相続税申告 実績日本一 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

recruit

キャプテンの一日

レガシィで働く税理士は、さまざまなキャリアを持っています。
他の会計事務所では経験できない「顧客に喜ばれるというポジション」で活躍できる場がここにあります。
ここではキャプテンの一日を追ってみます。

10:00 お客さま訪問

ご自宅へ訪問

相続税の業務では、大切なご家族を亡くされた上に、何千万・何億・何十億円にもなる、多額な相続税の納税に対する不安、相続人間の分割協議に対する心配をされているお客さまがいます。そのようなお客さまの不安と心配を解消できるように、何度も打合せをしながら、節税だけではなく、お客さまの気持ちに寄り添いながら、業務を行います。

11:00 お客さまからの相談

打ち合わせ

資産税の業務は、相続税の申告書の作成・納税準備、譲渡所得の金額算定、各種財産の適正額の算定など、さまざまな内容についてお客さまからご相談されます。また、お客さまごとの財産内容を伺い、建物の建築、財産の交換などにより、相続後の毎年の資金フローに対する法人税・所得税および、相続税・譲渡所得税の節税対策をご提案します。

11:15 迷ったときは上司に

上司と相談

何度か経験をしていくと、業務の80~90%は経験上の判断で進めることができるのですが、残りの20~10%は、個々の案件ごとに、それぞれ独自の問題が発生してしまいます。そのような時には、自分の考え方が正しいかどうかを、経験豊富な上司に確認をしてもらい、適切なアドバイスを受けられるので、業務に対して安心して取り組めます。

14:00 セミナー講師も行います

セミナーの講演

キャプテンになり、セミナー講演をはじめとして、人前で話す機会が増えました。セミナーは、会社の顔として綿密に準備して本番にのぞみます。セミナーの準備をする中で、当然多くの知識を得ることができますし、セミナー講演自体が、一社会人としてもとても貴重な経験です。

15:00 ちょっとひと休み

部下と打ち合わせ

人間、集中力はそう長くは続かないもの。特に、お客さまの大事な案件を預かっている身ではミスは許されません。適度に休憩を取りながら、仕事をきっちりと 集中して行うというメリハリを大事にしています。執務室は330 坪を超える広いスペースなので、適度にゆったりできる空間があって快適です。

16:30 専門性に特化した研修

部下と打ち合わせ

キャプテンになると、相続事案、法人・個人所得事案の自立解決能力を高める研修を受講することになります。そこでは提案ノウハウ・相談アドバイス対応ノウハウが身につけられます。このように役職ステージアップ研修を通じてより上のステージに道が開かれていきます。

  • 採用情報トップ
  • 採用方針
  • 代表のことば
  • 募集要項
  • 研修体制
  • 法人見学会
  • キャプテンスタッフの一日
  • スタッフの一日
  • 資産税業務について
  • 社内行事風景
  • 社内アンケート
  • サポート業務の紹介
  • 動画で見るレガシィの魅力

PAGE TOP