相続の知識(建築)

建築

定期借地権付きマンションとは?所有権付きとの違いや特徴、メリットを解説

マンションを購入したり、両親から相続したりした際、その物件が「定期借地権付きマンション」だったという経験がある方もいると思います。通常のマンションとは異なる特徴をもつ定期借地権付きマンションは、所有をはじめ、特に売買をする際には知っておいたほうがよい点が多々あります。 この記事では、定期借地権付...

市街化区域とは?基本の知識と市街化調整区域との違いも解説

土地を相続する際、市街化区域なのか否かによって評価額や税金の有無などが変わってきます。 ここでは市街化区域の概要やメリット、市街化調整区域との違いについて解説します。 市街化区域とは? そもそも、「市街化区域」とはどのような場所を指すのでしょうか。市街化区域は、おおむね10年以内に市街化を優先的に...

雑種地評価の方法とは?ケース別に詳しく解説

雑種地とは特定の用途が定まっていない土地のことです。相続時の土地の評価には非常に難しい判断と計算が必要になります。現況の土地の使われ方によって相続税評価額が変わってくるため、この記事ではケースごとに分けて詳しく見ていきます。 雑種地とは 「雑種地」とは、田畑や宅地など、定められた地目のいずれにも...

複利年金現価率とは?定期借地権の例から分かりやすく解説

「複利」とは、利子にも利子がつくことですが、複利年金現価率は現金などを複利で一定期間運用していった場合、最終的な総額の現在価値を求めるための係数です。 投資の世界などでは利益の計算にたまに使われる係数ですが、相続の計算ではたびたび登場します。たとえば、もし被相続人(亡くなった人)が誰かに土地を貸...

雑種地を相続する場合の評価方法や基礎知識・注意点を解説

「雑種地」とは特定の用途が定まっていない土地のこと。雑種地を相続するとなると、どのように評価すればいいのでしょうか。また、宅地との違いはどこにあるのでしょう。今回は、「雑種地」の評価方法や注意点について、相続に焦点を当てて解説していきます。 雑種地とは? 土地の地目(利用用途)は不動産登記規則99...

借地権とは?借地権の種別と注意点について解説

借地権とは、建物を建てるために地代を払って他人から土地を借りる権利のことです。一般的には家を購入しようとすると土地も購入することになりますが、販売されている家のなかには借地権付きという説明がされている場合があります。これは、建物は自分のものになるものの、土地自体は地主から借りているという形式の契...

旗竿地ってどんな土地?相続税の評価額・節税対策との関係性についても解説します

旗竿地とは「はたざおち」と読み、下の図のように道路と接する間口部分から伸びる路地状の土地と、その路地を抜けた先にもある程度の広さの敷地がある土地のことです。見た目がまるで竿に取り付けた旗のような形になっていることから、このように呼びます。 旗竿地の相続や遺贈または贈与を受けたときや検討し...

アパートを建てると相続税の節税になるとは?土地の評価額・建物の評価額が低くなるので相続税対策に使えます

アパートを建てると節税になるとは? 自己資金又は借金をしてアパートを建てれば、相続の際に土地の評価額も低くなり建物の価額も自用家屋より低くなるので基本的には相続税は安くなります。 3つのメリット 1.土地の評価が更地に比べて低くなります。 地域によりますが、更地の約8割の評価になります。貸家建...