相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

region

  • HOME  > 
  • 世田谷代田

世田谷代田の
相続税評価額

世田谷代田駅周辺地域の路線価は、約540千円。一坪あたりでは1,782千円です。小田急小田原線の世田谷代田駅の一日の乗降者数は8千人です。世田谷代田駅がある代田地区には低層住宅が多く存在します。下北沢や新宿に近いこともあり、住宅地として人気が高いエリアです。開業時の駅名は「世田ヶ谷中原」でした。(算出住所地:東京都世田谷区代田2-23-16)

改正前相続税額 平成28年相続税額 納税による貯蓄減少率
売却による土地の減少率
一軒家 4,683千円 9,177千円 お問合せください
地主 193,441千円 214,471千円 お問合せください
大地主 1,313,284千円 1,419,412千円 お問合せください

相続税評価額は、面している土地、土地の形状、などによって、大きく変わります。また、建物や、相続人数によって相続税額は大きく変わります。
相続税の申告をお考えなら、世田谷代田の相続実績が豊富な、税理士法人レガシィにご相談ください。

レガシィの算出モデルにつきまして

税理士法人レガシィでは、過去に手掛けた相続税の申告実績をもとに、所有する土地の広さによって三つのモデルを作成しています。土地及び金融資産についてはそれぞれの平均値を算出し、各モデルの所有資産としました。これによって、個別の土地ごとに大体の評価額や相続税額を比較することができるようになりました。ご自身に最も近いものをご参考にしてください。

ここで紹介している相続税の税額は

  • ・父(または母)の相続はすでに済ませている
  • ・一人暮らしだった親(配偶者なし)が亡くなり、相続が発生
  • ・持ち家のある子ども二人が相続人となる二次相続

上記の想定のもと、算出された相続税の総額(子ども二人の納税額)です。
「納税による貯蓄減少率」とは、相続税の支払いによって、所有する金融資産などがどの程度減少するかを示したものです。
「売却による土地の減少率」とは、相続した金融資産だけでは相続税を支払うことができず、土地を売却する場合、土地がどの程度減少するかを示したものです。

所有する土地の面積 金融資産 その他の資産
一軒家 157.68m2(約50坪) 20,769千円 1,971千円
地主 1,015.29m2(約300坪) 78,628千円 11,719千円
大地主 4,931.14m2(約1500坪) 214,038千円 7,715千円

税理士法人レガシィが手掛けた過去6年間の相続税の申告実績をもとに、所有する土地の広さによって三つのモデルを作成しました。資産データはそれぞれの平均値を算出し、各モデル所有資産としています。

  • ●土地の面積は、評価額を路線価格方式で算出したものに限り、倍率方式の土地や借地権が入ったものは除く。
  • ●金融資産は、現金・預貯金のほか、上場株式、公社債などを時価換算した評価額の合計。
  • ●その他の資産は、主に家屋、貸付金、預け金、自社株などを含み、相続税の計算に加算すべき生前贈与を加えた合計額から債務等を除いた金額。
  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP