土地評価 による検索結果35

相続税の基礎控除はいつ改正された?改正の歴史や背景を解説!

平成27年1月から相続税の基礎控除は引き下げられ、課税対象の範囲が広がりました。これをきっかけに、課税件数は前年度の倍近くにまで増加し、それ以降の相続税収は右肩上がりです。 本記事では、主に相続税の基礎控除改正の推移や算出方法を解説しています。相続税の減額につながる、その他の控除や節税方法も併せて理...

土地評価の倍率方式とは?該当する地域や計算方法をわかりやすく解説

相続対象となる遺産の中に土地が含まれるケースは多々ありますが、土地は現金と異なり現在いくらの価値を持っているのかが一目ではわかりません。そこで土地が相続の観点でいくらの価値をもつのかという算出方法が重要になります。この記事では、土地の相続税評価額を算出する方法のうち、主に倍率方式に焦点を当てて解...

借家権割合とは?貸家が相続税対策に有効な理由や計算方法を解説

賃貸アパートなどを相続する場合、ポイントになるのが借家権割合です。賃貸物件には借家権割合があるため、更地などに比べて評価額を下げることができ、相続税対策につながります。この記事では、借家権割合の概要と、相続税評価額の計算方法、賃貸物件で相続税対策を行う場合の注意点について解説します。 借家権割合...

共同相続人とは?共同相続のデメリットや遺産の分割方法についても解説

相続人が複数いる場合に、遺産を共有で相続することを共同相続といいます。この記事では、共同相続人がいることで発生するデメリットや、共同で相続しないようにする方法について解説します。遺産相続をスムーズに行うためにも、ぜひ最後までお読みください。 共同相続人とは 相続が始まって、手続きについて調べてい...

相続税で使える主な特例・控除とは?一覧でまとめて解説

この記事では相続税の特例や控除制度についてご説明します。相続税には、一般的に知られている基礎控除の他にも小規模宅地等の特例などさまざまな制度があり、税負担を軽くできる場合があります。ご自身のケースでどの制度を利用できるのか、この記事を参考にしてみてください。 相続税で利用できる主な控除6つ 相続...

同居で相続税が軽減される!小規模宅地等の特例が使える同居要件とは

相続が始まって、遺産として引き継いだ土地の評価額が高額になると、それに応じた多額の相続税を納税しなければいけません。相続人が故人と同居していた場合、土地の評価額を大きく減額できる特例制度があります。 今回は、故人と同居していた際に利用できる「小規模宅地等の特例」について、適用されるのはどのような...

相続税は無申告だとどうなる?ばれる仕組みやペナルティについて解説

この記事では、相続税が無申告だった場合に発生するペナルティの内容や申告が必要となる基準について解説します。 相続税を無申告のまま放置していると、税務調査によっていずれ発覚してしまいます。多額の加算税や延滞税を課される場合があるため、この記事で紹介する情報をもとに適切に納税しましょう。 相続税...

相続税の寄付金控除とは?相続財産を寄付するメリットと手続きの流れ

相続税の負担を抑えるために、寄付金控除を利用する方が増えているようです。本記事では、相続税における寄付金控除の概要や適用条件、手続きの流れを解説します。寄付金控除を活用する際に押さえておきたい注意点や、具体的な計算例も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。 相続税を減額できる「寄付金控除」と...

「財産評価基本通達」とは?相続税申告における財産評価の基礎知識

親族が亡くなると、相続税の申告手続きが必要かどうかを判断しなければなりません。相続税の計算を行う際に、評価の基準となるのが「財産評価基本通達」です。専門的な用語なので、「少し取っ付きにくいな」と感じられる方が多いと思います。 この記事では、自分で相続税申告の手続きを行う際に、身に付けておきたい財...

戒名にかかる料金の相場はいくら?戒名の構造や位、注意点を解説

戒名は、人が亡くなり葬儀をあげる際に、お寺で授けてもらう死後の名称です。戒名は依頼する寺院や、付ける戒名によって必要になってくる料金が異なり、下調べをせず授かってしまうと予想外の金銭トラブルに発展してしまう可能性があります。この記事では、戒名を決めるときに知っておきたい基礎知識や戒名料の相場につ...

