相続でお困りの方 無料相談のお申込み

資料請求

CLICK

無料資料請求
はこちら!

  • HOME
  • 配偶者控除」で検索した結果

配偶者控除 による検索結果25

子どもにかかる相続税の計算方法と税負担を軽くする方法を解説

亡くなった方(被相続人という)の財産を配偶者や子どもなどの親族が受け継ぐことを、「相続」といいます。受け継ぐ財産が多額であれば「相続税」の支払い義務が生じる可能性も出てきます。民法によって相続の権利が認められていることを「法定相続人」と呼びますが、この法定相続人には第一から第三まで順位が決められ...

相続税における「相続対策」と「節税対策」の基本的な考え方

亡くなった方(被相続人という)が生前に築いた財産や債務を、その方の配偶者や子どもなどの親族が受け継ぐことを「相続」といいます。遺された財産の評価額によっては「相続税」の納税義務が生じることもあります。 納税は国民の義務ですから、相続税は払うのが当然なのですが、当事者にとっては「できるだけ税金は少...

贈与税の早見表|特例についても解説

一方が自分の保有している財産を無償で相手方に与え、それが相手方に受諾されることを「贈与」といいます。その贈与額が一定の限度を超えた場合、その部分に対してかかってくるのが「贈与税」です。 国税庁では「個人から財産をもらった時にかかる税金」として位置づけており、それはたとえ親子間や夫婦間であっても課...

贈与税申告書の書き方|贈与税を自分で申告する方法

一方が自分の保有している財産を無償で相手方に与え、それが相手方に受諾されることを「贈与」といいます。個人から個人への贈与が発生した場合、原則として年間110万円を超えると「贈与税」がかかってきます。この場合の「個人」とは他人のことだけではなく、親や祖父母、配偶者、子、孫なども含まれます。贈与税を支払...

相続税の配偶者控除(配偶者の税額軽減)で税額がゼロなら申告不要なの?基本知識や注意点を解説

遺産相続において財産を遺した人のことを「被相続人」、財産を受け継ぐ人のことを「相続人」と呼びます。民法ではこの相続人を「法定相続人」として規定しているのですが、そのなかで最も優先順位が高いのが「配偶者」です。配偶者が相続人から外れることはありません。これは逆に考えれば、相続税を支払わなければなら...

現金にかかる相続税はどのくらい?計算方法や生前贈与の方法も紹介

亡くなった方が生前にもっていた財産上の権利や義務を、その方の配偶者や子どもなどの親族が受け継ぐことを「相続」といいます。相続においては財産を遺して亡くなった人を「被相続人」、財産を受け継ぐ人のことを「相続人」と呼んでいます。 この相続に関して、相続人が一定の額以上の評価額に達した財産を受け継いだ...

贈与税の申告方法を5つのステップで分かりやすく解説!申告漏れによるペナルティにも注意

「贈与」とは、一方が自分の保有している財産を無償で相手方に与え、それが相手方に受諾されることをいいます。この贈与が行われた時には「贈与税」を支払わなければならないケースがあります。贈与が行われるのは多くが親子間ですが、たとえ親子であっても、課税の対象となってくるのです。 ただ、ここで注意が必要な...

贈与税が非課税となる夫婦間の住宅贈与の特例とは|相続が起きた際の取り扱いも解説

「贈与」は、それがたとえ夫婦間や親子間のように家族の間で行われるものであっても該当します。そして、一定の額を超える贈与があった場合は、財産を受けとった人が「贈与税」を支払わなければなりません。 贈与税の対象となる財産は現金に限らず、不動産や有価証券、貴金属なども含まれます。 今回の記事ではその...

贈与税の配偶者控除とは|居住用不動産の非課税贈与特例について解説

無償で財産が渡されることを「贈与」といいます。原則として、個人が受け取った1年間の贈与総額が110万円を超えた場合にかかってくるのが「贈与税」です。 この贈与税は、たとえ親子や夫婦の間で行われた贈与であっても支払い義務が生じます。そのため、贈与を行う場合はその仕組みをしっかりと把握しておかないと、思...

