相続でお困りの方 無料相談のお申込み

資料請求

CLICK

無料資料請求
はこちら!

  • HOME
  • 小規模宅地」で検索した結果

小規模宅地 による検索結果40

子どもにかかる相続税の計算方法と税負担を軽くする方法を解説

亡くなった方(被相続人という)の財産を配偶者や子どもなどの親族が受け継ぐことを、「相続」といいます。受け継ぐ財産が多額であれば「相続税」の支払い義務が生じる可能性も出てきます。民法によって相続の権利が認められていることを「法定相続人」と呼びますが、この法定相続人には第一から第三まで順位が決められ...

相続税の概算がわかる!相続税の早見表

相続税は、「法定相続人の数」や「法定相続人と被相続人との関係」によって異なってくるため、一目で目安がわかる早見表は便利な存在といっていいでしょう。たとえば配偶者と子どもで相続をする場合や、子どもだけで相続する場合などに「相続税がいくらになるか」を簡単に把握することができるのです。 この記事では...

相続税における「相続対策」と「節税対策」の基本的な考え方

亡くなった方(被相続人という)が生前に築いた財産や債務を、その方の配偶者や子どもなどの親族が受け継ぐことを「相続」といいます。遺された財産の評価額によっては「相続税」の納税義務が生じることもあります。 納税は国民の義務ですから、相続税は払うのが当然なのですが、当事者にとっては「できるだけ税金は少...

小規模宅地の特例で相続税を最大80%減額!計算方法や申告書も徹底解説

相続が発生した時、その受け継ぐ財産のなかに土地が含まれる例は少なくありません。たとえば亡くなった方(被相続人という)が住んでいた自宅の土地であったり、事業用に使っていた土地であったりとケースはさまざまです。 土地は財産としては高額なものですから、相続税のことを気にする方も多いことでしょう。「土地...

不動産の相続税はいくらかかる?相続時の注意点とあわせて解説

大切な家族の方が亡くなった時、相続が発生します。亡くなった方(被相続人という)が遺した財産の評価額が一定の金額以上であれば相続税の申告・納付義務が生じることもあります。その財産のなかでもとくに金額的に大きくなりがちなのが「不動産」です。「不動産を相続したら、どれくらいの相続税を払わなければならな...

相続税の申告義務の基本知識と申告不要かどうかの調べ方を解説

大切な家族の方が亡くなった時、相続が発生します。相続とは原則として「死者が生前にもっていた財産上の権利や義務を配偶者・子などの親族が包括的に承継すること」です。相続人には親族以外の人がなる場合もありますが、要は亡くなった方(被相続人という)の財産(現金や不動産など)や債務(借金など)を引き継ぐと...

相続税の障害者控除とは|計算方法・要件を解説

大切な家族の方が亡くなった時、相続が発生します。被相続人(亡くなった方)が遺した財産の評価額が高ければ相続税を支払わなければならないこともあります。その相続税を算出するにあたっては、さまざまな「税額控除」が用意されています。 税額控除とは、財産の総額や相続税などから一定の額を差し引けるもので、そ...

【完全保存版】相続税申告する際の必要書類と添付書類を徹底解説

大切な家族の方が亡くなった時、遺された財産の内容によっては相続税の支払い義務が生じることがあります。その場合、税務署に対して相続税の申告をする必要があるのですが、申告には数多くの書類を用意しなければなりません。この書類をまとめる作業が相続税の申告手続きでは最も大変なことといわれています。 大変な...

贈与税は夫婦間の財産のやりとりにもかかる?|非課税・課税の判断も解説

一緒に暮らす夫婦の間では、日常的にお金のやりとりが行われています。生活費や教育費など日々の暮らしに必要不可欠なお金の受け渡しは、まさに日常茶飯事であり自然なことです。そのため夫婦間のお金のやりとりには「贈与税」がかかることはないと考えている人も少なくないでしょう。 贈与とは、個人から個人へと自分...