公正証書遺言の証人は誰に依頼できる?条件や該当者がいない場合の解決策についても解説

もし自分が亡くなった後、大切な家族が遺産について揉めてしまうとしたら悲しいものです。遺言を作成しておくことは、そのような事態を避ける助けになるでしょう。 なかでも、公正証書遺言は無効になるケースが少ない形式の遺言として知られています。作成を検討する際に知っておくべき、証人の役割や条件、作成の流れ...

家なき子特例とは | 非同居でも使える相続税対策の要件と改正のポイント

相続税の節税が可能な「小規模宅地等の特例」は、同居している親族のみが使えると思われがちですが、要件を満たすことで同居していない親族でも適用できます。 これがいわゆる「家なき子特例」なのですが、制度の内容、満たすべき条件、適用可能なケース、申請の流れまで詳細に確認していきましょう。 小規模宅地の「...

相続登記の義務化はいつから始まる? 経緯や過去の相続についても解説

相続登記が義務付けられるものの、その詳しい内容についてなかなか理解できず、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、相続登記の義務化に至った経緯から、法改正後の変更点、手続きを行わない際に起こり得るリスクを解説するとともに、手続きの流れやかかる費用について解説します。 まず相続...

タックスヘイブンとは? 海外への資産移転で相続税・贈与税を軽減する方法

タックスヘイブン(Tax Haven)という言葉を聞いたことがある方もいるでしょう。収入や財産が多い方は日本では税金の負担がかなり大きくなるため、税金の安いタックスヘイブンと呼ばれる地域に会社を設立したり、資産移転したりすることで、節税できます。 今回は、タックスヘイブンの仕組みや利用方法、注意点等につい...

投資信託の相続税評価とは? 評価方法別の計算式や注意点を解説

近年はネット取引などで資産運用が身近になったこともあり、個人でも投資信託などの投資を扱う方が増えています。そうした金融資産について、遺産分割の際にどのように扱うべきかお悩みの方は多いと思われます。そこで、相続税法においての投資信託の評価額の算定方法と、実際に相続を行う際に注意したい点について解説...

お布施の書き方とは?マナーや注意点、相場費用も解説

お布施は、葬儀や法事の際に、僧侶へ供養の感謝を伝えるために渡す金銭のことです。ここからは実際にお布施を渡す際に知っておきたい情報を解説します。お布施の書き方やお布施をする際の注意点、お布施の相場費用など、お布施に関するマナーを心得ておきましょう。 お布施の書き方について ここでは、お布施の書き方...

相続税の還付とは?払いすぎる理由や事例、手続きなどを解説

納めた相続税の金額に納得がいかず、もう一度見直したいと悩んでいませんか。特に悩んでないという人は実は相続税を払いすぎていることに気づいていないだけかもしれません。たとえ相続税を払いすぎたとしても、税務署から通知が来ることはありません。相続税の還付が適応となるケースにあてはまれば、必要な手続きによ...

市街化区域とは?基本の知識と市街化調整区域との違いも解説

土地を相続する際、市街化区域なのか否かによって評価額や税金の有無などが変わってきます。 ここでは市街化区域の概要やメリット、市街化調整区域との違いについて解説します。 市街化区域とは? そもそも、「市街化区域」とはどのような場所を指すのでしょうか。市街化区域は、おおむね10年以内に市街化を優先的に...

定期借地権付きマンションとは?所有権付きとの違いや特徴、メリットを解説

マンションを購入したり、両親から相続したりした際、その物件が「定期借地権付きマンション」だったという経験がある方もいると思います。通常のマンションとは異なる特徴をもつ定期借地権付きマンションは、所有をはじめ、特に売買をする際には知っておいたほうがよい点が多々あります。 この記事では、定期借地権付...

雑種地評価の方法とは?ケース別に詳しく解説

雑種地とは特定の用途が定まっていない土地のことです。相続時の土地の評価には非常に難しい判断と計算が必要になります。現況の土地の使われ方によって相続税評価額が変わってくるため、この記事ではケースごとに分けて詳しく見ていきます。 雑種地とは 「雑種地」とは、田畑や宅地など、定められた地目のいずれにも...

