相続でお困りの方 無料相談のお申込み

資料請求

CLICK

無料資料請求
はこちら!

相続の知識(相続)

相続

【保存版】相続に必要な戸籍謄本の取り方は? 戸籍謄本が必要な手続きや有効期限・必要数を解説

戸籍謄本は、相続税の申告、不動産の相続登記、預貯金や証券口座の名義変更などの手続きを行う際に必要です。ただ「どの手続きで必要なの?」「以前に取得したものでも有効?」「返してもらって再活用できる?」など、いざ手続きを進めるにあたって疑問が出てくるかもしれません。何回も役所に足を運ばなければならない...

被相続人とは?遺産相続の優先順位や遺言書の効力についてもわかりやすく解説!

遺産相続の話題になると必ず登場する基礎用語が「被相続人」と「相続人」です。被相続人と相続人はいったい誰のことなのか、さらに遺産相続の優先順位や遺言書の効力についても説明します。 被相続人・相続人の違いを解説 相続について調べていると、必ず登場するのが「被相続人」と「相続人」という言葉です。...

タンス預金は相続税対策には使えない! メリット・デメリットを解説

まとまった額の現金を自宅に保管するタンス預金のメリットは、いつでも必要な時にすぐにお金が使えることです。その一方で相続税対策に使えず、災害や盗難のリスクが高かったり、遺産相続のトラブルの種になったりするなどデメリットも少なくありません。 この項目では、タンス預金のメリットとデメリットを説明します...

姻族関係終了届とは? いつ・どんなときに・誰が行う届出なのかを解説

配偶者の死後、その両親(義理の父母)や兄弟姉妹(義理の兄弟姉妹)などの親族との関係を法律的に解消するための届出を「姻族関係終了届」といいます。姑や舅など配偶者の血族との縁を切りたい時に提出します。この項目では、この姻族関係終了届がなぜ必要か、提出方法などについて詳しく説明します。 姻族関係終了届...

名義人が亡くなると口座凍結? 事前準備と必要な手続きについて解説

銀行は口座名義人の死亡を確認した場合、その口座を凍結します。以降、現金の引き出しや公共料金の引き落としはできなくなります。この項目では、故人の銀行口座が凍結される理由、凍結されるタイミング、凍結される前にやっておくべきこと、凍結解除の手続きなどを詳しく説明します。 名義人の逝去を確認したら銀行...

【保存版】相続に所得税はかからない場合が多い! 所得税がかかる場合を解説

相続で取得した財産は相続税の課税対象となるので、所得を対象とした所得税の申告は原則必要ありません。そのため相続人が所得税の確定申告をすることはあまりありませんが、いくつかのケースでは所得税の納付が必要になります。この項目では、相続で所得税がかかるケースを説明します。 相続した遺産に所得税はかから...

「直系卑属(ちょっけいひぞく)」とは誰を指す? 遺産相続との関係性は?

直系卑属と書いて「ちょっけいひぞく」と読みます。簡単にいってしまえば、子や孫、ひ孫などの自分の子孫を指す言葉です。直系卑属に含まれる人がいるのであれば相続人になる可能性が高く、相続を知るうえで非常に大切な考え方です。ここでは直系卑属の範囲、遺産相続との関係性を詳しく説明します。  直系卑属とは...

【5分でわかる】子どもなしの夫婦の相続はどうなるの? 相続のルールをわかりやすく解説!

子どものいない夫婦の場合、遺産は誰が相続するのでしょうか? 配偶者(夫、妻)はどんな場合でも相続できます。それでも、相続できる血族の範囲を無限に認めると相続を巡るトラブルが起こるので、相続人になれる人と範囲は法律で決まっています。 この項目では、子どもがいない夫婦を中心に相続のルールを解説します...

相続問題の具体的な事例とは? 遺産相続のトラブルを回避するための対策法10選を紹介

相続問題で最も多いのは遺産分割に関することです。問題が解決できない場合、身内で裁判に発展するケースも少なくありません。この項目では、遺産相続で起こるトラブルの実例を挙げ、相続問題を解決するための対策法を紹介します。 相続で問題になりやすいケースは大きく分けて3パターン 遺産相続で問題が起こりやすい...

