小規模宅地 による検索結果61

相続税対策に不動産が使えるのはなぜ?節税方法や注意点

相続税対策には不動産の活用が効果的です。その理由には、相続税を計算する際の評価額の違いなどがあります。この記事では、現金の相続と不動産の相続とでは何が違うのか、不動産相続時の相続税評価額から適用できる特例から、不動産を活用した節税方法、注意点まで解説します。 相続税対策に不動産が使えるのはなぜ?...

駐車場の相続税評価額を算出するには?計算方法や特例を解説

駐車場の相続税評価は、駐車場の土地の状態や、賃貸といった利用状況などによって異なります。 本記事では、駐車場の状況に応じた相続税評価の違いや、評価額を下げる駐車場の利用方法、注意点を解説します。駐車場の相続税評価を下げる方法を確認したい場合の参考にしてみてください。 駐車場はどうやって相続税評価...

実家を相続するときの活用方法とは?税金や手続きも解説

実家を相続することになった場合、必要な手続きや支払うべき税金などを知り、対処する必要があります。家は大きな相続財産であるため、ポイントを押さえて有効活用したいところです。こちらの記事では、相続する際の実家の活用方法をはじめ、相続に関する手続きや税金についてご紹介します。 実家を相続する場合の活用...

遺産分割協議書の提出先はどこ?自分での作成や提出しないケースを解説

相続が発生し、預金や不動産などの遺産を相続人同士で協議して分割する場合には、遺産分割協議書を作成します。この記事では、遺産分割協議書とは何か、提出先や用途、遺産分割協議書を作成・提出する必要のない具体的なケースなどを解説します。 遺産分割協議書とは? 遺産分割協議書とは、相続人全員で行う遺産...

土地の無償返還に関する届出とは?借地権との関係やメリットなどを解説

土地の無償返還に関する届出とは、法人と個人、または法人同士の土地の賃貸借契約において、権利金の認定課税を避けることが可能になる手続きです。届出を行うことで、貸主・借主の双方にさまざまなメリットが得られます。本記事では、無償返還に関する届出の概要や届出を行うメリット、届出の際に知っておくべきポイン...

相続税申告を自分で行うか検討中の方へ | 手続きの流れや判断基準、注意点などを解説

相続税が発生することを知って申告手続きを行う際、自分で手続きを行いたいと考える方も少なくありません。この記事では自分で相続税の申告手続きをする際に知っておきたい、基本的な手続き方法や必要書類、注意点などを解説します。 相続税とは 相続税は、一定額以上の財産を相続したときに納めなくてはならない...

土地は生前贈与すべき?税金シミュレーションや相続と比較したメリット・デメリット

土地の生前贈与には、さまざまな利点がある一方で、節税対策として相続よりも損になるケースもあります。本記事では土地の生前贈与のメリット・デメリットから、名義変更方法、税金の計算方法などまで解説します。また生前贈与時に活用可能な免税制度も紹介するので、生前贈与か相続かの選択に悩んでいたら、ぜひ参考に...

内縁の妻には遺産の相続権がない?今からできる対策とは

現行法では、内縁の妻は多くの場面において法律上の妻に準ずる存在として扱われます。しかし夫の死後、相続の場面においては注意が必要です。場合によっては遺産を相続できず、妻が路頭に迷う可能性もあります。 そうならないためにも、自身が健在な頃から相続に関する知識を付け、大切な存在である内縁の妻に財産を残...

親の土地に家を建てる際の注意点や相続、税金について解説

親の土地に家を建てる際には相続の問題が絡むので、後々トラブルとならないよう、十分に配慮しなければなりません。この記事では、親の土地に家を建てることでどのようなメリットやデメリットがもたらされるのかを示し、親の土地に家を建てる場合の注意点や課税についても解説します。 親の土地に家を建てるメリット ...

借家権割合とは?貸家が相続税対策に有効な理由や計算方法を解説

賃貸アパートなどを相続する場合、ポイントになるのが借家権割合です。賃貸物件には借家権割合があるため、更地などに比べて評価額を下げることができ、相続税対策につながります。この記事では、借家権割合の概要と、相続税評価額の計算方法、賃貸物件で相続税対策を行う場合の注意点について解説します。 借家権割合...

