相続の知識(相続の発生時)

相続の発生時

【相続税】住宅ローン・アパートローンは債務控除できる?ケース別の考え方

住宅ローンやアパートローンが残る不動産を相続した場合、残債の返済義務が免除されないのかはとても気になる点でしょう。今回は残債のある不動産を受け継いだ場合の相続税に関し、5つのケースをご紹介します。ご自身のケースに合わせてぜひ情報を活用してください。 ローン完済前の不動産を相続!相続税はどうなる?...

相続税の申告は電子申告で! メリットや手順を解説

相続税の申告のため税務署に行きたくても、平日仕事をしていて時間が取れないという人も多いでしょう。税務署に行かなくても、インターネットから相続税の申告が可能になりました。 今回は、e-Taxを使って相続税の申告を行う方法について解説します。メリット、デメリットや注意点についてもご紹介します。 相続税...

相続登記の申請書の書き方は?記載例や綴じ方まで解説

この記事では、不動産を相続する際に発生する相続登記について、登記申請書の書き方や必要書類を解説します。2024年4月1日より改正法が施行され、相続登記は義務化されます。仮に相続登記を行わなかった場合は罰則が科されるようになります。この記事を参考にして、適切に申請手続きを行いましょう。 相続登記とは「相...

相続税の納付書は自分で用意が必要!どこでもらうのか、書き方や納付方法を解説

相続税を支払うことになったら、納付書を入手する必要がありますが、どこでもらえるのでしょうか。 本記事では、相続税の納付書のもらい方と、正しい記入の仕方、納税の方法について解説します。この記事を読めば、相続税の納付の流れが分かり、納税までスムーズに行えるようになります。 相続税の納付書は自分で入手...

相続税の納税義務者に該当するかチェック!納税義務の対象者や種類をわかりやすく解説

亡くなった人の財産を相続した際に発生するのが相続税です。相続税を納税する義務がある人のことを相続税の納税義務者といいます。納税義務者となるかどうかは、さまざまな条件をもとにして定められています。 この記事では、どのようなケースで相続税の納税義務者に該当するかを詳しく解説します。 相続税の納税義務...

相続税は無申告だとどうなる?ばれる仕組みやペナルティについて解説

この記事では、相続税が無申告だった場合に発生するペナルティの内容や申告が必要となる基準について解説します。 相続税を無申告のまま放置していると、税務調査によっていずれ発覚してしまいます。多額の加算税や延滞税を課される場合があるため、この記事で紹介する情報をもとに適切に納税しましょう。 相続税...

マンションの相続税はいくら必要?評価額の計算方法や節税のコツを紹介

配偶者や親が所有していたマンションを相続することになった、または今後相続する予定の人は多くいらっしゃるでしょう。今回は、マンションを相続する際にかかる税金について、計算方法や必要な手続きをご紹介します。節税に効果的な控除についても解説しますので、マンション相続について理解を深め、相続手続きをスム...

海外在住者の相続税はどうなる?国際相続の課税ルールと節税のポイント

相続が発生した際、相続させる側や相続を受ける側が海外在住者であったら、日本で相続税は課税されるのでしょうか。今回は海外在住者の相続税負担があるのかどうかをケースに沿って解説します。また今後、海外資産を持つことや海外移住で相続税の節税をしたいと考えている人に向けて諸外国の相続税の状況なども解説しま...

相続税は誰が払う?対象となる人や基礎控除額なども解説

相続税は、相続が発生した場合にかかる税金です。では一体、この相続税は誰が支払う対象なのでしょうか。また、相続税の負担が大きい場合、遺産の中から支払うことは可能なのでしょうか。相続税には支払期限があるため、税金の滞納をしないためにも本記事で相続税の支払いについて基本を押さえていきましょう。 相続税...

相続税の寄付金控除とは?相続財産を寄付するメリットと手続きの流れ

相続税の負担を抑えるために、寄付金控除を利用する方が増えているようです。本記事では、相続税における寄付金控除の概要や適用条件、手続きの流れを解説します。寄付金控除を活用する際に押さえておきたい注意点や、具体的な計算例も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。 相続税を減額できる「寄付金控除」と...