初めてでも迷わず書ける相続税の「申告書」と「明細書」の書き方徹底解説

大切な家族の方が亡くなった時、相続が発生します。亡くなった方(被相続人という)の遺した財産を引き継いだ人のうち、一定の金額以上の相続があった場合は相続税の申告・納付義務が生じます。 相続税の申告には申告書と明細書を税務署に提出する必要がありますが、自身で記入する場合は「どんな用紙が必要で、どう書...

相続税や贈与税計算時の基準「相続税評価額」とは?基本知識や考え方を解説

ここからは、さまざまな財産のな>相続が発生した時、亡くなった方(被相続人という)が遺した財産によっては相続税の支払い義務が生じる場合があります。その相続税を算出する元となるのが「相続税評価額」です。 財産と一口にいっても現金や土地、建物、株式などさまざまなものがあります。これらの財産それぞれについ...

親の家(実家)の相続税はどうなるの?家の評価方法や減額できる特例もご紹介

相続が発生した時、その受け継ぐ財産のなかに不動産が含まれる例は少なくありません。この場合、親御さんの自宅つまりは実家というケースが多いと考えていいでしょう。 いうまでもなく不動産は財産としては高額なものですから、相続税のことが気になる方も多いはずです。「親の実家を相続するのはいいけど、相続税を払...

相続問題の具体的な事例とは? 遺産相続のトラブルを回避するための対策法10選を紹介

相続問題で最も多いのは遺産分割に関することです。問題が解決できない場合、身内で裁判に発展するケースも少なくありません。この項目では、遺産相続で起こるトラブルの実例を挙げ、相続問題を解決するための対策法を紹介します。 相続で問題になりやすいケースは大きく分けて3パターン 遺産相続で問題が起こりやすい...

相続税の申告期限と納付期限はいつまで? 相続開始日についても解説

大切な家族の方が亡くなった時、その方が遺した財産の内容によっては相続人に相続税の支払い義務が生じることがあります。もし相続税を支払わなければならない場合は、税務署に申告をして、税金を納付しなければなりません。 その申告と納付に関しては期限がはっきりと定められています。それは「亡くなった方(被相...

遺産相続の手続きに期限はあるの? 遅れた場合のデメリットも解説

遺産相続にはたくさんの手続きがあり、それぞれに書類の収集が必要です。身近な人を亡くして心に余裕がないなかで、葬儀の手配をしながら手続きを進めるのは容易なことではありません。じつは遺産相続には「期限のある手続き」と「とくに期限のない手続き」の2種類があります。たとえば相続放棄の期限は3カ月です。スム...

代償分割とは? 代償分割のメリット・デメリットと相続税の計算方法を徹底解説!

遺産を複数の相続人で分け合う場合、公平にスムーズに分割するのが理想です。「代償分割」とは、特定の相続人が分割するのが困難な遺産を相続し、ほかの相続人に一定の代償財産を交付する方法です。代償分割のメリットとデメリット、相続税の計算方法を説明します。 代償分割は「遺産の分割方法の一つ」 代償分割...

遺産分割に必要な手続き、進め方とは?分割割合はどのように決める?

被相続人の遺産については、遺言書がない場合、相続人による遺産分割協議で分け方を決めることになります。しかし、初めて経験する人は、遺産分割協議をどのように進めればいいのか、わからないことも多いのでは? ここでは、遺産分割の具体的なやり方や進め方、それに関連した手続きについて紹介していきます。 遺産...

相続税がかかる財産の額とは?相続税の申告が必要なケースについても解説

相続を控える家庭にとって、いざというとき慌てないように、前もって知っておきたいのは相続税のことでしょう。どれくらいの遺産があると相続税がかかるのか、相続税の基本と計算方法を知っておくと安心です。税額がゼロでも申告が必要なケースもあるので、それも含めてしっかり確認しておきましょう。 相続税とは? ...

