続人という)の財産を遺産として相続した場合、相続税の申告が必要な場合があります。いざ遺産を相続しても「自分が相続税申告をする必要があるのか」や、「何をすればいいのかわからない」と思う方も多いのではないでしょうか。 相続税申告に疑問がたくさんある方でもスムーズに手続きができるよう...

相続税の非課税限度額はいくら?無税になる・近づけるために利用できる控除も解説

相続税は一部のお金持ちだけのもの、と思っている人も多いかもしれません。しかし、土地や建物、株式などを現金に換算したら思ったより財産があった、ということはよく起こります。相続税は知らないと損をする税金です。逆に、知ってさえいれば相続税をなくす、なくせないまでも大幅に減らすことができる方法はたくさん...

相続税の納付・申告期限はいつまで?申告時のコツ3選も紹介

相続で財産を取得し、その合計額が基礎控除額を超えている場合、相続税の申告をしなければなりません。その手続きのためにやらなければいけないことはたくさんあるばかりか、かなり複雑です。さらに期限を過ぎてしまうとさまざまなデメリットがあります。期限に遅れないための対策法をご紹介するとともに、コロナ禍での...

相続税の2割加算とは|対象者・計算方法を解説

相続税には、相続人によって納税金額が2割加算されるという制度があります。相続税は現金での一括納付が原則ですので、2割増しとなると、さらに多くの現金を用意しなければなりません。さらにその2割加算を知らずに申告してしまったとすれば、加算税・延滞税などのペナルティが課される場合もあります。まずは2割加算と...

相続税の取得費加算は3年以内の売却なら有効!計算や手続き方法を徹底解説

相続をした財産のうち、建物や土地などの不動産を売却するケースは珍しくありません。たとえば相続人が複数いた場合は、相続した不動産の売却によって現金化したほうが分けやすくなりますし、使う予定のない不動産であれば毎年固定資産税がかかってきます。そのため売却を検討する方も多いわけです。 その際に知ってお...

【最新版】葬儀費用で相続税を減らせる!控除する方法を解説

大切な家族の方が亡くなると、相続が発生します。亡くなった方(被相続人という)の遺した財産によっては相続税を支払わなければならない事態も生じてきます。 その相続税を算出するにあたっては、すべての遺産(被相続人の遺した財産)を合計したうえで計算していくかというと、そうとも限りません。遺産から差し引け...

相続税の更正の請求とは|期限・手続き・記載方法を解説

一度支払った相続税が、本来払うべき額よりも多かったことに後で気づくということがあります。また、相続税を納めた後に事情が変わったことにより、結果的に多く払っていたことになったということも少なくありません。 こうした時にあらためて相続税の減額請求を行い、払い過ぎた分の税金の還付を受けることを「相続税...

相続税の負担割合(税率)|事例付きでわかりやすく解説

相続税は、遺産を取得した相続人が、相続した財産の評価額に応じて負担する税金です。これを計算するのは単純ではありません。 まずは法定相続分の割合どおりに相続したとして相続税総額を計算し、そののちに各相続人の相続税額を決定していく、という2段階のステップを踏みます。この計算方法はかなり複雑なので、実際...

「延納」で相続税を分割して払える!|期間・要件を解説

大切な家族の方が亡くなると、相続が発生します。亡くなった方(被相続人という)の遺した財産によっては相続税を払わなければならないケースも起きてきます。もし、相続税を払わなければならないにもかかわらず、それが困難な時はどうすればいいのでしょうか? 一般的に相続税は現金による「一括払い」が原則となって...

家屋(建物)の相続税評価額と計算方法|相続税対策も解説

不動産を相続した場合、その相続税評価額は土地と家屋(建物)それぞれに分けて算出することになっています。ここでは家屋(建物)の相続税評価額とその計算方法について解説していきます。 家屋(建物)と一口にいっても、そこにはいくつかのケースがあります。たとえば、最も多いのが亡くなった方(被相続人という)...

相続税の最高税率は55%|その推移や相続税の求め方も解説

家族が亡くなった時、その遺産(亡くなった人が残した財産)を相続することで相続税がかかる場合があります。その相続税の税率ですが、平成27(2015)年の税制改正によって最高税率が55%へと引き上げられました。とはいっても、一律で55%の税率をかけられるということではないのでご安心ください。相続税の税率は一定...