贈与税のかしこい節税対策|贈与税の制度や特例を解説

国税庁では贈与税のことを「個人から財産をもらった時にかかる税金」として位置づけており、たとえ親子間や夫婦間であっても例外なく課税されることになっています。その贈与税は、すべての贈与に課税されるのではなく、税負担が軽くなる制度や特例もさまざまに設けられています。贈与を行う際には、そうした仕組みに対...

税制改正(令和4年度)

暦年贈与 廃止の可能性と今後の生前贈与対策について 令和4年税制改正大綱(資産税関連税制) 改正に向け注視しているポイント 令和4年税制改正のポイントとして、暦年課税が強化される、または暦年課税が廃止されるのではないかと推測しています。お客様へ「早めの情報提供」となるべく、弊法人での取り組みを以下にま...

生前贈与の手続きに必要? 贈与契約書作成の流れや生前贈与の注意点を解説!

個人から個人へと自分の財産を無償で相手に与えることを「贈与」といいます。財産を与える人は「贈与者」、受け取る人は「受贈者」と呼ばれます。たとえば、親が子に財産をあげた場合は親が贈与者で子が受贈者となるわけです。 年110万円までの贈与は贈与税がかからないので長期的な観点でいえば相続税対策となり、この...

【完全保存版】相続税申告する際の必要書類と添付書類を徹底解説

大切な家族の方が亡くなった時、遺された財産の内容によっては相続税の支払い義務が生じることがあります。その場合、税務署に対して相続税の申告をする必要があるのですが、申告には数多くの書類を用意しなければなりません。この書類をまとめる作業が相続税の申告手続きでは最も大変なことといわれています。 大変な...

贈与税は夫婦間の財産のやりとりにもかかる?|非課税・課税の判断も解説

一緒に暮らす夫婦の間では、日常的にお金のやりとりが行われています。生活費や教育費など日々の暮らしに必要不可欠なお金の受け渡しは、まさに日常茶飯事であり自然なことです。そのため夫婦間のお金のやりとりには「贈与税」がかかることはないと考えている人も少なくないでしょう。 贈与とは、個人から個人へと自分...

遺産相続の手続きに期限はあるの? 遅れた場合のデメリットも解説

遺産相続にはたくさんの手続きがあり、それぞれに書類の収集が必要です。身近な人を亡くして心に余裕がないなかで、葬儀の手配をしながら手続きを進めるのは容易なことではありません。じつは遺産相続には「期限のある手続き」と「とくに期限のない手続き」の2種類があります。たとえば相続放棄の期限は3カ月です。スム...

生前贈与とは?メリット・デメリットと税金について解説

相続対策の1つとして、生前贈与を検討する人が増えています。生前贈与には相続税を軽減するだけではなく、さまざまなメリットがありますが、具体的にどのような方法があるかを知っておくことが重要です。事前に生前贈与を利用する際の注意点を確認しておきましょう。 生前贈与とは? 生前贈与とは、個人が自分の意志で...

贈与税とは? その仕組みや課税対象、計算の仕方を解説

自分の保有している財産を無償で他の人にあげることを“贈与”といい、一定額以上の贈与を受けた人には贈与税が課されます。それを知らずに贈与を受けると、贈与税の申告漏れが起こるかもしれません。贈与税の仕組みや簡単な計算方法などを確認しておきましょう。 贈与に税金がかかるのはどんな場合? 人にモノをあげた...

贈与税の配偶者控除とは?夫婦間の居住要不動産のための資金は2,000万まで控除される特例があります

贈与税の配偶者控除について教えて下さい 贈与税の配偶者控除とは、配偶者が居住用不動産の購入またはその建築資金を贈与されたときに、贈与された金額から2,000万円まで控除することができるという制度です。 前述の基礎控除とあわせると年間2,110万円まで、贈与税がかからないことになります。 (ただし、不動産...

相続税の税率はどれくらい?計算方法や仕組みを解説

相続税の税率は、各相続人にどれくらい税金が発生するのかを計算するときに必ず確認することになります。税率の計算というとややこしそうですが、基本的には国税庁が公開している相続税の速算表から自分のケースを探すだけ。この記事では、この速算表の使い方を説明したいと思います。 相続税の税率とは? 相続税の計...