不動産の名義と贈与税・相続税の節税対策

建物の名義人を誰にするかについてきまりがありますか? 建物の名義をだれにするかによって、将来それにかかわる税金に大きく影響します。かといって、建物の名義を自分の都合だけでは決められません。その建物取得のため誰がいくら負担したかによって決まります。 正しい不動産名義人の決め方 アパートマンション取...

相続税対策とは

相続税対策とは、節税(財産評価)対策・もめない(分割)対策・財源(納税)対策の3つです。 1.相続税節税の考え方は2通り 相続税の節税の考え方は、大きく分けると2通りになります。1つは「贈与」、もう1つは「財産評価を下げる方法」です。 110万円を超えて贈与をすると贈与税がかかります。 しかし、贈...

相続財産(土地・建物・上場株式など)の評価方法

相続財産の評価方法について教えて下さい 相続税の申告は時価ではなく、相続税法や国税庁の通達に従った評価額-すなわち相続税評価額をもとに行います。相続税の申告で最も厄介なのはこの相続税評価額の計算であり、これにはかなりの専門知識が要求されます。それゆえ、ここは専門家の力を借りるのが無難かと思います...

アパートを建てると相続税の節税になるとは?土地の評価額・建物の評価額が低くなるので相続税対策に使えます

アパートを建てると節税になるとは? 自己資金又は借金をしてアパートを建てれば、相続の際に土地の評価額も低くなり建物の価額も自用家屋より低くなるので基本的には相続税は安くなります。 3つのメリット 1.土地の評価が更地に比べて低くなります。 地域によりますが、更地の約8割の評価になります。貸家建...

遺産分割が確定しない場合のデメリット

申告期限(相続の開始の翌日から10ヶ月以内)までに分割が確定しない場合でも、未分割財産を法定相続分で分割したと仮定して、各相続人が相続税を払う必要がでてきます。 未分割財産については、配偶者に対する相続税額の軽減※・小規模宅地の評価減※・物納・売却が出来ません。 従って、分割が確定した場合に比べて、...

遺産分割協議とは?対象となる不動産(土地・建物・マンション)の評価額と相続税について解説

(1)遺産分割の対象 名義のいかんを問わず、故人が実質的に所有していた有形、無形の財産が、遺産分割の対象となります。 ただし、死亡保険金や死亡退職金は指定された受取人に支払われますので、この遺産分割の対象から除外されます。この場合の指定受取人が「法定相続人」となっていれば、該当者の話し合いで各自の...

【図解】遺産相続・相続税の申告期限は?発生後の手順とスケジュールをまとめました

相続発生後の手順とその期限について教えて下さい 相続が発生するとまず行われるのは、通夜や葬儀ですが、これらが終わって一段落すると具体的な法律上の手続きや判断を行う事柄が発生してきます。 下記の図で示すように様々な手順が民法や相続税法などに定められており、その中でも期限内に定められた手続を行わない...

相続税とは

相続税は、相続または遺贈により財産を取得した場合にかかってきます。 相続とは、故人(=被相続人)より民法で定められている法定相続人が財産を取得した場合をいい、遺贈とは遺言によって相続人やその他の人が財産を取得した場合をいいます。(遺言によって財産を与えた人を「遺贈者」、財産をもらった人を「受遺者」と...

相続税を節税するには何が一番有効ですか?

生前でのご検討か、それともご相続発生時か、などお客様のご状況により「何が一番有効か」は異なってきます。生前の場合はまず現状分析を、相続発生時の場合は特例等を上手く利用することが重要です。 主な生前対策例としては、「生前贈与」「生命保険への加入」「養子縁組」が挙げられます。例えば、亡くなる前に計画...

自宅を相続する場合に相続税が減額されると聞いたのですが、どのように対応すればよいでしょうか?

宅地(土地)を相続される方について、一定の要件を満たす場合、小規模宅地等の特例を受けることができます。この特例により、土地の評価額を最大80%減額することができます。 小規模宅地等の特例とは被相続人の事業用に供していた宅地、居住用に供していた宅地で一定の要件を満たす場合には最大80%減額できる規定で...