「財産評価基本通達」とは?相続税申告における財産評価の基礎知識

親族が亡くなると、相続税の申告手続きが必要かどうかを判断しなければなりません。相続税の計算を行う際に、評価の基準となるのが「財産評価基本通達」です。専門的な用語なので、「少し取っ付きにくいな」と感じられる方が多いと思います。 この記事では、自分で相続税申告の手続きを行う際に、身に付けておきたい財...

水道光熱費や医療費の未払金は「相続税の債務控除」ができる!条件や対象者についても解説

遺産相続と聞くと、「プラス」の遺産と思いがちですが、実は借金などの負債も相続に入る場合があります。こうした債務を相続財産から差し引き、相続税の控除の対象にすることはできるのでしょうか。本記事では、相続税の債務控除について、債務控除が使える人・使えない人といった情報から、どんな債務が控除対象になる...

寄付金控除とふるさと納税の違いとは?相続税の節税との関係も解説

2011年の税制改正により、納税者にとって寄付は大きなメリットが得られるものになりました。近年では節税につながるとしてふるさと納税に注目が集まっていますが、じつはその仕組みを利用して相続税も節税することができます。この記事では、ふるさと納税と寄付金控除の違いから、相続税をからめた節税方法まで、説明し...

みなし譲渡とは?所得税・消費税が課税されるケースと遺贈時の注意点

税金の計算の中でも「みなし譲渡」と呼ばれるケースは、譲渡する相手などによってみなし譲渡と判定される条件や計算方法も違い、納付すべき税金も所得税か消費税か分かれるため、非常に分かり難いと思われます。 そこで今回はみなし譲渡と判定されるケースについてそれぞれ紹介し、実際の計算方法についても解説してい...

戒名にかかる料金の相場はいくら?戒名の構造や位、注意点を解説

戒名は、人が亡くなり葬儀をあげる際に、お寺で授けてもらう死後の名称です。戒名は依頼する寺院や、付ける戒名によって必要になってくる料金が異なり、下調べをせず授かってしまうと予想外の金銭トラブルに発展してしまう可能性があります。この記事では、戒名を決めるときに知っておきたい基礎知識や戒名料の相場につ...

相続登記の義務化はいつから始まる? 経緯や過去の相続についても解説

相続登記が義務付けられるものの、その詳しい内容についてなかなか理解できず、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、相続登記の義務化に至った経緯から、法改正後の変更点、手続きを行わない際に起こり得るリスクを解説するとともに、手続きの流れやかかる費用について解説します。 まず相続...

家なき子特例とは | 非同居でも使える相続税対策の要件と改正のポイント

相続税の節税が可能な「小規模宅地等の特例」は、同居している親族のみが使えると思われがちですが、要件を満たすことで同居していない親族でも適用できます。 これがいわゆる「家なき子特例」なのですが、制度の内容、満たすべき条件、適用可能なケース、申請の流れまで詳細に確認していきましょう。 小規模宅地の「...

なぜ二次相続は重要?一次相続との違いや税額シミュレーションについても解説

二次相続の対策をしたいけれど、どんなことに気を付けて対策を立てればいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。一次相続との具体的な違いを明確に知っておきたい方もおられるでしょう。この記事では、二次相続の概要、一次相続との違い、具体的な二次相続対策についてご紹介します。 二次相続とは 二次相続...

親子共有名義で家を購入、片方が死亡すると相続税はどうなるか

さまざまな事情で、不動産を親子の共同名義で購入するケースがあります。注意点を踏まえれば、メリットもある方法ですが、親が他界した際の相続税など不明な点も多いことでしょう。そこで、不動産を親子の共同名義で購入した方に向けて、贈与や相続税などについて詳しく解説していきます。 親子共有名義の不動産を持つ...

投資信託の相続税評価とは? 評価方法別の計算式や注意点を解説

近年はネット取引などで資産運用が身近になったこともあり、個人でも投資信託などの投資を扱う方が増えています。そうした金融資産について、遺産分割の際にどのように扱うべきかお悩みの方は多いと思われます。そこで、相続税法においての投資信託の評価額の算定方法と、実際に相続を行う際に注意したい点について解説...

葬儀費用の目安とは?内訳や相続税の控除についても解説

葬儀に関して、どのくらいの費用がかかるのか目安がわからないといった声はよく耳にします。本記事では種類別に葬儀費用の目安や内訳を解説していきます。何度も経験することではありませんが、いざという時のために情報を押さえておくことをおすすめします。 葬儀にかかる費用の目安とは? 葬儀を行うにあたり...