雑種地を相続する場合の評価方法や基礎知識・注意点を解説

「雑種地」とは特定の用途が定まっていない土地のこと。雑種地を相続するとなると、どのように評価すればいいのでしょうか。また、宅地との違いはどこにあるのでしょう。今回は、「雑種地」の評価方法や注意点について、相続に焦点を当てて解説していきます。 雑種地とは? 土地の地目(利用用途)は不動産登記規則99...

旗竿地ってどんな土地?相続税の評価額・節税対策との関係性についても解説します

旗竿地とは「はたざおち」と読み、下の図のように道路と接する間口部分から伸びる路地状の土地と、その路地を抜けた先にもある程度の広さの敷地がある土地のことです。見た目がまるで竿に取り付けた旗のような形になっていることから、このように呼びます。 旗竿地の相続や遺贈または贈与を受けたときや検討し...

被相続人が地方に住んでいたのですが、対応していただけるでしょうか。

はい、対応可能です。レガシィでは全国に提携している税理士のネットワークが多数あります。弊社のノウハウを活かし、状況に応じて最適な方法で対応いたします。 実際にお手伝いさせていただいたケースでは、北は北海道、南は沖縄までの対応実績があります。地方に不動産をお持ちの方の場合、WEB上で現地を確認したり、...

相続税を節税するには何が一番有効ですか?

生前でのご検討か、それともご相続発生時か、などお客様のご状況により「何が一番有効か」は異なってきます。生前の場合はまず現状分析を、相続発生時の場合は特例等を上手く利用することが重要です。 主な生前対策例としては、「生前贈与」「生命保険への加入」「養子縁組」が挙げられます。例えば、亡くなる前に計画...

相続税の申告は、自分でもできますか?

はい、可能です。実際のところ、相続税申告における税理士の関与割合は約85%※ですので、10人に1~2人は自分で申告しています。ただ注意点もあるので、心配な方は信頼できる専門家にご相談ください。 相続税の申告は、相続の発生した日の翌日から10か月以内と決まっており、被相続人の最後の住所地の税務署に申告書を提...

遺産整理(相続手続き)はどのような点に気をつければ良いのでしょうか?

まずは財産の洗い出しから行うこととなります。時間がかかる手続きが多いので、期限に間に合うよう計画的に実施することが重要です。 遺産整理はまず、被相続人の所有していた財産の洗い出しを行い、その財産の評価額を算定する必要があります。 財産の評価額の算定は、現金・預貯金・株式/公社債などの有価証券は金...

相続税の税率はどれくらい?計算方法や仕組みを解説

相続税の税率は、各相続人にどれくらい税金が発生するのかを計算するときに必ず確認することになります。税率の計算というとややこしそうですが、基本的には国税庁が公開している相続税の速算表から自分のケースを探すだけ。この記事では、この速算表の使い方を説明したいと思います。 相続税の税率とは? 相続税の計...

土地を相続するときにでてくる「相続税の路線価」とは?計算方法や意味など基本の知識を解説

相続税の計算には財産をすべて金額に直す必要があります。そのときに大きな障害となるのが土地の評価です。土地の評価額の計算には大きく二つの方法がありますが、基本は相続税路線価を使うやり方です。路線価は土地の面する道路(路線)ごとに決まっていて、国税庁のホームページで公開しているので、住所からすぐ調べ...

自分は申告が必要?と気になる方へ | 相続税申告の流れや申告書の書き方・注意点などを解説!

亡くなった方(被相続人という)の財産を遺産として相続した場合、相続税の申告が必要な場合があります。いざ遺産を相続しても「自分が相続税申告をする必要があるのか」や、「何をすればいいのかわからない」と思う方も多いのではないでしょうか。 相続税申告に疑問がたくさんある方でもスムーズに手続きができるよう...

【保存版】相続税の土地評価額の調べ方|2種類の評価方法と評価額が下がる条件を解説!

相続税の計算のなかでも最大の関門の一つが土地の評価方法。ここでは基本的な土地の評価方法を説明していきたいと思います。土地評価で重要なのは路線価方式が使えるかどうか、特例が適用できるかどうか。この2点を中心に見ていきましょう。 相続税の土地評価方法は2種類 相続税を計算するためには、財産の価値を調べ...