相続税の税率はどれくらい?計算方法や仕組みを解説

相続税の税率は、各相続人にどれくらい税金が発生するのかを計算するときに必ず確認することになります。税率の計算というとややこしそうですが、基本的には国税庁が公開している相続税の速算表から自分のケースを探すだけ。この記事では、この速算表の使い方を説明したいと思います。 相続税の税率とは? 相続税の計...

相続税の更正の請求とは|期限・手続き・記載方法を解説

一度支払った相続税が、本来払うべき額よりも多かったことに後で気づくということがあります。また、相続税を納めた後に事情が変わったことにより、結果的に多く払っていたことになったということも少なくありません。 こうした時にあらためて相続税の減額請求を行い、払い過ぎた分の税金の還付を受けることを「相続税...

相続税の申告先・納税地|納税地の判断基準を解説

大切な家族の方が亡くなると、その方の残した財産を受け取ることで相続税を納めなければならないことがあります。この相続税ですが、納付先は税務署ということになっています。ただし、どこの税務署でもいいわけではなく、亡くなった方(被相続人という)が生前に暮らしていた「生活の本拠」を管轄している税務署という...

相続税の納付・申告期限はいつまで?申告時のコツ3選も紹介

相続で財産を取得し、その合計額が基礎控除額を超えている場合、相続税の申告をしなければなりません。その手続きのためにやらなければいけないことはたくさんあるばかりか、かなり複雑です。さらに期限を過ぎてしまうとさまざまなデメリットがあります。期限に遅れないための対策法をご紹介するとともに、コロナ禍での...

相続税の非課税限度額はいくら?無税になる・近づけるために利用できる控除も解説

相続税は一部のお金持ちだけのもの、と思っている人も多いかもしれません。しかし、土地や建物、株式などを現金に換算したら思ったより財産があった、ということはよく起こります。相続税は知らないと損をする税金です。逆に、知ってさえいれば相続税をなくす、なくせないまでも大幅に減らすことができる方法はたくさん...

相続税っていくらからかかる? 3,600万円が目安?

相続税とは、亡くなった方(被相続人という)から受け取る遺産が一定額以上だった場合に発生する税金のことです。絶対に支払わなければならないものではなく、遺産の額によっては相続税が発生しない場合もあります。では、いくらから相続税は発生するのでしょうか? また、相続税が発生しない場合でも申告が必要なので...

【保存版】相続税の土地評価方法は?2種類の評価方法と評価が変化する条件を解説!

相続税の計算のなかでも最大の関門の一つが土地の評価方法。ここでは基本的な土地の評価方法を説明していきたいと思います。土地評価で重要なのは路線価方式が使えるかどうか、特例が適用できるかどうか。この2点を中心に見ていきましょう。 相続税の土地評価方法は2種類 相続税を計算するためには、財産の価値を...

遺産相続の手続きに期限はあるの?期限を過ぎるとどうなる?|気になる相続手続きを期限ごとに解説

遺産相続は、亡くなった方(被相続人という)が財産を残して死亡した時から始まります。相続に関するルールは民法で定められており、相続人とその順位は決まっています。 遺産相続に関わる相続の手続きはとても煩雑で、必要な書類の取得には時間がかかるものが多数あります。 そこで気になるのが、相続手続きの期限で...

相続の手続きを時系列で紹介!「期限別のスケジュール」で分かりやすく解説

相続が発生すると、やらなければならない手続きが次々と出てきます。期限の決まっているものを中心に、特に期限のないものもどのタイミングで行うのがいいかを、早い順にご紹介します。何から手を付けたらいいかわからない人も、これで自分のやるべきことが整理でき、スムーズに進めることができるでしょう。 【期限別...

申告期限に間に合わないとどうなる?

