相続の知識(遺言)

遺言

秘密証書遺言のメリットは弱まった?他の遺言方法と徹底比較

遺言を作成しようとしている方の中には、秘密証書遺言にしようか迷っている方もおられるのではないでしょうか。遺言はご自身とご家族に合った方法を選ぶことが重要です。この記事では、秘密証書遺言の概要から手続き方法、メリット・デメリット、作成のポイント・注意点まで紹介しているので参考にしてください。 秘密...

遺言書で効力を持つ事柄は?効力を失うケースや有効期間についても解説

遺言書を作成しておけば、法定相続分と異なる割合で財産を与えたり、法定相続人以外の人物が特定の財産を受け継げるよう指定したりすることも可能です。しかし、作成した遺言書の内容が法的に有効なのか、またいつまで有効なのかなど、疑問が多いことでしょう。本記事では、遺言書の有効期限や種類、作成時に覚えておき...

公正証書遺言の証人は誰に依頼できる?条件や該当者がいない場合の解決策についても解説

もし自分が亡くなった後、大切な家族が遺産について揉めてしまうとしたら悲しいものです。遺言を作成しておくことは、そのような事態を避ける助けになるでしょう。 なかでも、公正証書遺言は無効になるケースが少ない形式の遺言として知られています。作成を検討する際に知っておくべき、証人の役割や条件、作成の流れ...

遺言書の検認が必要なケースは?検認手続きの流れや期限、注意点を解説

親族が亡くなった際の遺言書が自筆証書遺言だった場合、家庭裁判所による検認という手続きを経なければなりません。 ここでは検認について、どのようなケースで必要なのか、手続きを行なわなければどういった問題が生じるのかを見た上で、手続きの流れや必要書類、費用など、必要な情報を詳しく解説します。 遺言書の...

遺言書の作成費用の相場は?自筆証書遺言と公正証書遺言を分けて解説

遺言書を作成しようと考えたとき、費用がどのぐらいかかるのかを事前に知りたいと思う方もおられることでしょう。遺言書には、大きく分けて「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」があります。 本記事では、それぞれの違いを明確にしつつ、作成するために発生する費用について内訳ごとに解説します。 遺言書 作成費用の...

遺言執行者とは?誰がなれるのか、任務の内容や選任が必要なケースを解説

遺言執行者は「いごんしっこうしゃ」と読み、遺言を実行する人のことです。未成年者と破産者以外の誰でもなることができ、遺言者の代理人として働きます。必ずしも選任する必要はありませんが、「相続人廃除」や「認知」についての記載がある場合には、遺言執行者が必要です。ここでは遺言執行者について詳しく解説をし...

遺言書の書き方を種類別に押さえよう!自筆証書の注意点も解説

遺言を作成するというと、なんだか縁起でもないものを用意していると感じるかもしれません。これは「遺書」と「遺言」を混同しているから起こる勘違いです。死期が迫った人が自分の死後に残される家族や友人、知人などの親しい人に向けて、自分の気持ちを伝える遺書と違い、遺言は自分の死後に、認知や相続人の廃除、相...

遺言信託は相続トラブル防止に効果的?メリット・デメリットも

遺言信託は、遺言書の保管から執行までを専門家が引き受けるものです。各信託銀行が専門的な知識によって「遺言信託サービス」を提供しており、相続のトラブルに効果的といわれています。 ここでは遺言信託の概要や利用した場合の流れ、メリット・デメリットなどをご紹介します。 遺言信託とは「信託銀行による遺言...

遺言執行者の報酬相場はいくら?報酬額が決まる仕組みを解説!

遺言の内容を遺言者の思ったように実現してくれるのが、遺言執行者です。遺言執行者として相続人に依頼する選択はもちろんあると思いますが、一般の方では心配ということであれば弁護士や税理士、司法書士、信託銀行など専門家に頼む方法も考えられます。 とはいえ、遺言執行者の報酬相場は決まった額があるわけではな...

遺贈寄付とは?3つの種類やメリットを徹底解説!

自分の死後に財産を受け継ぐ人たちの相続税負担については、できれば少なくしたいものです。そんな時、「遺贈寄付」や「贈与」を活用してみるという方法があります。 相続や遺贈によって課せられる相続税を、非課税にしたり、減らすことができる可能性があります。 この記事では、遺贈寄付や贈与の種類、それぞれどん...

自筆証書遺言とは?書き方や無効とならないための要件を5つのステップで解説

遺言書には、「自筆証書遺言」「秘密証書遺言」「公正証書遺言」の3種類があり、それぞれ作成方法や保存方法が異なります。 そのなかで一番シンプルなものが、自分で手書きをして作成する「自筆証書遺言」です。費用もかかりませんし、自分一人で作成できます。ただし、正しい書式で書かないと無効になるので、自分が望...

公正証書遺言とは?メリット・デメリットと作成方法を徹底解説

遺言書は法律に則って正しく作成しないと無効となり、自分が亡くなった時に執行されないということが起こりえます。また、法的に有効な遺言書をつくったとしても、原本をなくしてしまっては遺言は執行されません。 そういった不測の事態を防ぐためにおすすめなのが、「公正証書遺言」です。 この記事では「公正証書遺...

「遺贈(いぞう)」とは?相続との違い、手続きや放棄の仕方を解説

「遺贈」とは、故人の残した遺言に則って、その遺産の一部、あるいはすべてをゆずることを指します。相続との違いは、遺言を残す必要があるということ、そしてゆずる相手は法で定められた相続人でなくてもよいうえに、特定の個人でなくてもよいということです。また、受けとる遺産にかかる税金も大きく異なってきます。 ...

遺言とは?遺言の効力や遺言の基礎知識を解説

「遺言」とは被相続人の最終的な意思を示すもので、相続や相続税対策を考えるときにあったほうがよいものです。遺言を残そうと思っている人はどうすればよいのか、相続人になり遺言書を見つけたらどうすればよいのか、将来の被相続人と相続人の双方にとって必要な基礎知識を確認しておきましょう。 遺言とは? 「遺言...

相続における遺言・遺言書の基礎知識 法定相続分より優先される遺言書の種類と変更・撤回について解説

1.相続に関すること (1)民法の法定相続分と異なる相続分の指定 たとえば、長男には全体の2分の1を、次男と三男には4分の1ずつを相続するなど、柔軟に決めることができます。 (2)具体的な遺産の分割方法の指定 Aの土地は長男へ、Bの土地は次男へというふうに、具体的な遺産の分け方を決めることが...

失敗しない遺言・遺言書を残す方法

失敗しない遺言・遺言書のポイント 1.すべての財産をもれなく記載する 遺言書を書くときの大前提は、すべての財産をもれなく記載することです。 実際に、不動産についてしか記載されていないため、預貯金について分割協議をしなければいけなくなるケースもよくあります。相続財産には普段あまり意識しないものも含...