相続の知識(相続手続き)

相続手続き

相続登記の義務化はいつから始まる? 経緯や過去の相続についても解説

相続登記が義務付けられるものの、その詳しい内容についてなかなか理解できず、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、相続登記の義務化に至った経緯から、法改正後の変更点、手続きを行わない際に起こり得るリスクを解説するとともに、手続きの流れやかかる費用について解説します。 まず相続...

準確定申告とは?申告期限や手順、不要なケースについても解説

大切な家族の方の財産を相続する際、手続きの中で「準確定申告」という言葉を耳にした方も多いかもしれません。「そもそも準確定申告って何?」という方や、準確定申告の方法や必要となる書類が分からないという方など、状況はさまざまでしょう。 この記事では、相続時に必要とされる準確定申告とはどんなものか、必ず...

相続手続きは自分でもできる?手続き内容と自分でやる目安もご紹介

自分で相続手続きをすべて行うには、多大な時間と労力が必要になります。とくに、相続人の数が多かったり、相続財産が多かったりすると、書類を集めるだけでも煩雑となり、自分ですべて行うのは非常に難しくなります。 そのため、自力で相続手続きを行うには「①時間に余裕がある」「②遺産が預貯金のみ」「③相続人が少な...

相続手続き費用の相場はいくら? 不動産の相続も含めて相場をわかりやすく解説!

遺産相続にはさまざまな手続きが必要となりますが、その手続きにも時間と費用が必要になってきます。この項目では、4種類の財産に着目し、相続手続きの費用の相場、必要書類取得の費用などを解説します。また、相続手続きの代行を依頼できる専門家についても紹介したいと思います。 遺産相続の手続き費用は、財産の種...

中高齢寡婦加算とは?要件や金額、もらえないケースなどをわかりやすく解説

中高齢寡婦加算は「ちゅうこうれい かふ かさん」と読みます。遺族厚生年金の加算給付制度の一つで、夫を亡くした妻(寡婦)が、老齢基礎年金をもらえるようになるまでの間、遺族厚生年金に上乗せして受け取れるものです。遺族基礎年金をもらっている人はもらえないので、子どもがいるかいないかで、もらえるタイミング...

相続に必要な書類 | 金融機関手続き・相続登記・相続税申告の3種類に分けて解説!

遺産相続には、銀行口座や不動産の名義変更などのほか、相続した金額によっては相続税の申告も必要となってきます。どの手続きもいくつかの必要書類をそろえなければなりません。この記事では、相続に必要な書類を「金融機関手続き」「相続登記」「相続税の申告」の3種類に分けて、必要な書類を解説します。 相続には...

死亡証明書(死亡届の写し)の取得方法や期限について解説

死亡証明書(死亡届の記載事項証明書)は、市区役所、町村役場へ死亡届を提出したことを証明する書類です。相続人が亡くなった方(被相続人という)の遺族年金などを請求する際に必要となります。この項目では、どんな目的で、いつ取得するのか、またどのように取得するのか詳しく解説します。 「死亡証明書」とは? ...

遺族厚生年金はいつまで受け取れる?受給資格や金額の計算についても解説

被保険者が亡くなった時に遺族に支給される「遺族年金(いぞくねんきん)」には、「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」の2種類があります。「遺族厚生年金」は、会社員や公務員として厚生年金保険に加入している被保険者が死亡した際に遺族に支給される年金です。この項目では、遺族厚生年金の仕組み、受給できる年金額...

原戸籍とは?原戸籍謄本と戸籍謄本との違いや取得方法についても徹底解説!

原戸籍(はらこせき、げんこせき)とは、平成6(1994)年の制度改正以前につくられた、いわば古いバージョンの戸籍で、その正式名称は「改製原戸籍(かいせいげんこせき)」です。 現在の戸籍と異なり、改製される前に除籍した人や認知した子、養子縁組、離婚などに関する事項が含まれており、相続手続きではかならず必...

「遺族年金」とは? 金額はいくら?受給の条件やいつまでもらえるかも解説

国民年金や厚生年金の被保険者が亡くなった時に遺族に支給される遺族年金(いぞくねんきん)。この遺族年金には、もともと加入していた年金によって「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」の2種類があり、受給要件や期間が異なります。この記事ではそれぞれの遺族年金について詳しく見ていきましょう。 遺族年金とは? ...

【保存版】相続手続きの代行は誰に頼む? 注意点や代行サービスの選び方5選をご紹介!

相続手続きは想像以上に大変です。亡くなった方(被相続人)が所有していた不動産や銀行口座の名義変更など、やらなければいけない手続きは多種多様。仕事が忙しく、時間がないなかで手続きを進めなければいけない人もいるでしょう。そんな時の強い味方が各手続きの代行サービス。この項目では、弁護士や税理士、行政書...

相続財産・遺産分割財産(不動産・預貯金・株式など)の名義変更

1.不動産の名義変更 1.基本的には、司法書士に頼みます。 ご自分で手続きをされたい方は、物件所在地を管轄している法務局へ 2.必要資料 不動産の固定資産税評価証明書のほかに下記5の資料が必要となります。 3.司法書士に依頼する時のコツ 司法書士の費用は、権利書の数によって変わります。 売却する予定の...

【表で解説】相続人と法定相続分(独身の場合や親・兄弟の相続分)まとめ

遺産相続の手続において、相続人と相続分の考え方について教えて下さい 遺産相続の手続を進めていく上で、民法上も、税法においても大変重要なことは、相続人を特定し、各々の相続分を確定させることです。 ここを間違えてしまうと、遺産分割協議も相続税の計算も、すべてその前提が違って来てしまうことになるので、...

故人の確定申告(準確定申告)

故人の所得税の準確定申告について教えて下さい 故人に次のような事情がある場合には、相続人は相続の開始日から4ヵ月以内に準確定申告書を税務署に提出し、所得税を納付しなければなりません。 生前に個人事業を営んでいた 生前に不動産を賃貸していた 生前に不動産の譲渡所得がある 会社の役員または従業員...

【図解】遺産相続・相続税の申告期限は?発生後の手順とスケジュールをまとめました

相続発生後の手順とその期限について教えて下さい 相続が発生するとまず行われるのは、通夜や葬儀ですが、これらが終わって一段落すると具体的な法律上の手続きや判断を行う事柄が発生してきます。 下記の図で示すように様々な手順が民法や相続税法などに定められており、その中でも期限内に定められた手続を行わない...

被相続人の社会保険(健康保険・年金)の手続き、扶養を受けていた場合などについて解説

被相続人が加入していた社会保険の相続開始後の手続きについて教えて下さい 相続開始後、忘れてならないのは医療保険と年金の手続きです。以下にケース別の手続きをまとめましたので参考にして下さい。 健康保険 必要な手続 窓口 期限 ...

預貯金口座の扱い

相続開始後の預貯金口座の扱いについて教えて下さい 相続開始後、遺産分割協議が整うまでの間、原則として遺産は相続人全員の共有となります。すなわち相続人といえども単独では手をつけられません。 この取扱いは、不動産や有価証券はもとより、預貯金も同じで、金融機関は本人の死亡を知ったときから保全のために預...