申告期限に間に合わないとどうなる? 相続税の申告には、相続開始後10ヶ月以内という期限があります。 遺産分割協議(遺産分けの話し合い)がまとまらずに申告期限を迎えてしまう場合は、「未分割」の状態で申告しなければなりません。 つまり、法定相続分で相続したものと仮定して相続税を計算し、いった...

税制改正(平成30年度)

税制改正(平成30年度) 平成30年度税制改正(資産税関連税制) ※平成30年度税制改正法案に基づく内容です。 1.事業承継税制の特例の創設等 ポイントと影響 中小企業経営者の高齢化が急速に進展していく中で、中小企業の円滑な世代交代を通じた生産性向上を図りたいという狙いから、各種要件の緩和を含む抜...

税制改正(平成25年度)

税制改正(平成25年度) 1.相続税の基礎控除の縮小 ポイントと影響 相続税の基礎控除(課税最低限)が縮小されます。 これにより、相続税の申告対象者が現在の2倍に増えると見込まれます。 内容 法定相続人数 1人 2人 3人 4人 5人 改正前 6,000万円 7,000万円 8,000万円 9,000万...

子どもにかかる相続税の計算方法と税負担を軽くする方法を解説

亡くなった方(被相続人という)の財産を配偶者や子どもなどの親族が受け継ぐことを、「相続」といいます。受け継ぐ財産が多額であれば「相続税」の支払い義務が生じる可能性も出てきます。民法によって相続の権利が認められていることを「法定相続人」と呼びますが、この法定相続人には第一から第三まで順位が決められ...

相続税の概算がわかる!相続税の早見表

相続税は、「法定相続人の数」や「法定相続人と被相続人との関係」によって異なってくるため、一目で目安がわかる早見表は便利な存在といっていいでしょう。たとえば配偶者と子どもで相続をする場合や、子どもだけで相続する場合などに「相続税がいくらになるか」を簡単に把握することができるのです。 この記事では...

相続税における「相続対策」と「節税対策」の基本的な考え方

亡くなった方(被相続人という)が生前に築いた財産や債務を、その方の配偶者や子どもなどの親族が受け継ぐことを「相続」といいます。遺された財産の評価額によっては「相続税」の納税義務が生じることもあります。 納税は国民の義務ですから、相続税は払うのが当然なのですが、当事者にとっては「できるだけ税金は少...

小規模宅地の特例で相続税を最大80%減額!計算方法や申告書も徹底解説

相続が発生した時、その受け継ぐ財産のなかに土地が含まれる例は少なくありません。たとえば亡くなった方(被相続人という)が住んでいた自宅の土地であったり、事業用に使っていた土地であったりとケースはさまざまです。 土地は財産としては高額なものですから、相続税のことを気にする方も多いことでしょう。「土地...

不動産の相続税はいくらかかる?相続時の注意点とあわせて解説

大切な家族の方が亡くなった時、相続が発生します。亡くなった方(被相続人という)が遺した財産の評価額が一定の金額以上であれば相続税の申告・納付義務が生じることもあります。その財産のなかでもとくに金額的に大きくなりがちなのが「不動産」です。「不動産を相続したら、どれくらいの相続税を払わなければならな...

相続税の申告義務の基本知識と申告不要かどうかの調べ方を解説

大切な家族の方が亡くなった時、相続が発生します。相続とは原則として「死者が生前にもっていた財産上の権利や義務を配偶者・子などの親族が包括的に承継すること」です。相続人には親族以外の人がなる場合もありますが、要は亡くなった方(被相続人という)の財産(現金や不動産など)や債務(借金など)を引き継ぐと...

相続税の障害者控除とは|計算方法・要件を解説

大切な家族の方が亡くなった時、相続が発生します。被相続人(亡くなった方)が遺した財産の評価額が高ければ相続税を支払わなければならないこともあります。その相続税を算出するにあたっては、さまざまな「税額控除」が用意されています。 税額控除とは、財産の総額や相続税などから一定の額を差し引けるもので、そ...

