相続の知識(相続税)

相続税

役員の死亡退職金とは?税金や規定がない場合についても解説

取締役・監査役などの役員が死亡した場合に遺族に支給される死亡退職金には、受け取る時期により「みなし相続税」や「所得税」が課税されます。本記事では、役員退職金と通常の退職金との違いや金額の目安、課される税金の種類、役員退職金の規定がない場合のポイントについて解説します。 役員の退職金とは 役員退...

相続税の2割加算とは|対象者・計算方法を解説

相続税には、相続人によって納税金額が2割加算されるという制度があります。相続税は現金での一括納付が原則ですので、2割増しとなると、さらに多くの現金を用意しなければなりません。さらにその2割加算を知らずに申告してしまったとすれば、加算税・延滞税などのペナルティが課される場合もあります。まずは2割加算と...

相続税・自社株対策とは

1.自社株の株価対策の必要性は? 自社株は高額な評価額になり売却できないからです。 自社株対策を怠ると自社株に対して多額の相続税がかかってきてしまうからです。 オーナー社長が死亡すると、自社株が相続財産になります。自社株は取引相場のない株式として評価され、資産のある会社や業績のいい会社の株式は...

相続税対策とは

相続税対策とは、節税(財産評価)対策・もめない(分割)対策・財源(納税)対策の3つです。 1.相続税節税の考え方は2通り 相続税の節税の考え方は、大きく分けると2通りになります。1つは「贈与」、もう1つは「財産評価を下げる方法」です。 110万円を超えて贈与をすると贈与税がかかります。 しかし、贈...