故人の住民税は相続人が納税する? 納税義務がなくなる条件を解説!

地方税の一つである住民税は、死亡したとしても免除されません。亡くなった人の住民税は、遺産を相続した人が納税することになります。しかし控除の対象となるケースもあるため、税金のしくみは複雑になっています。この項目では、納税の時期や納税の方法など詳しく説明します。 故人の未納の住民税は相続人に納税義務...

相続税の税率と計算方法|事例付きでわかりやすく解説

相続税は、遺産を取得した相続人が、相続した財産の評価額に応じて負担する税金です。これを計算するのは単純ではありません。 まずは法定相続分の割合どおりに相続したとして相続税総額を計算し、そののちに各相続人の相続税額を決定していく、という2段階のステップを踏みます。この計算方法はかなり複雑なので、実...

相続税の納付・申告期限はいつまで?申告時のコツ3選も紹介

相続で財産を取得し、その合計額が基礎控除額を超えている場合、相続税の申告をしなければなりません。その手続きのためにやらなければいけないことはたくさんあるばかりか、かなり複雑です。さらに期限を過ぎてしまうとさまざまなデメリットがあります。期限に遅れないための対策法をご紹介するとともに、コロナ禍での...

相続税の非課税限度額はいくら?無税になる・近づけるために利用できる控除も解説

相続税は一部のお金持ちだけのもの、と思っている人も多いかもしれません。しかし、土地や建物、株式などを現金に換算したら思ったより財産があった、ということはよく起こります。相続税は知らないと損をする税金です。逆に、知ってさえいれば相続税をなくす、なくせないまでも大幅に減らすことができる方法はたくさん...

相続税っていくらからかかる? 3,600万円が目安?

相続税とは、亡くなった方(被相続人という)から受け取る遺産が一定額以上だった場合に発生する税金のことです。絶対に支払わなければならないものではなく、遺産の額によっては相続税が発生しない場合もあります。では、いくらから相続税は発生するのでしょうか? また、相続税が発生しない場合でも申告が必要なので...

サイトマップ

サイトマップ トップ トピックス はじめての方へ一分で分かる相続対策 NO1相続対策レガシィについて   (レガシィの強み) 業務案内トップ ・相続発生した方(相続税申告) > 相続税申告 > 申告サービスの流れ > 名義変更 ・これから相続を考えられている方 > ...

子どもにかかる相続税の計算方法と税負担を軽くする方法を解説

亡くなった方(被相続人という)の財産を配偶者や子どもなどの親族が受け継ぐことを、「相続」といいます。受け継ぐ財産が多額であれば「相続税」の支払い義務が生じる可能性も出てきます。民法によって相続の権利が認められていることを「法定相続人」と呼びますが、この法定相続人には第一から第三まで順位が決められ...

相続税における「相続対策」と「節税対策」の基本的な考え方

亡くなった方(被相続人という)が生前に築いた財産や債務を、その方の配偶者や子どもなどの親族が受け継ぐことを「相続」といいます。遺された財産の評価額によっては「相続税」の納税義務が生じることもあります。 納税は国民の義務ですから、相続税は払うのが当然なのですが、当事者にとっては「できるだけ税金は少...

贈与税の早見表|特例についても解説

一方が自分の保有している財産を無償で相手方に与え、それが相手方に受諾されることを「贈与」といいます。その贈与額が一定の限度を超えた場合、その部分に対してかかってくるのが「贈与税」です。 国税庁では「個人から財産をもらった時にかかる税金」として位置づけており、それはたとえ親子間や夫婦間であっても課...

贈与税申告書の書き方|贈与税を自分で申告する方法

一方が自分の保有している財産を無償で相手方に与え、それが相手方に受諾されることを「贈与」といいます。個人から個人への贈与が発生した場合、原則として年間110万円を超えると「贈与税」がかかってきます。この場合の「個人」とは他人のことだけではなく、親や祖父母、配偶者、子、孫なども含まれます。贈与税を支払...