広大地判定の定義や広大地評価とは?広大地評価の改正による相続税への影響も解説!

相続した土地の評価額が最大で65%減額される「広大地評価」のことをご存じでしょうか? 節税効果の高いこの広大地評価は税制改正によって廃止されたのですが、一定の要件を満たせば令和5(2023)年10月31日まで適用することが可能となっています。 具体的には、平成29(2017)年12月31日までに土地を相続し、相続発生...

安心プランニング

安心プランニング お手伝いの内容 通常は、相続発生後に行う相続税の申告業務のうち、相続発生前に半分の業務(主に土地評価及び税務調査対策)を行うものです。これにより、不安の解消、相続税節税、納税資金の確保が出来ます。 こんな方々に喜ばれています 多く土地をお持ちで、将来の相続税の納税資金に...

2.お手伝いの内容

相続直前の相続税対策 安心プランニング 相続直前の相続税対策(以下「安心プランニング」)とは 通常は、相続発生後に行う相続税の申告業務のうち、相続発生前に半分の業務(主に土地評価及び税務調査対策)を行うものです。これにより、不安の解消、相続税節税、納税資金の確保が出来ます。 こんな方々に喜...

申告サービスの流れ

申告サービスの流れ 相続が発生されましたら、まずはお電話かメールでお問い合わせください。 相続税はいくらかかるのか、手続きは何から始めたらいいのか、いつまでに何を用意すればいいのか等お気軽にご相談ください。 面談は弊社にご来社いただいておりますが、 ご希望がございましたらご自宅にお...

日本最大級の相続実績 レガシィの強み

相続税の納税額が申告を行う税理士によって大きく変わる理由は、ズバリ経験=申告数=ノウハウです!様々なケースに対して他 とは違う土地評価減をはじめとした数多くのノウハウを提供できることです。 累計相続案件実績件数11,000以上は業界No.1。申告課税価格も累計一兆円を超えました。 この数字は...

相続税の基礎控除はいつ改正された?改正の歴史や背景を解説!

平成27年1月から相続税の基礎控除は引き下げられ、課税対象の範囲が広がりました。これをきっかけに、課税件数は前年度の倍近くにまで増加し、それ以降の相続税収は右肩上がりです。 本記事では、主に相続税の基礎控除改正の推移や算出方法を解説しています。相続税の減額につながる、その他の控除や節税方法も併せて理...

土地評価の倍率方式とは?該当する地域や計算方法をわかりやすく解説

相続対象となる遺産の中に土地が含まれるケースは多々ありますが、土地は現金と異なり現在いくらの価値を持っているのかが一目ではわかりません。そこで土地が相続の観点でいくらの価値をもつのかという算出方法が重要になります。この記事では、土地の相続税評価額を算出する方法のうち、主に倍率方式に焦点を当てて解...

借家権割合とは?貸家が相続税対策に有効な理由や計算方法を解説

賃貸アパートなどを相続する場合、ポイントになるのが借家権割合です。賃貸物件には借家権割合があるため、更地などに比べて評価額を下げることができ、相続税対策につながります。この記事では、借家権割合の概要と、相続税評価額の計算方法、賃貸物件で相続税対策を行う場合の注意点について解説します。 借家権割合...

共同相続人とは?共同相続のデメリットや遺産の分割方法についても解説

相続人が複数いる場合に、遺産を共有で相続することを共同相続といいます。この記事では、共同相続人がいることで発生するデメリットや、共同で相続しないようにする方法について解説します。遺産相続をスムーズに行うためにも、ぜひ最後までお読みください。 共同相続人とは 相続が始まって、手続きについて調べてい...

相続税で使える主な特例・控除とは?一覧でまとめて解説

この記事では相続税の特例や控除制度についてご説明します。相続税には、一般的に知られている基礎控除の他にも小規模宅地等の特例などさまざまな制度があり、税負担を軽くできる場合があります。ご自身のケースでどの制度を利用できるのか、この記事を参考にしてみてください。 相続税で利用できる主な控除6つ 相続...