【完全保存版】相続税申告する際の必要書類と添付書類を徹底解説

大切な家族の方が亡くなった時、遺された財産の内容によっては相続税の支払い義務が生じることがあります。その場合、税務署に対して相続税の申告をする必要があるのですが、申告には数多くの書類を用意しなければなりません。この書類をまとめる作業が相続税の申告手続きでは最も大変なことといわれています。 大変な...

贈与税は夫婦間の財産のやりとりにもかかる?|非課税・課税の判断も解説

一緒に暮らす夫婦の間では、日常的にお金のやりとりが行われています。生活費や教育費など日々の暮らしに必要不可欠なお金の受け渡しは、まさに日常茶飯事であり自然なことです。そのため夫婦間のお金のやりとりには「贈与税」がかかることはないと考えている人も少なくないでしょう。 贈与とは、個人から個人へと自分...

初めてでも迷わず書ける相続税の「申告書」と「明細書」の書き方徹底解説

大切な家族の方が亡くなった時、相続が発生します。亡くなった方(被相続人という)の遺した財産を引き継いだ人のうち、一定の金額以上の相続があった場合は相続税の申告・納付義務が生じます。 相続税の申告には申告書と明細書を税務署に提出する必要がありますが、自身で記入する場合は「どんな用紙が必要で、どう書...

相続税や贈与税計算時の基準「相続税評価額」とは?基本知識や考え方を解説

ここからは、さまざまな財産のな>相続が発生した時、亡くなった方(被相続人という)が遺した財産によっては相続税の支払い義務が生じる場合があります。その相続税を算出する元となるのが「相続税評価額」です。 財産と一口にいっても現金や土地、建物、株式などさまざまなものがあります。これらの財産それぞれについ...

親の家(実家)の相続税はどうなるの?家の評価方法や減額できる特例もご紹介

相続が発生した時、その受け継ぐ財産のなかに不動産が含まれる例は少なくありません。この場合、親御さんの自宅つまりは実家というケースが多いと考えていいでしょう。 いうまでもなく不動産は財産としては高額なものですから、相続税のことが気になる方も多いはずです。「親の実家を相続するのはいいけど、相続税を払...

相続問題の具体的な事例とは? 遺産相続のトラブルを回避するための対策法10選を紹介

相続問題で最も多いのは遺産分割に関することです。問題が解決できない場合、身内で裁判に発展するケースも少なくありません。この項目では、遺産相続で起こるトラブルの実例を挙げ、相続問題を解決するための対策法を紹介します。 相続で問題になりやすいケースは大きく分けて3パターン 遺産相続で問題が起こりやすい...

相続税の申告期限と納付期限はいつまで? 相続開始日についても解説

大切な家族の方が亡くなった時、その方が遺した財産の内容によっては相続人に相続税の支払い義務が生じることがあります。もし相続税を支払わなければならない場合は、税務署に申告をして、税金を納付しなければなりません。 その申告と納付に関しては期限がはっきりと定められています。それは「亡くなった方(被相...

遺産相続の手続きに期限はあるの? 遅れた場合のデメリットも解説

遺産相続にはたくさんの手続きがあり、それぞれに書類の収集が必要です。身近な人を亡くして心に余裕がないなかで、葬儀の手配をしながら手続きを進めるのは容易なことではありません。じつは遺産相続には「期限のある手続き」と「とくに期限のない手続き」の2種類があります。たとえば相続放棄の期限は3カ月です。スム...

代償分割とは? 代償分割のメリット・デメリットと相続税の計算方法を徹底解説!

遺産を複数の相続人で分け合う場合、公平にスムーズに分割するのが理想です。「代償分割」とは、特定の相続人が分割するのが困難な遺産を相続し、ほかの相続人に一定の代償財産を交付する方法です。代償分割のメリットとデメリット、相続税の計算方法を説明します。 代償分割は「遺産の分割方法の一つ」 代償分割...

