相続の知識

60年の実績を持つ相続専門税理士事務所が
相続に関する知識を辞書としてお使いいただけるよう
取りまとめました。ご活用ください。

注⽬キーワード

相続登記 義務化 住宅資金 贈与 相続 不動産 国外財産調書 役員借入金 タワマン 節税 相続対策 遺言信託 遺贈寄付 事業承継税制

最近の法改正

カテゴリから探す カテゴリから探す 立場から探す 立場から探す

カテゴリから相続について学ぶ

相続に関する様々な手続きや注意点、スケジュールなど相続について知るには、こちらから。
生前対策のメリットや、相続税申告完了後でもできることも取り上げています。

新着記事

役員借入金は相続財産になる!生前にできる対策を解説

「役員借入金」とは文字通り、社長などの会社役員が所有している個人資産を、会社が借り入れた資金です。役員の相続発生時には相続財産と見なされるため、相続税の対象となります。会社側は借入金を返済しなければならないうえ、役員が仮に社長だった場合は個人としての相続税の負担も重なってしまいます。ただし中には...

遺言による寄付(遺贈寄付)とは?相続税や遺言の効力、遺留分の注意点を解説

遺言による寄付(遺贈寄付)は、遺言者が死後に自身の遺産を寄付することです。寄付のタイミングで生前贈与とは異なるほか、遺贈寄付は団体へ寄付することで基本的に相続税が課税されません。また、正式な遺言書を作成すれば法的効力を持たせることも可能です。 本記事では、遺言書の効力から遺贈で注意すべきポイント...

結婚・子育て資金の一括贈与とは?手続きやデメリット、いつまでかを解説

結婚・子育て資金の一括贈与とは、最大1,000万円までを非課税枠として、子・孫などの結婚・子育て費用を経済的に援助できる特例制度です。現状では、令和7年3月31日まで利用できます(令和6年4月現在)。ただし、この制度では、贈与資金を新婚旅行には利用できないなど、使途の制限やデメリットもあるので注意が必要です...

特別代理人とは?選任申立の流れや必要書類、誰がなれるかを解説

遺産相続では「特別代理人」を選任しなければならないケースがあります。「親と未成年の子」や「認知症の親と成年後見人の子」が共に相続人になった場合などが代表的な例です。本記事では、親子間での遺産相続が発生した方へ向けて、特別代理人の基礎的な知識と選任が必要なケース、申立ての流れ、必要な書類や費用につ...

非上場株式とは?基本知識や譲渡方法、税金についても解説

非上場株式は上場株式のようなひと目でわかる株価が存在しないため、売買や相続、贈与で株式の譲渡を行う場合には特別な方法で評価額の算出を行います。 本記事では非上場株式の評価方法や課税される税金の内訳の他、株式譲渡にともなうメリットや手続きの方法まで詳しく解説します。 非上場株式とは 非上場株式は、...

遺言のデジタル化は認められている?現行法や電子化に関する最新動向を紹介

昨今、日本政府は行政手続きなどのデジタル化を推進していますが、遺言書に関してはどうなのでしょうか。結論から言えば、2024年4月現在、デジタルで作成した遺言書に法的な効力は原則的に認められていません。しかしデジタル遺言の制度創設について、前向きに検討する動きが出ているのも確かです。本記事では、遺言書の...

渋沢栄一の新紙幣がやってくる!発行日はいつ?最新の偽造防止技術とは?

新紙幣の発行はいつ? 発行開始日 新紙幣の発行開始日は2024年7月3日です。これは、1984年に現行の一万円札が採用されてから約40年ぶりの大きな変更となります。新一万円札のデザインには渋沢栄一が採用されており、最新の偽造防止技術も導入されています。また、五千円札には津田梅子、千円札には北里柴三郎の肖像が...

空き家を相続したら?デメリットや対処法などを解説

空き家を相続した、または相続する予定がある場合、どのように対処すればよいのでしょうか。 対処法は、対象の空き家に資産価値があるかないかで異なります。本記事では、空き家を相続するデメリットやリスク、それらへの対処法、相続時に活用できる特例などについて詳しく解説します。 空き家の相続によるデメリッ...

離婚した元配偶者や子どもに財産を相続させる方法、させない方法

離婚に際しては、自分の死後に財産を受け継ぐ権利を持った法定相続人の構成にも変化が生じます。ただし、元配偶者と子どもの扱いはそれぞれ別個に考える必要があるので注意が必要です。本記事では、離婚後に元配偶者や子どもに相続権はあるのか、相続させる方法、させない方法も併せて分かりやすく解説します。 離婚後...