遺産分割協議書はどんな時に必要か|不要なケースから解説

遺産分割協議書は遺産を相続する際に作成する書類ですが、すべての相続で必要なわけではありません。この記事では、遺産分割協議書が必要なケースと不要なケースを、事例を交えてご紹介します。必要な場合の作成方法についても解説しますので、ご自身のケースがどちらに当てはまるのかを判断する際の参考にしてください...

相続税で使える主な特例・控除とは?一覧でまとめて解説

この記事では相続税の特例や控除制度についてご説明します。相続税には、一般的に知られている基礎控除の他にも小規模宅地等の特例などさまざまな制度があり、税負担を軽くできる場合があります。ご自身のケースでどの制度を利用できるのか、この記事を参考にしてみてください。 相続税で利用できる主な控除6つ 相続...

同居で相続税が軽減される!小規模宅地等の特例が使える同居要件とは

相続が始まって、遺産として引き継いだ土地の評価額が高額になると、それに応じた多額の相続税を納税しなければいけません。相続人が故人と同居していた場合、土地の評価額を大きく減額できる特例制度があります。 今回は、故人と同居していた際に利用できる「小規模宅地等の特例」について、適用されるのはどのような...

相続税は無申告だとどうなる?ばれる仕組みやペナルティについて解説

この記事では、相続税が無申告だった場合に発生するペナルティの内容や申告が必要となる基準について解説します。 相続税を無申告のまま放置していると、税務調査によっていずれ発覚してしまいます。多額の加算税や延滞税を課される場合があるため、この記事で紹介する情報をもとに適切に納税しましょう。 相続税...

相続税の納税義務者に該当するかチェック!納税義務の対象者や種類をわかりやすく解説

亡くなった人の財産を相続した際に発生するのが相続税です。相続税を納税する義務がある人のことを相続税の納税義務者といいます。納税義務者となるかどうかは、さまざまな条件をもとにして定められています。 この記事では、どのようなケースで相続税の納税義務者に該当するかを詳しく解説します。 相続税の納税義務...

マンションの相続税はいくら必要?評価額の計算方法や節税のコツを紹介

配偶者や親が所有していたマンションを相続することになった、または今後相続する予定の人は多くいらっしゃるでしょう。今回は、マンションを相続する際にかかる税金について、計算方法や必要な手続きをご紹介します。節税に効果的な控除についても解説しますので、マンション相続について理解を深め、相続手続きをスム...

なぜ二次相続は重要?一次相続との違いや税額シミュレーションについても解説

※令和5年度税制改正大綱によって、2024年1月1日以降の贈与より、相続開始前の贈与が相続財産へ加算される期間が死亡3年前から7年前へと延長されることが決定されました。【二次相続対策の方法6選-生前贈与を行う】の記載をご覧ください。(更新日:2022年12月19日) 二次相続の対策をしたいけれど、どんなことに気...

家なき子特例とは | 非同居でも使える相続税対策の要件と改正のポイント

相続税の節税が可能な「小規模宅地等の特例」は、同居している親族のみが使えると思われがちですが、要件を満たすことで同居していない親族でも適用できます。 これがいわゆる「家なき子特例」なのですが、制度の内容、満たすべき条件、適用可能なケース、申請の流れまで詳細に確認していきましょう。 小規模宅地の「...

親子共有名義で家を購入、片方が死亡すると相続税はどうなるか

さまざまな事情で、不動産を親子の共同名義で購入するケースがあります。注意点を踏まえれば、メリットもある方法ですが、親が他界した際の相続税など不明な点も多いことでしょう。そこで、不動産を親子の共同名義で購入した方に向けて、贈与や相続税などについて詳しく解説していきます。 親子共有名義の不動産を持つ...

相続時精算課税制度とは?制度の内容やメリットをわかりやすく解説

※令和5年度税制改正大綱によって、2024年1月1日以降の贈与より、相続時精算課税制度を選択した場合における基礎控除110万円の創設など、制度内容の見直しが決定されました。詳しくは【2023年最新情報】の章をご覧ください。(更新日:2022年12月19日) 生前にできる相続税対策の1つとして「相続時精算課税制度」があり...