同居で相続税が軽減される!小規模宅地等の特例が使える同居要件とは

相続が始まって、遺産として引き継いだ土地の評価額が高額になると、それに応じた多額の相続税を納税しなければいけません。相続人が故人と同居していた場合、土地の評価額を大きく減額できる特例制度があります。 今回は、故人と同居していた際に利用できる「小規模宅地等の特例」について、適用されるのはどのような...

相続税は無申告だとどうなる?ばれる仕組みやペナルティについて解説

この記事では、相続税が無申告だった場合に発生するペナルティの内容や申告が必要となる基準について解説します。 相続税を無申告のまま放置していると、税務調査によっていずれ発覚してしまいます。多額の加算税や延滞税を課される場合があるため、この記事で紹介する情報をもとに適切に納税しましょう。 相続税...

相続税の寄付金控除とは?相続財産を寄付するメリットと手続きの流れ

相続税の負担を抑えるために、寄付金控除を利用する方が増えているようです。本記事では、相続税における寄付金控除の概要や適用条件、手続きの流れを解説します。寄付金控除を活用する際に押さえておきたい注意点や、具体的な計算例も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。 相続税を減額できる「寄付金控除」と...

「財産評価基本通達」とは?相続税申告における財産評価の基礎知識

親族が亡くなると、相続税の申告手続きが必要かどうかを判断しなければなりません。相続税の計算を行う際に、評価の基準となるのが「財産評価基本通達」です。専門的な用語なので、「少し取っ付きにくいな」と感じられる方が多いと思います。 この記事では、自分で相続税申告の手続きを行う際に、身に付けておきたい財...

戒名にかかる料金の相場はいくら?戒名の構造や位、注意点を解説

戒名は、人が亡くなり葬儀をあげる際に、お寺で授けてもらう死後の名称です。戒名は依頼する寺院や、付ける戒名によって必要になってくる料金が異なり、下調べをせず授かってしまうと予想外の金銭トラブルに発展してしまう可能性があります。この記事では、戒名を決めるときに知っておきたい基礎知識や戒名料の相場につ...

公正証書遺言の証人は誰に依頼できる?条件や該当者がいない場合の解決策についても解説

もし自分が亡くなった後、大切な家族が遺産について揉めてしまうとしたら悲しいものです。遺言を作成しておくことは、そのような事態を避ける助けになるでしょう。 なかでも、公正証書遺言は無効になるケースが少ない形式の遺言として知られています。作成を検討する際に知っておくべき、証人の役割や条件、作成の流れ...

家なき子特例とは | 非同居でも使える相続税対策の要件と改正のポイント

相続税の節税が可能な「小規模宅地等の特例」は、同居している親族のみが使えると思われがちですが、要件を満たすことで同居していない親族でも適用できます。 これがいわゆる「家なき子特例」なのですが、制度の内容、満たすべき条件、適用可能なケース、申請の流れまで詳細に確認していきましょう。 小規模宅地の「...

相続登記の義務化はいつから始まる? 経緯や過去の相続についても解説

相続登記が義務付けられるものの、その詳しい内容についてなかなか理解できず、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、相続登記の義務化に至った経緯から、法改正後の変更点、手続きを行わない際に起こり得るリスクを解説するとともに、手続きの流れやかかる費用について解説します。 まず相続...

タックスヘイブンとは? 海外への資産移転で相続税・贈与税を軽減する方法

タックスヘイブン(Tax Haven)という言葉を聞いたことがある方もいるでしょう。収入や財産が多い方は日本では税金の負担がかなり大きくなるため、税金の安いタックスヘイブンと呼ばれる地域に会社を設立したり、資産移転したりすることで、節税できます。 今回は、タックスヘイブンの仕組みや利用方法、注意点等につい...

投資信託の相続税評価とは? 評価方法別の計算式や注意点を解説

近年はネット取引などで資産運用が身近になったこともあり、個人でも投資信託などの投資を扱う方が増えています。そうした金融資産について、遺産分割の際にどのように扱うべきかお悩みの方は多いと思われます。そこで、相続税法においての投資信託の評価額の算定方法と、実際に相続を行う際に注意したい点について解説...