特定同族会社とは?同族会社との違いや判定方法、税制上の規定を解説

家族経営の会社を事業承継するにあたって、税金面などの関係から、その会社が特定同族会社に該当するのか、判定方法が気になる方も多いはずです。ここでは、特定同族会社と同族会社との違いや、特定同族会社を判定する方法、税制上の規定を解説します。 特定同族会社とは 特定同族会社とは同族会社の一種であり、被...

注目の記事

一親等の範囲はどこまで? 二親等だと相続税が増える?相続のギモンを解説

誰かが亡くなると相続が発生します。亡くなった方(被相続人)の親族が相続人となり、遺産相続をするわけですが、そもそも親族の定義とはどんなものなのか、いったいどこまでの親族が相続人となるのか、疑問に思う方も多いでしょう。 ここで覚えておきたいのが「親等」の考え方です。この記事では「親等」の基礎知識や誰...

全員が相続放棄をしたら、その後どうなる? 管理義務まで一挙解説

相続が発生した際、必ずしもスムーズに相続できるケースばかりではありません。管理の難しい不動産や多額の負債がある場合などは、相続人全員が「相続放棄したい」となるケースもあります。本記事では相続人全員が相続放棄をした場合にどうなるのかをテーマに、財産の行方や管理義務などについて解説します。 「相続放棄...

相続登記の義務化は【2024年4月1日】から!経緯や過去の相続についても解説

相続登記が義務付けられるものの、その詳しい内容についてなかなか理解できず、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、相続登記の義務化に至った経緯から、法改正後の変更点、手続きを行わない際に起こり得るリスクを解説するとともに、手続きの流れやかかる費用について解説します。 まず相続登...

成年後見人の登記事項証明書の取得方法は?オンライン申請についても解説

成年後見人等が法定後見や任意後見契約の登記をしていると、その登記事項の証明書を法務局に請求できます。この証明書を「成年後見登記事項証明書」といいます。登記事項証明書は各法務局の窓口で請求するほか、郵送やオンラインでの請求も可能です。また、請求を代理人に委任することもできます。取得する際は必要書類...

家族信託を徹底解説!メリット・デメリットやトラブル例も紹介

高齢化が進む現代、認知症などの発症リスクもあり、相続の問題はもとより、老後の財産の管理の問題も深刻となってきました。 財産管理に関わる制度はいろいろありますが、費用の面でもハードルが低いのが「家族信託」です。比較的新しい制度ですが、注目の制度なので耳にしたことがあるのではないでしょうか。ただし、...

遺贈とは?相続との違い、手続きや放棄の仕方を解説

「遺贈」とは、故人の残した遺言に則って、その遺産の一部、あるいはすべてをゆずることを指します。相続との違いは、遺言を残す必要があるということ、そしてゆずる相手は法で定められた相続人でなくてもよいうえに、特定の個人でなくてもよいということです。また、受けとる遺産にかかる税金も大きく異なってきます。 ...

相続税の路線価とは?図の見方や計算方法など基本の知識を解説

相続税の計算には財産をすべて金額に直す必要があります。そのときに大きな障害となるのが土地の評価です。土地の評価額の計算には大きく二つの方法がありますが、基本は相続税路線価を使うやり方です。路線価は土地の面する道路(路線)ごとに決まっていて、国税庁のホームページで公開しているので、住所からすぐ調べ...

贈与税がかかるのはいくらから? 贈与税の計算方法や非課税になる特例を紹介!

親から子へ、祖父母から孫へと生前に財産を少しずつでも渡すことは珍しくありません。血縁関係のあるなしにかかわらず、個人が個人へと無償で財産を与えることを「贈与」といいます。そしてその贈与額によっては、受けとった側が「贈与税」を支払わなければならなくなります。 となると、気になってくるのは「いくらも...

相続税の納付遅れには延滞税がかかる|計算方法・ペナルティも解説

亡くなった方(被相続人という)が遺した財産が一定の額を超えていた場合、その財産を受け継ぐ相続人には相続税の支払い義務が生じます。その相続税ですが、いつまでに払わなければならないのかをご存じでしょうか。 被相続人が亡くなった直後は葬儀などで慌ただしく過ごすため、相続税どころではなくなります。しかし...

【2024年最新】住宅購入資金に対する贈与税は最大1,500万円 ※ が非課税に!要件や注意点も解説

※令和6年度税制改正大綱により、2023年以降も特例が延長されることが発表されました。その他の改正点など、詳しくは【2024年最新情報】をご覧ください。(更新日:2024年1月5日) また令和4年度税制改正において、非課税限度枠は最大1,500万円→1,000万円に変更されています。詳しくは【2022年改正情報】をご覧ください...