遺産分割に必要な手続き、進め方とは?分割割合はどのように決める?

被相続人の遺産については、遺言書がない場合、相続人による遺産分割協議で分け方を決めることになります。しかし、初めて経験する人は、遺産分割協議をどのように進めればいいのか、わからないことも多いのでは? ここでは、遺産分割の具体的なやり方や進め方、それに関連した手続きについて紹介していきます。 遺産...

相続税がかかる財産の額とは?相続税の申告が必要なケースについても解説

相続を控える家庭にとって、いざというとき慌てないように、前もって知っておきたいのは相続税のことでしょう。どれくらいの遺産があると相続税がかかるのか、相続税の基本と計算方法を知っておくと安心です。税額がゼロでも申告が必要なケースもあるので、それも含めてしっかり確認しておきましょう。 相続税とは? ...

不動産の名義と贈与税・相続税の節税対策

建物の名義人を誰にするかについてきまりがありますか? 建物の名義をだれにするかによって、将来それにかかわる税金に大きく影響します。かといって、建物の名義を自分の都合だけでは決められません。その建物取得のため誰がいくら負担したかによって決まります。 正しい不動産名義人の決め方 アパートマンション取...

相続税対策とは

相続税対策とは、節税(財産評価)対策・もめない(分割)対策・財源(納税)対策の3つです。 1.相続税節税の考え方は2通り 相続税の節税の考え方は、大きく分けると2通りになります。1つは「贈与」、もう1つは「財産評価を下げる方法」です。 110万円を超えて贈与をすると贈与税がかかります。 しかし、贈...

相続財産(土地・建物・上場株式など)の評価方法

相続財産の評価方法について教えて下さい 相続税の申告は時価ではなく、相続税法や国税庁の通達に従った評価額-すなわち相続税評価額をもとに行います。相続税の申告で最も厄介なのはこの相続税評価額の計算であり、これにはかなりの専門知識が要求されます。それゆえ、ここは専門家の力を借りるのが無難かと思います...

アパートを建てると相続税の節税になるとは?土地の評価額・建物の評価額が低くなるので相続税対策に使えます

アパートを建てると節税になるとは? 自己資金又は借金をしてアパートを建てれば、相続の際に土地の評価額も低くなり建物の価額も自用家屋より低くなるので基本的には相続税は安くなります。 3つのメリット 1.土地の評価が更地に比べて低くなります。 地域によりますが、更地の約8割の評価になります。貸家建...

遺産分割が確定しない場合のデメリット

申告期限(相続の開始の翌日から10ヶ月以内)までに分割が確定しない場合でも、未分割財産を法定相続分で分割したと仮定して、各相続人が相続税を払う必要がでてきます。 未分割財産については、配偶者に対する相続税額の軽減※・小規模宅地の評価減※・物納・売却が出来ません。 従って、分割が確定した場合に比べて、...

遺産分割協議とは?対象となる不動産(土地・建物・マンション)の評価額と相続税について解説

(1)遺産分割の対象 名義のいかんを問わず、故人が実質的に所有していた有形、無形の財産が、遺産分割の対象となります。 ただし、死亡保険金や死亡退職金は指定された受取人に支払われますので、この遺産分割の対象から除外されます。この場合の指定受取人が「法定相続人」となっていれば、該当者の話し合いで各自の...

【図解】遺産相続・相続税の申告期限は?発生後の手順とスケジュールをまとめました

相続発生後の手順とその期限について教えて下さい 相続が発生するとまず行われるのは、通夜や葬儀ですが、これらが終わって一段落すると具体的な法律上の手続きや判断を行う事柄が発生してきます。 下記の図で示すように様々な手順が民法や相続税法などに定められており、その中でも期限内に定められた手続を行わない...

