相続の知識(贈与)

贈与

事業承継税制とは?要件や特例措置と一般措置の違いを解説

※令和6年度税制改正大綱によって、特例承継計画の提出期限が2024年3月31日→2026年3月31日までへと延長されることが決定されました。【特例措置と一般措置の比較】の章にも追記・修正を加えました。(更新日:2024年1月5日) 中小企業にとって事業承継には、税金面など悩ましい問題があります。この記事では、贈与税や...

死因贈与とは?立場別のメリット・デメリットや遺贈との違いを解説

自身が亡くなった後に財産をどのように相続させるかは重要な問題です。相続財産は基本的に法定相続人、つまりお子様や親御様などのご家族へ受け継がれます。しかし、法定相続人以外の方にも場合によっては財産を渡すことが可能です。その方法の1つが「死因贈与」です。 本記事では、死因贈与の概要から、よく比較されが...

土地は生前贈与すべき?税金シミュレーションや相続と比較したメリット・デメリット

土地の生前贈与には、さまざまな利点がある一方で、節税対策として相続よりも損になるケースもあります。本記事では土地の生前贈与のメリット・デメリットから、名義変更方法、税金の計算方法などまで解説します。また生前贈与時に活用可能な免税制度も紹介するので、生前贈与か相続かの選択に悩んでいたら、ぜひ参考に...

受贈者とは?贈与の種類や受遺者との違いをわかりやすく解説

贈与を受ける際に、どのような税金が発生するのか知りたい方も少なくないでしょう。受贈者と受遺者とでは、かかる税金の種類をはじめ、さまざまな部分が異なるため注意が必要です。本記事では、受贈者と受遺者の概要や双方における違いなどについて解説します。贈与を受ける予定があるのなら、ぜひ参考にしてください。 ...

相続時精算課税制度とは?制度の内容やメリットをわかりやすく解説

※令和5年度税制改正大綱によって、2024年1月1日以降の贈与より、相続時精算課税制度を選択した場合における基礎控除110万円の創設など、制度内容の見直しが決定されました。詳しくは【2023年最新情報】の章をご覧ください。(更新日:2022年12月19日) 生前にできる相続税対策の1つとして「相続時精算課税制度」があり...

遺贈でかかる相続税は高い?遺贈の場合の計算方法や相続との違いを解説

「相続」と似た概念に「遺贈」という制度があります。これらを同じものだと誤解している人がいますが、実は明確に違う制度です。相続では許されることが遺贈ではできなかったり、逆に遺贈では許されているのに相続では許されていなかったりすることもあります。少し難しいですが、しっかり学んでいざという時に困らない...

贈与税がかかるのはいくらから? 贈与税の計算方法や非課税になる特例を紹介!

親から子へ、祖父母から孫へと生前に財産を少しずつでも渡すことは珍しくありません。血縁関係のあるなしにかかわらず、個人が個人へと無償で財産を与えることを「贈与」といいます。そしてその贈与額によっては、受けとった側が「贈与税」を支払わなければならなくなります。 となると、気になってくるのは「いくらも...