相続税の申告先・納税地|納税地の判断基準を解説

大切な家族の方が亡くなると、その方の残した財産を受け取ることで相続税を納めなければならないことがあります。この相続税ですが、納付先は税務署ということになっています。ただし、どこの税務署でもいいわけではなく、亡くなった方(被相続人という)が生前に暮らしていた「生活の本拠」を管轄している税務署という...

農地等の相続税の納税猶予

農業相続人が、農地を相続によって取得し、農業を継続する場合には、一定の条件の下に、その農地に係る相続税額のうち、農業投資価格を課税価格とみなして計算した税額を超える部分について納税が猶予されます。その後、次の(1)~(3)のいずれかに該当した日に納税が免除されます。 農業相続人が死亡した場合 ...

【図解】相続税の修正申告等に係る延滞税の金額と更正期限について解説

税額が増える場合の延滞税等のルールを教えて下さい 国税の税額是正手続きの原則と各種附帯税の納付の関係は以下のとおりとなっています。 ※1・・・悪質な場合は7年となる ※2・・・増差税額が50万円と当初税額のいずれか多い額を超える場合、その超過分は15% ※3・・・納付税額が50万円を超える場合には、...

相続税早見表

相続税はどの位かかるの?とよくご質問を頂きます。相続税は、遺産の総額(債務控除後)と法定相続人の数で決まります。下記の相続税早見表でざっくりとした相続税額をご確認下さい。 なお、相続税は、遺産の総額が基礎控除以下の場合には、相続税の申告そのものが不要です。 相続税早見表(平成27年1月1日以後の相続...

相続税の申告と納税・延納・物納について解説

相続税の申告と納付の仕方について教えて下さい 相続税の申告は、相続開始の翌日から10ヵ月以内に行います。 申告書の提出先は、被相続人の住んでいた地域の税務署です。 相続税の納付期限は、申告期限までに金銭で一括納付するのが原則ですが、例外として延納と物納の制度があります。 (1)延納 納付すべき相続税...

相続財産(土地・建物・上場株式など)の評価方法

相続財産の評価方法について教えて下さい 相続税の申告は時価ではなく、相続税法や国税庁の通達に従った評価額-すなわち相続税評価額をもとに行います。相続税の申告で最も厄介なのはこの相続税評価額の計算であり、これにはかなりの専門知識が要求されます。それゆえ、ここは専門家の力を借りるのが無難かと思います...

相続税の税務調査はいつ行われるのか?調査時期と対象・ポイントについて解説

税務調査のポイントを教えて下さい 相続における最終段階の関門が、税務署による税務調査です。調査の時期は通常、申告・納税した年もしくは翌年の秋に行われます。 この調査は、相続財産の最終的な確認という意味がありますが、それ以上に、財産の申告に漏れはないか、あるいは不正がないかチェックするものです。 ...

相続税とは

相続税は、相続または遺贈により財産を取得した場合にかかってきます。 相続とは、故人(=被相続人)より民法で定められている法定相続人が財産を取得した場合をいい、遺贈とは遺言によって相続人やその他の人が財産を取得した場合をいいます。(遺言によって財産を与えた人を「遺贈者」、財産をもらった人を「受遺者」と...

相続税の対象となる財産の範囲とは?本来の相続財産、生前の贈与財産、みなし相続財産について解説

相続の手続きとして最も重要なことは、相続税がかかる財産を把握することです。 相続税の対象となる財産は大きく、1.本来の相続財産、2.生前の贈与財産、3.みなし相続財産-の3つに分類されます。 1.本来の相続財産 相続人による遺産分割の対象となる財産のことです。 2.生前の贈与財産 相続により財産を取得した者...

相続税申告・必要資料一覧表

1.役所で取り寄せるもの 資料 数量 使用目的 備考 被相続人の除籍謄本 ※ 2 申告書添付・登記 (名義変更) 1通を申告書に添付。残り1通を登記や名義変更に利用。 被相続人の出生からの戸籍謄本 ※ 2 申告書添付・登記 (名義変更) 1通を申告書に添付。残り1通を登記や名義変更に利用。 ...