よくあるご質問

支払った相続税が戻ってくる場合があると聞いたのですが、本当ですか?

はい、本当です。相続税申告書の誤りによって過去の納税が払い過ぎたと疑われる場合、国から税金を戻してもらうことができます。これを相続税の『還付』といいます。

相続税の申告において数字を大きく間違えてしまう理由としては、例えば、

  1. 相続に不慣れな相続人がご自身で申告をした場合
  2. 相続税に詳しくない税理士が申告をした場合

などが挙げられます。

特に相続税額を決める土地の評価は、評価する者の知識や経験で大きな差が出ることになります。当初の申告において適用可能であった減額要素の見落としを是正することにより、相続税の還付を請求します。
例えばレガシィが実際にお手伝いした例だと、最高還付額として3億9,396万円、平均還付額としても2,515万円の実績があります。

相続税の更正請求・還付請求手続き

相続税の還付を行う場合は、そもそも還付される可能性があるのかを判断する必要があります。還付ができるのは申告期限から5年以内と決まっているため、申告内容に不安がある場合は、相続専門の税理士に早めに相談することが重要です。

このQ&Aはお役に立ちましたか?

無料でさらに相談してみる

相続のせんせい 相続のせんせい