お布施の書き方とは?マナーや注意点、相場費用も解説

お布施は、葬儀や法事の際に、僧侶へ供養の感謝を伝えるために渡す金銭のことです。ここからは実際にお布施を渡す際に知っておきたい情報を解説します。お布施の書き方やお布施をする際の注意点、お布施の相場費用など、お布施に関するマナーを心得ておきましょう。 お布施の書き方について ここでは、お布施の書き方...

相続税の還付とは?払いすぎる理由や事例、手続きなどを解説

納めた相続税の金額に納得がいかず、もう一度見直したいと悩んでいませんか。特に悩んでないという人は実は相続税を払いすぎていることに気づいていないだけかもしれません。たとえ相続税を払いすぎたとしても、税務署から通知が来ることはありません。相続税の還付が適応となるケースにあてはまれば、必要な手続きによ...

市街化区域とは?基本の知識と市街化調整区域との違いも解説

土地を相続する際、市街化区域なのか否かによって評価額や税金の有無などが変わってきます。 ここでは市街化区域の概要やメリット、市街化調整区域との違いについて解説します。 市街化区域とは? そもそも、「市街化区域」とはどのような場所を指すのでしょうか。市街化区域は、おおむね10年以内に市街化を優先的に...

定期借地権付きマンションとは?所有権付きとの違いや特徴、メリットを解説

マンションを購入したり、両親から相続したりした際、その物件が「定期借地権付きマンション」だったという経験がある方もいると思います。通常のマンションとは異なる特徴をもつ定期借地権付きマンションは、所有をはじめ、特に売買をする際には知っておいたほうがよい点が多々あります。 この記事では、定期借地権付...

雑種地評価の方法とは?ケース別に詳しく解説

雑種地とは特定の用途が定まっていない土地のことです。相続時の土地の評価には非常に難しい判断と計算が必要になります。現況の土地の使われ方によって相続税評価額が変わってくるため、この記事ではケースごとに分けて詳しく見ていきます。 雑種地とは 「雑種地」とは、田畑や宅地など、定められた地目のいずれにも...

雑種地を相続する場合の評価方法や基礎知識・注意点を解説

「雑種地」とは特定の用途が定まっていない土地のこと。雑種地を相続するとなると、どのように評価すればいいのでしょうか。また、宅地との違いはどこにあるのでしょう。今回は、「雑種地」の評価方法や注意点について、相続に焦点を当てて解説していきます。 雑種地とは? 土地の地目(利用用途)は不動産登記規則99...

旗竿地ってどんな土地?相続税の評価額・節税対策との関係性についても解説します

旗竿地とは「はたざおち」と読み、下の図のように道路と接する間口部分から伸びる路地状の土地と、その路地を抜けた先にもある程度の広さの敷地がある土地のことです。見た目がまるで竿に取り付けた旗のような形になっていることから、このように呼びます。 旗竿地の相続や遺贈または贈与を受けたときや検討し...

相続税の税率はどれくらい?計算方法や仕組みを解説

相続税の税率は、各相続人にどれくらい税金が発生するのかを計算するときに必ず確認することになります。税率の計算というとややこしそうですが、基本的には国税庁が公開している相続税の速算表から自分のケースを探すだけ。この記事では、この速算表の使い方を説明したいと思います。 相続税の税率とは? 相続税の計...

土地を相続するときにでてくる「相続税の路線価」とは?計算方法や意味など基本の知識を解説

相続税の計算には財産をすべて金額に直す必要があります。そのときに大きな障害となるのが土地の評価です。土地の評価額の計算には大きく二つの方法がありますが、基本は相続税路線価を使うやり方です。路線価は土地の面する道路(路線)ごとに決まっていて、国税庁のホームページで公開しているので、住所からすぐ調べ...

自分は申告が必要?と気になる方へ | 相続税申告の流れや申告書の書き方・注意点などを解説!

亡くなった方(被相続人という)の財産を遺産として相続した場合、相続税の申告が必要な場合があります。いざ遺産を相続しても「自分が相続税申告をする必要があるのか」や、「何をすればいいのかわからない」と思う方も多いのではないでしょうか。 相続税申告に疑問がたくさんある方でもスムーズに手続きができるよう...

