相続税申告 実績日本一 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

これからの相続を考えられている方

遺言書作成

相続が発生した時に遺言書がない場合には相続人間で遺産分割をする必要があります。相続人間で話し合いがつかないと税金面や事業などの経営面でマイナスになる心配があります。 こんな時は、遺言書を遺すことをおすすめします。

  • 親族間でもめないように遺言書を遺しておきたい。
  • 家業を特定の者に継いでもらいたい。
  • 面倒をみてくれたあの方に財産を遺贈したい。
  • 相続人でない親族に財産を遺贈したい。
  • 子供がいない夫婦なので将来の相続が心配。
  • お手伝いの流れ<公正証書遺言を作成するまで>
  • お客様から遺言内容のヒアリング
  • 所有財産にかかる相続税の計算
  • 相続税の納税、節税の観点からアドバイス
  • いくつかの遺言書案を作成
  • 公証人へ文案作成の取次

PAGE TOP