お布施の書き方とは?マナーや注意点、相場費用も解説

お布施は、葬儀や法事の際に、僧侶へ供養の感謝を伝えるために渡す金銭のことです。ここからは実際にお布施を渡す際に知っておきたい情報を解説します。お布施の書き方やお布施をする際の注意点、お布施の相場費用など、お布施に関するマナーを心得ておきましょう。 お布施の書き方について ここでは、お布施の書き方...

準確定申告とは?申告期限や手順、不要なケースについても解説

大切な家族の方の財産を相続する際、手続きの中で「準確定申告」という言葉を耳にした方も多いかもしれません。「そもそも準確定申告って何?」という方や、準確定申告の方法や必要となる書類が分からないという方など、状況はさまざまでしょう。 この記事では、相続時に必要とされる準確定申告とはどんなものか、必ず...

配偶者居住権の登記は必要?費用や登記すべき3つのケースを解説!

「配偶者居住権」とは、夫婦の一方が亡くなった際、残された配偶者が被相続人(亡くなった人)の持ち家にそのまま住み続けられるようにする権利です。これによって、ほかの相続人が住居を相続することになったとしても、配偶者が突然住居を失うことが避けられるようになりました。配偶者に認められる居住権は、基本的に...

相続手続きは自分でもできる?手続き内容と自分でやる目安もご紹介

自分で相続手続きをすべて行うには、多大な時間と労力が必要になります。とくに、相続人の数が多かったり、相続財産が多かったりすると、書類を集めるだけでも煩雑となり、自分ですべて行うのは非常に難しくなります。 そのため、自力で相続手続きを行うには「①時間に余裕がある」「②遺産が預貯金のみ」「③相続人が少な...

相続手続き費用の相場はいくら? 不動産の相続も含めて相場をわかりやすく解説!

遺産相続にはさまざまな手続きが必要となりますが、その手続きにも時間と費用が必要になってきます。この項目では、4種類の財産に着目し、相続手続きの費用の相場、必要書類取得の費用などを解説します。また、相続手続きの代行を依頼できる専門家についても紹介したいと思います。 遺産相続の手続き費用は、財産の種...

土地の相続に必要な知識を得よう!費用や必要書類、物件別の対応例もご紹介

現金以外でよく相続財産となるのが土地などの不動産ではないでしょうか。しかし、土地は現金のように簡単に分割できるものではありません。相続人同士の関係性がこじれていたり、人数が多かったりすると、誰が相続するかなどを巡って相続トラブルにもなりかねません。また、相続人同士でまとまっても、実際の名義変更に...

中高齢寡婦加算とは?要件や金額、もらえないケースなどをわかりやすく解説

中高齢寡婦加算は「ちゅうこうれい かふ かさん」と読みます。遺族厚生年金の加算給付制度の一つで、夫を亡くした妻(寡婦)が、老齢基礎年金をもらえるようになるまでの間、遺族厚生年金に上乗せして受け取れるものです。遺族基礎年金をもらっている人はもらえないので、子どもがいるかいないかで、もらえるタイミング...

居住権とは? 相続における配偶者の権利と注意点を解説

他人の所有する家屋に居住していた者が、その家屋に継続して居住できる権利を「居住権」といいます。2020年、持ち家について建物自体を相続しなかった場合でも配偶者に居住権を認める「配偶者居住権」が新設されました。新たに新設された、この配偶者居住権とその注意点を解説します。 居住権とは、継続して居住でき...

【文例集あり】遺産分割協議書の書き方は?項目別のひな形をご紹介

故人の残した財産の分け方を決める「遺産分割協議」が終わったら、すみやかに合意を得た内容を「遺産分割協議書」にまとめます。この書類に決まった書き方はないものの、被相続人(亡くなった人)の名前と死亡日、相続財産の内容など、絶対に入れておかないといけない内容は決まっています。そこでこの記事では、遺産分...

納税猶予の特例で農地などの相続税が免除される?