相続欠格とは? 欠格事由となる5つのケースや相続廃除との違いを解説!

「相続欠格」という漢字から「相続する資格が欠ける」という意味であることはわかります。では、実際のところ、どういうケースに相続が欠格となるのでしょうか。5つのケースと「相続廃除」との違いを解説します。 「相続欠格」とは? 欠格事由となるケースを5つ紹介! 遺産相続で民法が定めた相続人となるのは、亡くな...

相続から不動産売却までにかかる税金は? 6種類の税金と節税に関する6つの特例を紹介

たとえ資産家ではなくても、亡くなった方(被相続人という)から不動産を受け継ぐ場合はよくあります。相続した遺産総額が大きな場合、相続税を納税する必要があります。さらに不動産の名義変更や売却にも課税されます。不動産はすぐにお金に換えにくいことがしばしばありますので、急にたくさんの現金が必要になって困...

【5分でわかる】相続財産を分割する際に作成する「遺産分割協議書」とは?

近親者が亡くなって相続が発生した時、相続人が一人であれば遺産分割は生じませんが、相続人が複数いる場合には必ず発生します。遺言書がない場合や、遺言書に記載された内容に問題がある場合には、相続人全員が集まり、遺産分割を話し合いで決める必要があります。 この記事では、話し合いによって決める遺産分割にお...

不動産を相続する時に必要な手続きとは? 遺産の分割方法も解説します。

不動産を相続する際には、さまざまな手続きと多くの提出書類が必要となります。また、不動産の分割にもいくつかの種類があります。この記事では、一般的な遺産相続の流れに沿って不動産相続の手続きの説明、分割方法を紹介します。 不動産相続に必要な手続きを解説 不動産相続の手続きは、相続人の調査と確定、相続財...

代償分割とは? 代償分割のメリット・デメリットと相続税の計算方法を徹底解説!

遺産を複数の相続人で分け合う場合、公平にスムーズに分割するのが理想です。「代償分割」とは、特定の相続人が分割するのが困難な遺産を相続し、ほかの相続人に一定の代償財産を交付する方法です。代償分割のメリットとデメリット、相続税の計算方法を説明します。 代償分割は「遺産の分割方法の一つ」 代償分割...

「代襲相続(だいしゅうそうぞく)」とは? 対象となる人と発生するタイミング

遺産相続が始まると、頻繁に「代襲相続」という用語が登場します。読みは「だいしゅうそうぞく」です。人が亡くなった時、本来相続人となるはずであった子がすでに死亡していたり、相続人の権利を失くしていたりする場合に、亡くなった人(被相続人)の孫やひ孫、甥や姪などが代わって相続する制度のことをいいます。ど...

相続の基本の「き」| 手続きの流れや準備するものまとめ

相続は、一生のうちにだれもが経験する出来事で、人によっては何度も経験することがあります。しかし、初めて自分の身に起きたときは、何から手を付けたらいいのかわからず、戸惑う人がほとんどです。いざというときに慌てないよう、相続とはどういうものか、基本的な知識を知っておき、実際に相続が発生したときにやる...

「直系尊属(ちょっけいそんぞく)」とは誰を指す? その範囲と遺産相続との関係性を説明

直系尊属と書いて「ちょっけいそんぞく」と読みます。直系尊属とは、父母、祖父母、曽祖父母、高祖父母など直接の祖先の系列に当たる人のことです。似た言葉に直系卑属や傍系尊属などもあり、ややこしいところ。相続ではよく登場する言葉です。この項目では、直系尊属の範囲と、遺産相続にどのように関わってくるのかを...

相続の手続きを時系列で紹介!「期限別のスケジュール」で分かりやすく解説

相続が発生すると、やらなければならない手続きが次々と出てきます。期限の決まっているものを中心に、特に期限のないものもどのタイミングで行うのがいいかを、早い順にご紹介します。何から手を付けたらいいかわからない人も、これで自分のやるべきことが整理でき、スムーズに進めることができるでしょう。 【期限別...

