相続でお困りの方 無料相談のお申込み

資料請求

CLICK

無料資料請求
はこちら!

よくあるご質問

相続税を節税するには何が一番有効ですか?

生前でのご検討か、それともご相続発生時か、などお客様のご状況により「何が一番有効か」は異なってきます。生前の場合はまず現状分析を、相続発生時の場合は特例等を上手く利用することが重要です。

主な生前対策例としては、「生前贈与」「生命保険への加入」「養子縁組」が挙げられます。例えば、亡くなる前に計画的な生前贈与を行うことで、相続時の課税対象となる財産を減らすことができます。また生命保険は非課税枠があり、「500万円×法定相続人の数」までは相続税が課税されません。養子縁組については法定相続人の数を増やすことができ、相続税の基礎控除「3000万円+600万円×法定相続人の数」を増やすことで節税対策になります。こちらは上記の生命保険の非課税金額にも影響があります。
お客様のご状況によって適切な対策がありますので、まずは現時点での資産の現状分析をしてみるのが良いかもしれません。

相続発生時の節税対策としては、土地の評価減、小規模宅地等の特例が挙げられます。
土地の評価減には、地積規模の大きな宅地、セットバックを必要とする宅地、騒音、不整形地等様々な減額要因があります。これらの評価には経験の差が出やすく、税理士によって評価額が異なることも少なくありません。また、小規模宅地等の特例とは、一定の要件を満たすことで、土地の評価額を最大で80%減額することができる特例になります。こちらも適用要件が複雑な場合もありますので、土地評価の経験が豊富な税理士へのご依頼をおすすめします。

相続税・贈与税の節税対策とは?生前贈与で相続税を軽減する方法や申告・税務調査のポイントを解説

節税対策は、財産状況や相続人の方の状況により、「何が一番有効か」は異なります。 対策をご検討されている場合は、専門家によるアドバイスを参考の上、適切な節税対策を行っていくことが重要になります。

このQ&Aはお役に立ちましたか?

無料でさらに相談してみる

相続のせんせい 相続のせんせい