亡くなった方(被相続人という)が生前に築いた財産を、その方の配偶者や子どもなどの親族が受け継ぐことを「相続」といいます。そして、その財産が一定の額を超えた場合、原則として「相続税」が課せられることになります。 その財産のなかには先祖代々受け継がれてきた土地が含まれている場合もあります。たとえば「...

相続に必要な書類 | 金融機関手続き・相続登記・相続税申告の3種類に分けて解説!

遺産相続には、銀行口座や不動産の名義変更などのほか、相続した金額によっては相続税の申告も必要となってきます。どの手続きもいくつかの必要書類をそろえなければなりません。この記事では、相続に必要な書類を「金融機関手続き」「相続登記」「相続税の申告」の3種類に分けて、必要な書類を解説します。 相続には...

遺産分割協議の進め方・手順とは?予備知識やよくあるトラブルも紹介

被相続人(亡くなった人)の遺産をどのように分けるのかを決める話し合いが「遺産分割協議」です。全員が合意して不備がなければ、この協議で決めたとおりに遺産分割が行われるので、とても大切な話し合いです。 話し合っておいたほうがいいポイントはいろいろありますが、まずは誰が法定相続人になるかと、被相続人の...

遺産分割調停のタイミングや進め方は? 有利に進めるにはどうするべき?

遺産分割協議で合意に達しなかった場合は、家庭裁判所の「遺産分割調停」を活用することになります。相続の調停では、調停委員を介して遺産分割の話し合いを進めることになります。この記事では、遺産分割調停のタイミングや進行、話し合いを有利に進める方法を紹介します。 遺産分割調停とは 相続人全員が参加して行...

相続放棄の必要書類は? 関係性別に必要な書類とその手続きを徹底解説

亡くなった方(被相続人という)が生前に築いた財産を、その方の配偶者や子どもなどの親族が受け継ぐことを「相続」といいます。そして、その財産が一定の額を超えた場合、原則として「相続税」がかかってくることになります。 ただし、その財産をよく調べると、マイナスの財産(借金など)がプラスの財産よりも多いこ...

相続放棄の期間は3か月。その期間を延ばせるケースと方法を解説

亡くなった方(被相続人という)が相続されるべき資産をもっていた場合、相続人はその遺産を「相続する」「相続しない」のどちらかを決めなければいけません。 相続財産のすべてを相続することを「単純承認」といいます。ただし、財産といっても現金や不動産のようなプラスのものばかりではありません。被相続人が負債...

相続放棄にかかる費用をパターン別に解説 | 費用を抑える方法も紹介

相続と聞けば、亡くなった方(被相続人という)が生前にもっていた土地や現金を引き継ぐものだと考えることでしょう。しかし相続はそういったプラスの財産だけではなく、被相続人が負っていた借金など、マイナスの財産も引き継ぎます。たとえば自分の父や母が多額の借金を抱えて亡くなった時、相続の権利や義務をすべて...

兄弟姉妹の遺産を相続放棄する方法は?必要書類や手続きの流れを解説!

亡くなった方(被相続人という)に子や親がいない場合や、子や親が相続放棄した場合などでは、被相続人の兄弟姉妹が遺産を相続することになります。この記事では、兄弟姉妹の遺産を相続放棄する方法、相続放棄の手続き、必要書類など詳しく説明します。 兄弟姉妹の遺産の相続人になるケース 被相続人の遺産を相続する...

子が相続放棄すると相続人は誰になる?孫の相続可否や相続分を解説!

この記事では、亡くなった方(被相続人という)の子が相続放棄した場合、誰が相続人になるのか説明します。また、孫が相続する可能性と、子が相続放棄した場合の相続分も詳しく解説します。 子が相続放棄すると孫が相続できる? 被相続人より先に相続人が他界しており、その相続人の子(被相続人から見れば孫)が被...

子どもにかかる相続税の計算方法と税負担を軽くする方法を解説

亡くなった方(被相続人という)の財産を配偶者や子どもなどの親族が受け継ぐことを、「相続」といいます。受け継ぐ財産が多額であれば「相続税」の支払い義務が生じる可能性も出てきます。民法によって相続の権利が認められていることを「法定相続人」と呼びますが、この法定相続人には第一から第三まで順位が決められ...

【完全版】兄弟姉妹が亡くなった時、相続権はあるのか?3つの注意点と相続割合について解説!

