相続でお困りの方 無料相談のお申込み

資料請求

CLICK

無料資料請求
はこちら!

相続の知識(子)

相続放棄とは?基本知識とメリット・デメリットを解説

相続というと、土地・建物といった不動産や預金などプラスの財産を思い浮かべる人も多いと思います。しかし借金などのマイナスの財産も相続することになります。その際、相続放棄は重要な選択肢の一つになりますが、決められた期限内に、きちんとした手続きが必要です。さらに相続放棄を行うことで得られるメリットがあ...

「直系尊属(ちょっけいそんぞく)」とは誰を指す? その範囲と遺産相続との関係性を説明

直系尊属と書いて「ちょっけいそんぞく」と読みます。直系尊属とは、父母、祖父母、曽祖父母、高祖父母など直接の祖先の系列に当たる人のことです。似た言葉に直系卑属や傍系尊属などもあり、ややこしいところ。相続ではよく登場する言葉です。この項目では、直系尊属の範囲と、遺産相続にどのように関わってくるのかを...

広大地判定の定義や広大地評価とは?広大地評価の改正による相続税への影響も解説!

相続した土地の評価額が最大で65%減額される「広大地評価」のことをご存じでしょうか? 節税効果の高いこの広大地評価は税制改正によって廃止されたのですが、一定の要件を満たせば令和5(2023)年10月31日まで適用することが可能となっています。 具体的には、平成29(2017)年12月31日までに土地を相続し、相続発生...

相続放棄の手続きの流れや注意点!知っておくべきことを解説

故人の残した借金などの遺産を放棄したい場合、手続きはどのように行えばいいのでしょう。相続放棄をすることでデメリットはあるのか、弁護士や司法書士などの専門家に頼んだほうがいいのかなど、わからないことは多いはずです。相続放棄は家庭裁判所に必要書類を提出し、多少書類のやり取りをすることで行えます。手続...

誰が相続人なの?トラブルを防ぐために知っておきたい相続の範囲と相続順位をわかりやすく解説

家族が亡くなり、遺産相続の話に入った時、「誰が相続人なのかわからないため、遺産分割が進まなかった」「親子や兄弟姉妹で遺産相続の争いが起こった」といったトラブルはつきものです。 誰が相続人になるのかを知っておくことで、遺産相続に関わる多くのトラブルを回避できます。相続の範囲と相続の順位、相続分(相...

相続人の遺留分とは? 法定相続分との違いや割合・計算方法を徹底解説!

家族の一人に遺産をすべて相続させる、友人に遺産を全額遺贈するなど、遺言書の内容によっては配偶者をはじめとした相続人が生活できなくなってしまう危険性があります。そういった際に相続人を守るための仕組みが「遺留分」です。配偶者や子などは訴えを起こすことで一定割合まで遺産を取り戻すことができます。ここで...

相続の相談はどの専門家にするべき? 専門家の職種ごとに徹底解説!

相続に関する問題が生じた時、いったい誰に相談すればよいのかわからないという人は少なくないでしょう。相続問題の相談先として挙げられる専門家は、弁護士、税理士、司法書士、行政書士です。重なっている業務もあれば、その専門家にしか扱うことのできない業務もあります。そこで本項目では、相続の相談に乗ってくれ...

法定相続分とは? 相続順位別の相続割合や計算方法をわかりやすく解説します!

家族が亡くなった時、相続人となる人、相続の順位、相続の割合(相続分)は民法で定められています。相続人がどの順位に何人いるかで、相続分は変わってきます。 この項目では、相続順位別の法定相続分とその計算方法を解説します。 遺産相続の順位と割合は民法で決まっている 実際に財産を受け取るかどうかにかか...

遺産相続の手続きに期限はあるの?期限を過ぎるとどうなる?|気になる相続手続きを期限ごとに解説

遺産相続は、亡くなった方(被相続人という)が財産を残して死亡した時から始まります。相続に関するルールは民法で定められており、相続人とその順位は決まっています。 遺産相続に関わる相続の手続きはとても煩雑で、必要な書類の取得には時間がかかるものが多数あります。 そこで気になるのが、相続手続きの期限で...