誰が相続人なの?トラブルを防ぐために知っておきたい相続の範囲と相続順位をわかりやすく解説

家族が亡くなり、遺産相続の話に入った時、「誰が相続人なのかわからないため、遺産分割が進まなかった」「親子や兄弟姉妹で遺産相続の争いが起こった」といったトラブルはつきものです。 誰が相続人になるのかを知っておくことで、遺産相続に関わる多くのトラブルを回避できます。相続の範囲と相続の順位、相続分(相...

相続人の遺留分とは? 法定相続分との違いや割合・計算方法を徹底解説!

家族の一人に遺産をすべて相続させる、友人に遺産を全額遺贈するなど、遺言書の内容によっては配偶者をはじめとした相続人が生活できなくなってしまう危険性があります。そういった際に相続人を守るための仕組みが「遺留分」です。配偶者や子などは訴えを起こすことで一定割合まで遺産を取り戻すことができます。ここで...

相続の相談はどの専門家にするべき? 専門家の職種ごとに徹底解説!

相続に関する問題が生じた時、いったい誰に相談すればよいのかわからないという人は少なくないでしょう。相続問題の相談先として挙げられる専門家は、弁護士、税理士、司法書士、行政書士です。重なっている業務もあれば、その専門家にしか扱うことのできない業務もあります。そこで本項目では、相続の相談に乗ってくれ...

法定相続分とは? 相続順位別の相続割合や計算方法をわかりやすく解説します!

家族が亡くなった時、相続人となる人、相続の順位、相続の割合(相続分)は民法で定められています。相続人がどの順位に何人いるかで、相続分は変わってきます。 この項目では、相続順位別の法定相続分とその計算方法を解説します。 遺産相続の順位と割合は民法で決まっている 実際に財産を受け取るかどうかにかか...

遺産相続の手続きに期限はあるの?期限を過ぎるとどうなる?|気になる相続手続きを期限ごとに解説

遺産相続は、亡くなった方(被相続人という)が財産を残して死亡した時から始まります。相続に関するルールは民法で定められており、相続人とその順位は決まっています。 遺産相続に関わる相続の手続きはとても煩雑で、必要な書類の取得には時間がかかるものが多数あります。 そこで気になるのが、相続手続きの期限で...

相続税申告の相談は税理士がベスト! 相続に強い税理士の選び方

相続税の計算や申告など相続に関する手続きは、基本的にはすべて相続人自身で行うことができます。それでも、慣れていない人は必要書類の作成に多くの時間が必要となり、相続税の申告の期限内にできない場合も想定できます。また、手続きのミスにより加算税が課される恐れもあります。 そんな事態を避けるため、相続税...

遺産相続した場合、確定申告は必要? 必要な5つのケースと確定申告の方法を徹底解説!

遺産相続の手続きは、「財産の名義変更に関わる手続き」と「税金(相続税、所得税)の手続き」に大別できます。税金に関する手続きのうち、相続税と所得税では課税の趣旨が根本的に異なります。原則的に確定申告は必要ありませんが、特定のケースでは所得税の申告が必要となります。 この項目では、相続と税金の関係に...

【永久保存版】不動産相続時の固定資産税納税者や納税額について徹底解説

家族が亡くなって土地や建物などの不動産を相続した人が次に気になるのは、固定資産税の納付についてではないでしょうか。固定資産税を誰が納めるか知るポイントは、亡くなった方(被相続人という)の死亡時期と、遺産分割協議のまとまったタイミング。この項目では、そもそも固定資産税とは何なのか、誰が納税者になる...

故人の住民税は相続人が納税する? 納税義務がなくなる条件を解説!

地方税の一つである住民税は、死亡したとしても免除されません。亡くなった人の住民税は、遺産を相続した人が納税することになります。しかし控除の対象となるケースもあるため、税金のしくみは複雑になっています。この項目では、納税の時期や納税の方法など詳しく説明します。 故人の未納の住民税は相続人に納税義務...

PAGE TOP