故人の兄弟や姉妹が相続人になる場合、子や親などの直系尊属が相続人になる場合と異なる点がいくつかあります。この項目では、兄弟姉妹が相続人になる場合の注意点と相続割合、遺留分の有無について解説します。 故人の兄弟姉妹は法定相続人になれる 亡くなった方(被相続人)の兄や弟、姉、妹が法定相続人となるケ...

相続税の税務調査を回避・対処する方法|時期・対象者・ペナルティも解説

大切な家族の方が亡くなった時、相続が発生します。亡くなった方(被相続人という)の遺した財産によっては相続税の支払い義務が生じます。 その相続税ですが、もしも支払わなかったり、申告に漏れがあったりした場合、税務署の税務調査によって指摘されます。税務署は必ず申告漏れを突き止めます。そして調査が入っ...

相続税の概算がわかる!相続税の早見表

相続税は、「法定相続人の数」や「法定相続人と被相続人との関係」によって異なってくるため、一目で目安がわかる早見表は便利な存在といっていいでしょう。たとえば配偶者と子どもで相続をする場合や、子どもだけで相続する場合などに「相続税がいくらになるか」を簡単に把握することができるのです。 この記事では...

相続税を払えない場合の対処法!不動産や株を相続したらどうする?

亡くなった方(被相続人という)が生前に築き上げた財産を、その方の配偶者や子どもなどの親族が受け継ぐことを「相続」といいます。その際、財産の評価額が一定の枠を超えると「相続税」の支払い義務が生じることがあります。 その相続税ですが、高額になることも多く、相続をした人のなかには支払うことが困難なケー...

相続税における「相続対策」と「節税対策」の基本的な考え方

亡くなった方(被相続人という)が生前に築いた財産や債務を、その方の配偶者や子どもなどの親族が受け継ぐことを「相続」といいます。遺された財産の評価額によっては「相続税」の納税義務が生じることもあります。 納税は国民の義務ですから、相続税は払うのが当然なのですが、当事者にとっては「できるだけ税金は少...

生命保険には相続税がかかる?非課税枠や実際の計算例を解説!

相続とは、亡くなった方(被相続人という)が生前に築いた財産を、その方の配偶者や子どもなど親族が受け継ぐことをいいますが、場合によっては相続税を支払わなければならないこともあります。その際、少しでも納税額を減らしたいということであれば、生命保険を活用するのも一つの手段となります。 被相続人が亡くな...

相続不動産を売却すると確定申告が必要なの? 基本知識や必要書類をわかりやすく解説

不動産を相続したものの、「遠方でとても自分が住んだり使ったりはできないから現金化したい」と考える人は少なくないでしょう。売却してそのお金を分割するというやり方で相続を行うケースもあると思います。しかし、そんな時に気になるのが所得税とそれにともなう確定申告!譲渡所得があった場合、確定申告は必要です...

【保存版】相続に必要な戸籍謄本の取り方は?戸籍謄本が必要な手続きや有効期限・必要数を解説

戸籍謄本は、相続税の申告、不動産の相続登記、預貯金や証券口座の名義変更などの手続きを行う際に必要です。ただ「どの手続きで必要なの?」「以前に取得したものでも有効?」「返してもらって再活用できる?」など、いざ手続きを進めるにあたって疑問が出てくるかもしれません。何回も役所に足を運ばなければならない...

相続税の配偶者控除(配偶者の税額軽減)で税額がゼロなら申告不要?基本知識や注意点を解説

遺産相続において財産を遺した人のことを「被相続人」、財産を受け継ぐ人のことを「相続人」と呼びます。民法ではこの相続人を「法定相続人」として規定しているのですが、そのなかで最も優先順位が高いのが「配偶者」です。配偶者が相続人から外れることはありません。これは逆に考えれば、相続税を支払わなければなら...

現金にかかる相続税はどのくらい?計算方法や生前贈与の方法も紹介

亡くなった方が生前にもっていた財産上の権利や義務を、その方の配偶者や子どもなどの親族が受け継ぐことを「相続」といいます。相続においては財産を遺して亡くなった人を「被相続人」、財産を受け継ぐ人のことを「相続人」と呼んでいます。 この相続に関して、相続人が一定の額以上の評価額に達した財産を受け継いだ...