相続税申告の相談は税理士がベスト! 相続に強い税理士の選び方

相続税の計算や申告など相続に関する手続きは、基本的にはすべて相続人自身で行うことができます。それでも、慣れていない人は必要書類の作成に多くの時間が必要となり、相続税の申告の期限内にできない場合も想定できます。また、手続きのミスにより加算税が課される恐れもあります。 そんな事態を避けるため、相続税...

【保存版】相続税の土地評価方法は?2種類の評価方法と評価が変化する条件を解説!

相続税の計算のなかでも最大の関門の一つが土地の評価方法。ここでは基本的な土地の評価方法を説明していきたいと思います。土地評価で重要なのは路線価方式が使えるかどうか、特例が適用できるかどうか。この2点を中心に見ていきましょう。 相続税の土地評価方法は2種類 相続税を計算するためには、財産の価値を...

【永久保存版】不動産相続時の固定資産税納税者や納税額について徹底解説

家族が亡くなって土地や建物などの不動産を相続した人が次に気になるのは、固定資産税の納付についてではないでしょうか。固定資産税を誰が納めるか知るポイントは、亡くなった方(被相続人という)の死亡時期と、遺産分割協議のまとまったタイミング。この項目では、そもそも固定資産税とは何なのか、誰が納税者になる...

【保存版】相続手続きの代行は誰に頼む? 注意点や代行サービスの選び方5選をご紹介!

相続手続きは想像以上に大変です。亡くなった方(被相続人)が所有していた不動産や銀行口座の名義変更など、やらなければいけない手続きは多種多様。仕事が忙しく、時間がないなかで手続きを進めなければいけない人もいるでしょう。そんな時の強い味方が各手続きの代行サービス。この項目では、弁護士や税理士、行政書...

【令和最新版】相続の場合の3,000万円控除とは?控除の確定申告を解説

マイホームの売却時に使える強力な節税効果をもつ特例「3,000万円控除」。相続にも関わってくる重要な特例です。実家の空き家問題に悩んでいる人にも役に立つかもしれない制度なので、概要を確認しておきましょう。 3,000万円控除とは、不動産の譲渡所得に対する特例のこと マイホームなどの不動産を売却したときに、...

相続税の税率はどれくらい?計算方法や仕組みを解説

相続税の税率は、各相続人にどれくらい税金が発生するのかを計算するときに必ず確認することになります。税率の計算というとややこしそうですが、基本的には国税庁が公開している相続税の速算表から自分のケースを探すだけ。この記事では、この速算表の使い方を説明したいと思います。 相続税の税率とは? 相続税の計...

相続税の基礎控除とは?相続税が免除される遺産額や相続税の計算方法を解説!

親族の遺産を相続した際、「相続税はどのくらい発生するのか」と不安に思う人は少なくないでしょう。じつは相続税の納税は必ずしも発生するわけではありません。原則、基礎控除額を超える遺産を相続する場合にのみ納税義務が発生します。それでは、基礎控除額はどのように計算すればよいのでしょうか? 本稿では、相...

相続税っていくらからかかる? 3,600万円が目安?

相続税とは、亡くなった方(被相続人という)から受け取る遺産が一定額以上だった場合に発生する税金のことです。絶対に支払わなければならないものではなく、遺産の額によっては相続税が発生しない場合もあります。では、いくらから相続税は発生するのでしょうか? また、相続税が発生しない場合でも申告が必要なので...

自分は申告が必要?と気になる方へ | 相続税申告の流れや申告書の書き方・注意点などを解説!

亡くなった方(被相続人という)の財産を遺産として相続した場合、相続税の申告が必要な場合があります。いざ遺産を相続しても「自分が相続税申告をする必要があるのか」や、「何をすればいいのかわからない」と思う方も多いのではないでしょうか。 相続税申告に疑問がたくさんある方でもスムーズに手続きができるよう...

土地を相続するときにでてくる「相続税の路線価」とは?計算方法や意味など基本の知識を解説

相続税の計算には財産をすべて金額に直す必要があります。そのときに大きな障害となるのが土地の評価です。土地の評価額の計算には大きく二つの方法がありますが、基本は相続税路線価を使うやり方です。路線価は土地の面する道路(路線)ごとに決まっていて、国税庁のホームページで公開しているので、住所からすぐ調べ...