相続税の配偶者控除(配偶者の税額軽減)で税額がゼロなら申告不要なの?基本知識や注意点を解説

遺産相続において財産を遺した人のことを「被相続人」、財産を受け継ぐ人のことを「相続人」と呼びます。民法ではこの相続人を「法定相続人」として規定しているのですが、そのなかで最も優先順位が高いのが「配偶者」です。配偶者が相続人から外れることはありません。これは逆に考えれば、相続税を支払わなければなら...

現金にかかる相続税はどのくらい?計算方法や生前贈与の方法も紹介

亡くなった方が生前にもっていた財産上の権利や義務を、その方の配偶者や子どもなどの親族が受け継ぐことを「相続」といいます。相続においては財産を遺して亡くなった人を「被相続人」、財産を受け継ぐ人のことを「相続人」と呼んでいます。 この相続に関して、相続人が一定の額以上の評価額に達した財産を受け継いだ...

贈与税の申告方法を5つのステップで分かりやすく解説!申告漏れによるペナルティにも注意

「贈与」とは、一方が自分の保有している財産を無償で相手方に与え、それが相手方に受諾されることをいいます。この贈与が行われた時には「贈与税」を支払わなければならないケースがあります。贈与が行われるのは多くが親子間ですが、たとえ親子であっても、課税の対象となってくるのです。 ただ、ここで注意が必要な...

贈与税が非課税となる夫婦間の住宅贈与の特例とは|相続が起きた際の取り扱いも解説

「贈与」は、それがたとえ夫婦間や親子間のように家族の間で行われるものであっても該当します。そして、一定の額を超える贈与があった場合は、財産を受けとった人が「贈与税」を支払わなければなりません。 贈与税の対象となる財産は現金に限らず、不動産や有価証券、貴金属なども含まれます。 今回の記事ではその...

贈与税の配偶者控除とは|居住用不動産の非課税贈与特例について解説

無償で財産が渡されることを「贈与」といいます。原則として、個人が受け取った1年間の贈与総額が110万円を超えた場合にかかってくるのが「贈与税」です。 この贈与税は、たとえ親子や夫婦の間で行われた贈与であっても支払い義務が生じます。そのため、贈与を行う場合はその仕組みをしっかりと把握しておかないと、思...

贈与税のかしこい節税対策|贈与税の制度や特例を解説

国税庁では贈与税のことを「個人から財産をもらった時にかかる税金」として位置づけており、たとえ親子間や夫婦間であっても例外なく課税されることになっています。その贈与税は、すべての贈与に課税されるのではなく、税負担が軽くなる制度や特例もさまざまに設けられています。贈与を行う際には、そうした仕組みに対...

生前贈与の手続きに必要? 贈与契約書作成の流れや生前贈与の注意点を解説!

個人から個人へと自分の財産を無償で相手に与えることを「贈与」といいます。財産を与える人は「贈与者」、受け取る人は「受贈者」と呼ばれます。たとえば、親が子に財産をあげた場合は親が贈与者で子が受贈者となるわけです。 年110万円までの贈与は贈与税がかからないので長期的な観点でいえば相続税対策となり、この...

【完全保存版】相続税申告する際の必要書類と添付書類を徹底解説

大切な家族の方が亡くなった時、遺された財産の内容によっては相続税の支払い義務が生じることがあります。その場合、税務署に対して相続税の申告をする必要があるのですが、申告には数多くの書類を用意しなければなりません。この書類をまとめる作業が相続税の申告手続きでは最も大変なことといわれています。 大変な...

贈与税は夫婦間の財産のやりとりにもかかる?|非課税・課税の判断も解説

一緒に暮らす夫婦の間では、日常的にお金のやりとりが行われています。生活費や教育費など日々の暮らしに必要不可欠なお金の受け渡しは、まさに日常茶飯事であり自然なことです。そのため夫婦間のお金のやりとりには「贈与税」がかかることはないと考えている人も少なくないでしょう。 贈与とは、個人から個人へと自分...

