よくあるご質問

「一次相続」・「二次相続」とは何ですか?

一次相続」はご両親のうち1人が亡くなること、「二次相続」はもう片方の親が亡くなることです。

一次相続と二次相続

一次相続とは、ご両親のうちの1人の方が亡くなって、もう片方の親と子どもが相続人となる、最初の相続のことを指します。
二次相続はその次に行われる相続のことで、ご存命であったもう片方の親が亡くなり、子ども達に遺産が引き継がれる相続です。

例えば、お父様が先にお亡くなりになられ、お母様とお子様が相続人となることが一次相続に当たります。その後にお母様がお亡くなりになり、お子様だけが相続人となることが二次相続になります。

一次相続と二次相続では適用できる控除制度が異なるため、どちらかだけを考慮した納税プランではトータルとして支払う相続税が多くなることがあります。
また、一次相続での相続財産は、一次相続後に残された親の生活資金にもなるため、納税だけを考慮したプランでは適さない場合があります。

相続は一つとして同じケースが無い為、多くの経験が良いご提案につながります。 経験が豊富で、相続を専門に扱っている税理士へ相談することをおすすめいたします。

このQ&Aはお役に立ちましたか?

無料でさらに相談してみる