相続税とは

相続税は、相続または遺贈により財産を取得した場合にかかってきます。 相続とは、故人(=被相続人)より民法で定められている法定相続人が財産を取得した場合をいい、遺贈とは遺言によって相続人やその他の人が財産を取得した場合をいいます。(遺言によって財産を与えた人を「遺贈者」、財産をもらった人を「受遺者」と...

相続税の税率はどれくらい?計算方法や仕組みを解説

相続税の税率は、各相続人にどれくらい税金が発生するのかを計算するときに必ず確認することになります。税率の計算というとややこしそうですが、基本的には国税庁が公開している相続税の速算表から自分のケースを探すだけ。この記事では、この速算表の使い方を説明したいと思います。 相続税の税率とは? 相続税の計...

相続税の更正の請求とは|期限・手続き・記載方法を解説

一度支払った相続税が、本来払うべき額よりも多かったことに後で気づくということがあります。また、相続税を納めた後に事情が変わったことにより、結果的に多く払っていたことになったということも少なくありません。 こうした時にあらためて相続税の減額請求を行い、払い過ぎた分の税金の還付を受けることを「相続税...

相続税の申告先・納税地|納税地の判断基準を解説

大切な家族の方が亡くなると、その方の残した財産を受け取ることで相続税を納めなければならないことがあります。この相続税ですが、納付先は税務署ということになっています。ただし、どこの税務署でもいいわけではなく、亡くなった方(被相続人という)が生前に暮らしていた「生活の本拠」を管轄している税務署という...

相続税の納付・申告期限はいつまで?申告時のコツ3選も紹介

相続で財産を取得し、その合計額が基礎控除額を超えている場合、相続税の申告をしなければなりません。その手続きのためにやらなければいけないことはたくさんあるばかりか、かなり複雑です。さらに期限を過ぎてしまうとさまざまなデメリットがあります。期限に遅れないための対策法をご紹介するとともに、コロナ禍での...

相続税の非課税限度額はいくら?無税になる・近づけるために利用できる控除も解説

相続税は一部のお金持ちだけのもの、と思っている人も多いかもしれません。しかし、土地や建物、株式などを現金に換算したら思ったより財産があった、ということはよく起こります。相続税は知らないと損をする税金です。逆に、知ってさえいれば相続税をなくす、なくせないまでも大幅に減らすことができる方法はたくさん...

相続税っていくらからかかる? 3,600万円が目安?

相続税とは、亡くなった方(被相続人という)から受け取る遺産が一定額以上だった場合に発生する税金のことです。絶対に支払わなければならないものではなく、遺産の額によっては相続税が発生しない場合もあります。では、いくらから相続税は発生するのでしょうか? また、相続税が発生しない場合でも申告が必要なので...

【保存版】相続税の土地評価方法は?2種類の評価方法と評価が変化する条件を解説!

相続税の計算のなかでも最大の関門の一つが土地の評価方法。ここでは基本的な土地の評価方法を説明していきたいと思います。土地評価で重要なのは路線価方式が使えるかどうか、特例が適用できるかどうか。この2点を中心に見ていきましょう。 相続税の土地評価方法は2種類 相続税を計算するためには、財産の価値を...

遺産相続の手続きに期限はあるの?期限を過ぎるとどうなる?|気になる相続手続きを期限ごとに解説

遺産相続は、亡くなった方(被相続人という)が財産を残して死亡した時から始まります。相続に関するルールは民法で定められており、相続人とその順位は決まっています。 遺産相続に関わる相続の手続きはとても煩雑で、必要な書類の取得には時間がかかるものが多数あります。 そこで気になるのが、相続手続きの期限で...

相続の手続きを時系列で紹介!「期限別のスケジュール」で分かりやすく解説

相続が発生すると、やらなければならない手続きが次々と出てきます。期限の決まっているものを中心に、特に期限のないものもどのタイミングで行うのがいいかを、早い順にご紹介します。何から手を付けたらいいかわからない人も、これで自分のやるべきことが整理でき、スムーズに進めることができるでしょう。 【期限別...