遺産相続の手続きに期限はあるの? 遅れた場合のデメリットも解説

遺産相続にはたくさんの手続きがあり、それぞれに書類の収集が必要です。身近な人を亡くして心に余裕がないなかで、葬儀の手配をしながら手続きを進めるのは容易なことではありません。じつは遺産相続には「期限のある手続き」と「とくに期限のない手続き」の2種類があります。たとえば相続放棄の期限は3カ月です。スム...

生前贈与とは?メリット・デメリットと税金について解説

相続対策の1つとして、生前贈与を検討する人が増えています。生前贈与には相続税を軽減するだけではなく、さまざまなメリットがありますが、具体的にどのような方法があるかを知っておくことが重要です。事前に生前贈与を利用する際の注意点を確認しておきましょう。 生前贈与とは? 生前贈与とは、個人が自分の意志で...

贈与税とは? その仕組みや課税対象、計算の仕方を解説

自分の保有している財産を無償で他の人にあげることを“贈与”といい、一定額以上の贈与を受けた人には贈与税が課されます。それを知らずに贈与を受けると、贈与税の申告漏れが起こるかもしれません。贈与税の仕組みや簡単な計算方法などを確認しておきましょう。 贈与に税金がかかるのはどんな場合? 人にモノをあげた...

贈与税の配偶者控除とは?夫婦間の居住要不動産のための資金は2,000万まで控除される特例があります

贈与税の配偶者控除について教えて下さい 贈与税の配偶者控除とは、配偶者が居住用不動産の購入またはその建築資金を贈与されたときに、贈与された金額から2,000万円まで控除することができるという制度です。 前述の基礎控除とあわせると年間2,110万円まで、贈与税がかからないことになります。 (ただし、不動産...

相続税の税率はどれくらい?計算方法や仕組みを解説

相続税の税率は、各相続人にどれくらい税金が発生するのかを計算するときに必ず確認することになります。税率の計算というとややこしそうですが、基本的には国税庁が公開している相続税の速算表から自分のケースを探すだけ。この記事では、この速算表の使い方を説明したいと思います。 相続税の税率とは? 相続税の計...

故人の住民税は相続人が納税する? 納税義務がなくなる条件を解説!

地方税の一つである住民税は、死亡したとしても免除されません。亡くなった人の住民税は、遺産を相続した人が納税することになります。しかし控除の対象となるケースもあるため、税金のしくみは複雑になっています。この項目では、納税の時期や納税の方法など詳しく説明します。 故人の未納の住民税は相続人に納税義務...

相続税の税率と計算方法|事例付きでわかりやすく解説

相続税は、遺産を取得した相続人が、相続した財産の評価額に応じて負担する税金です。これを計算するのは単純ではありません。 まずは法定相続分の割合どおりに相続したとして相続税総額を計算し、そののちに各相続人の相続税額を決定していく、という2段階のステップを踏みます。この計算方法はかなり複雑なので、実...

相続税の納付・申告期限はいつまで?申告時のコツ3選も紹介

相続で財産を取得し、その合計額が基礎控除額を超えている場合、相続税の申告をしなければなりません。その手続きのためにやらなければいけないことはたくさんあるばかりか、かなり複雑です。さらに期限を過ぎてしまうとさまざまなデメリットがあります。期限に遅れないための対策法をご紹介するとともに、コロナ禍での...

相続税の非課税限度額はいくら?無税になる・近づけるために利用できる控除も解説

相続税は一部のお金持ちだけのもの、と思っている人も多いかもしれません。しかし、土地や建物、株式などを現金に換算したら思ったより財産があった、ということはよく起こります。相続税は知らないと損をする税金です。逆に、知ってさえいれば相続税をなくす、なくせないまでも大幅に減らすことができる方法はたくさん...

相続税っていくらからかかる? 3,600万円が目安?

相続税とは、亡くなった方(被相続人という)から受け取る遺産が一定額以上だった場合に発生する税金のことです。絶対に支払わなければならないものではなく、遺産の額によっては相続税が発生しない場合もあります。では、いくらから相続税は発生するのでしょうか? また、相続税が発生しない場合でも申告が必要なので...