相続税の申告を無料相談するなら税理士法人レガシィ【公式】 税理士法人レガシィ 税理士法人レガシィ

暦年贈与を検討中の方へ伝えたい「かけこみ贈与」の注意点

2021.12.17 ニュース

令和4年度の税制改正大綱にて、贈与税改正(暦年贈与の廃止)は「継続審議」となったことが発表されました。
とはいえ、今後の暦年贈与の廃止の可能性がなくなったわけではなく、今年度分のかけこみ贈与を検討している方も多いかもしれません。

しかし、暦年贈与は本当に最良の解決策でしょうか?
じつは節税対策において、暦年贈与がベストとは限りません。
実際にレガシィに贈与のご相談をされたお客様でも、結果的には別の解決策にいたった方が多くいらっしゃいます。

例えば・・・

●110万円の暦年贈与を実施しようと思って相談したが、相続税を試算してもらったら0円で、生前贈与が節税にならないことが分かった。
●110万円を超える贈与でも、誰に、いくら贈与すればよいかシミュレーションをしてもらったら、結果として相続税と合わせて〇円も節税できた。
●世話になった長男の妻に贈与を考えていたが、長男の妻を養子にして遺言で相続させる方が節税になった。
など

お客様のお悩みを解決する方法はひとつではありません。
ぜひレガシィと一緒に最適なプランを考えてみませんか?

税理士法人レガシィでは初回無料相談を実施しています。
お気軽にお問合せください。

トピックス一覧