よくあるご質問

相続手続きが完了するまでの期間はどれくらいでしょうか?

一般的に、少なくとも半年ほどはかかります。やるべき手続きが非常に多いので、1つ1つ確認しながら進めていきましょう。少しでも不安を感じたら、専門家への相談を検討してください。

相続手続きの大まかな流れとしては下記のようになります。

  1. 死亡届の提出
  2. 公共料金等の解約又は名義変更、保険金の請求手続き、年金の停止手続き等
  3. 遺産分割協議
  4. 金融機関等の解約又は名義変更・不動産の名義変更

これ以外にも、相続税の申告及び所得税の準確定申告が必要な場合には、関係資料の収集と申告手続きが追加されます。相続税の申告及び所得税の準確定申告は亡くなった日からそれぞれ10か月以内と4か月以内に申告及び納税を済ませる必要があるため、できるだけ早くから準備を始めましょう。

弊社が運営するWebサービス「相続のせんせい」では、複雑な手続きの流れを整理した『相続手続きチェックリスト』をご用意しています。ぜひこちらもご利用ください。

レガシィでは相続税申告を始めとして、金融機関の解約・名義変更などの遺産整理、不動産の名義変更など、あらゆる手続きをお手伝いしています。それぞれの作業を順番に行っていくと非常に時間がかかりますが、レガシィではこれらを並行して行っていくため、一般的な期間よりも短く、かつスムーズに進めることができます。
また相続の専門家の目線から、相続税の申告や遺産分割の不安な点や疑問点についてのアドバイスも行っているため、より安心して相続を進めていただくことができます。

相続は人生の中で何度も経験するものではないため、不安に感じる方が大多数です。特に、お仕事がお忙しい方やご高齢の方にとっては、負担が大きいと思われます。
少しでも不安や負担を感じた場合には、ご自身で抱え込まず、専門家に相談してみましょう。

このQ&Aはお役に立ちましたか?

無料でさらに相談してみる