相続税の非課税限度額はいくら?無税になる・近づけるために利用できる控除も解説

相続税は一部のお金持ちだけのもの、と思っている人も多いかもしれません。しかし、土地や建物、株式などを現金に換算したら思ったより財産があった、ということはよく起こります。相続税は知らないと損をする税金です。逆に、知ってさえいれば相続税をなくす、なくせないまでも大幅に減らすことができる方法はたくさん...

相続税の納付・申告期限はいつまで?申告時のコツ3選も紹介

相続で財産を取得し、その合計額が基礎控除額を超えている場合、相続税の申告をしなければなりません。その手続きのためにやらなければいけないことはたくさんあるばかりか、かなり複雑です。さらに期限を過ぎてしまうとさまざまなデメリットがあります。期限に遅れないための対策法をご紹介するとともに、コロナ禍での...

相続税の2割加算とは|対象者・計算方法を解説

相続税には、相続人によって納税金額が2割加算されるという制度があります。相続税は現金での一括納付が原則ですので、2割増しとなると、さらに多くの現金を用意しなければなりません。さらにその2割加算を知らずに申告してしまったとすれば、加算税・延滞税などのペナルティが課される場合もあります。まずは2割加算と...

相続税の取得費加算は3年以内の売却なら有効!計算や手続き方法を徹底解説

相続をした財産のうち、建物や土地などの不動産を売却するケースは珍しくありません。たとえば相続人が複数いた場合は、相続した不動産の売却によって現金化したほうが分けやすくなりますし、使う予定のない不動産であれば毎年固定資産税がかかってきます。そのため売却を検討する方も多いわけです。 その際に知ってお...

【最新版】葬儀費用で相続税を減らせる!控除する方法を解説

大切な家族の方が亡くなると、相続が発生します。亡くなった方(被相続人という)の遺した財産によっては相続税を支払わなければならない事態も生じてきます。 その相続税を算出するにあたっては、すべての遺産(被相続人の遺した財産)を合計したうえで計算していくかというと、そうとも限りません。遺産から差し引け...

相続税の更正の請求とは|期限・手続き・記載方法を解説

一度支払った相続税が、本来払うべき額よりも多かったことに後で気づくということがあります。また、相続税を納めた後に事情が変わったことにより、結果的に多く払っていたことになったということも少なくありません。 こうした時にあらためて相続税の減額請求を行い、払い過ぎた分の税金の還付を受けることを「相続税...

相続税の税率と計算方法|事例付きでわかりやすく解説

相続税は、遺産を取得した相続人が、相続した財産の評価額に応じて負担する税金です。これを計算するのは単純ではありません。 まずは法定相続分の割合どおりに相続したとして相続税総額を計算し、そののちに各相続人の相続税額を決定していく、という2段階のステップを踏みます。この計算方法はかなり複雑なので、実...

「延納」で相続税を分割して払える!|期間・要件を解説

大切な家族の方が亡くなると、相続が発生します。亡くなった方(被相続人という)の遺した財産によっては相続税を払わなければならないケースも起きてきます。もし、相続税を払わなければならないにもかかわらず、それが困難な時はどうすればいいのでしょうか? 一般的に相続税は現金による「一括払い」が原則となって...

家屋(建物)の相続税評価額と計算方法|相続税対策も解説

不動産を相続した場合、その相続税評価額は土地と家屋(建物)それぞれに分けて算出することになっています。ここでは家屋(建物)の相続税評価額とその計算方法について解説していきます。 家屋(建物)と一口にいっても、そこにはいくつかのケースがあります。たとえば、最も多いのが亡くなった方(被相続人という)...

相続税の最高税率は55%|相続税の計算方法も解説

家族が亡くなった時、その遺産(亡くなった人が残した財産)を相続することで相続税がかかる場合があります。その相続税の税率ですが、平成27(2015)年の税制改正によって最高税率が55%へと引き上げられました。とはいっても、一律で55%の税率をかけられるということではないのでご安心ください。相続税の税率は一定...

相続税の申告先・納税地|納税地の判断基準を解説

大切な家族の方が亡くなると、その方の残した財産を受け取ることで相続税を納めなければならないことがあります。この相続税ですが、納付先は税務署ということになっています。ただし、どこの税務署でもいいわけではなく、亡くなった方(被相続人という)が生前に暮らしていた「生活の本拠」を管轄している税務署という...