【保存版】相続税の土地評価額の調べ方|2種類の評価方法と評価額が下がる条件を解説!

相続税の計算のなかでも最大の関門の一つが土地の評価方法。ここでは基本的な土地の評価方法を説明していきたいと思います。土地評価で重要なのは路線価方式が使えるかどうか、特例が適用できるかどうか。この2点を中心に見ていきましょう。 相続税の土地評価方法は2種類 相続税を計算するためには、財産の価値を調べ...

広大地判定の定義や広大地評価とは?広大地評価の改正による相続税への影響も解説!

相続した土地の評価額が最大で65%減額される「広大地評価」のことをご存じでしょうか? 節税効果の高いこの広大地評価は税制改正によって廃止されたのですが、一定の要件を満たせば令和5(2023)年10月31日まで適用することが可能となっています。 具体的には、平成29(2017)年12月31日までに土地を相続し、相続発生...

被相続人が地方に住んでいたのですが、対応していただけるでしょうか。

はい、対応可能です。レガシィでは全国に提携している税理士のネットワークが多数あります。弊社のノウハウを活かし、状況に応じて最適な方法で対応いたします。 実際にお手伝いさせていただいたケースでは、北は北海道、南は沖縄までの対応実績があります。地方に不動産をお持ちの方の場合、WEB上で現地を確認したり、...

相続税を節税するには何が一番有効ですか?

生前でのご検討か、それともご相続発生時か、などお客様のご状況により「何が一番有効か」は異なってきます。生前の場合はまず現状分析を、相続発生時の場合は特例等を上手く利用することが重要です。 主な生前対策例としては、「生前贈与」「生命保険への加入」「養子縁組」が挙げられます。例えば、亡くなる前に計画...

相続税の申告は、自分でもできますか?

はい、可能です。実際のところ、相続税申告における税理士の関与割合は約85%※ですので、10人に1~2人は自分で申告しています。ただ注意点もあるので、心配な方は信頼できる専門家にご相談ください。 相続税の申告は、相続の発生した日の翌日から10か月以内と決まっており、被相続人の最後の住所地の税務署に申告書を提...

遺産整理(相続手続き)はどのような点に気をつければ良いのでしょうか?

まずは財産の洗い出しから行うこととなります。時間がかかる手続きが多いので、期限に間に合うよう計画的に実施することが重要です。 遺産整理はまず、被相続人の所有していた財産の洗い出しを行い、その財産の評価額を算定する必要があります。 財産の評価額の算定は、現金・預貯金・株式/公社債などの有価証券は金...

安心プランニング

安心プランニング お手伝いの内容 通常は、相続発生後に行う相続税の申告業務のうち、相続発生前に半分の業務(主に土地評価及び税務調査対策)を行うものです。これにより、不安の解消、相続税節税、納税資金の確保が出来ます。 こんな方々に喜ばれています 多く土地をお持ちで、将来の相続税の納税資金に...

2.お手伝いの内容

相続直前の相続税対策 安心プランニング 相続直前の相続税対策(以下「安心プランニング」)とは 通常は、相続発生後に行う相続税の申告業務のうち、相続発生前に半分の業務(主に土地評価及び税務調査対策)を行うものです。これにより、不安の解消、相続税節税、納税資金の確保が出来ます。 こんな方々に喜...

申告サービスの流れ

申告サービスの流れ 相続が発生されましたら、まずはお電話かメールでお問い合わせください。 相続税はいくらかかるのか、手続きは何から始めたらいいのか、いつまでに何を用意すればいいのか等お気軽にご相談ください。 面談は弊社にご来社いただいておりますが、 ご希望がございましたらご自宅にお...

日本最大級の相続実績 レガシィの強み

相続税の納税額が申告を行う税理士によって大きく変わる理由は、ズバリ経験=申告数=ノウハウです!様々なケースに対して他 とは違う土地評価減をはじめとした数多くのノウハウを提供できることです。 累計相続案件実績件数11,000以上は業界No.1。申告課税価格も累計一兆円を超えました。 この数字は...