よくあるご質問

どれくらい相続税がかかるのか知りたいのですが

相続税は「(ご遺産-基礎控除額)×相続税率」によって求められます。ただし、単純に税率を乗じるのではなく、法定相続取得分に応じた税率を乗じる必要があり、複雑な計算を行う必要があります。
レガシィでは、簡単に相続税が計算できるシミュレーションページを用意していますので、ぜひご利用ください

相続税額 概算シミュレーション

相続税には「基礎控除額」があります。相続人数によって決まる金額で、遺産が基礎控除額未満の場合は相続税がかからず、申告の必要もありません。

  • 基礎控除額 = 3,000万円 + 600万円 × 法定相続人

例えば、相続人が配偶者と子2人の場合は法定相続人が3人になりますので、基礎控除額は以下のようになります。

  • 基礎控除額 = 3,000万円 + 600万円 × 3人 = 4,800万円

この場合は、遺産が4,800万円以内であれば相続税がかかりません。

相続税の計算の仕組みはこちら

また、相続財産には特例を適用することが可能な場合があります。特例を適用することで相続税額を抑えることができますので、専門家である税理士へご相談ください。

その際にご相談いただくのは、「相続専門」の税理士をおすすめします。なぜなら、医者が内科医・外科医と分かれているように、税理士でも得手不得手の分野があるからです。当然、相続を得意とする税理士の方がお客様に応じた最適なご提案を行うことができますので、ぜひ信頼できる「相続専門」の税理士へご相談ください。

このQ&Aはお役に立ちましたか?

無料でさらに相談してみる

相続のせんせい 相続のせんせい