相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記

2004.9.30 お客様の笑顔が私たちの笑顔の素です。

2004.9.30 | カテゴリ:相続応援日記

相続応援日記 記事一覧

嬉しい事がありました。お客様から、「おたくの経営理念を信じて相続・相続税の申告を頼んだ事が、間違いなかった。ありがとう。」とお褒めの言葉を頂きました。すべての仕事が終了して言われた言葉だけに嬉しかったです。社員全員の前で喜びの報告をし、社内の掲示板にもお褒めの言葉を掲示しました。お客様の笑顔が私たちの笑顔の素だと再認識できました。お声をいただける事はとても嬉しい事です。

http://www.fpstation.co.jp/sogo/gaiyo/index.html

2004.9.29 相続発生後奥様と接する機会が多くなります

2004.9.29 | カテゴリ:相続応援日記

相続応援日記 記事一覧

相続が発生すると奥様とお話する機会が増えます。相続税の事、遺産分割のこと、お子さん達の相続税の払い方の事、等が話題になります。

ご主人がお亡くなりになって生活が変わります。最初はご自分の気持ちに向かうことも出来ないことが多いようです。しばらくして、「看病することはなくなりましたが、話し相手がいないのは寂しいです。」そんな言葉が出てくるようになると、こちらは少し安心します。

難しいことは承知して、少しでもお気持ちの察しが出来るようにお手伝いしたいと願っています。「気配りの約束」http://www.fpstation.co.jp/souzoku/souzoku-now/1_45.htmlを掲げています。

2004.9.28 相続税にも高額納税者の公示制度があります

2004.9.28 | カテゴリ:相続応援日記

相続応援日記 記事一覧

所得税では高額納税者の番付が良く話題になります。http://allabout.co.jp/finance/inheritance/closeup/CU20040517A/index.htm

同様に、相続税を多く納めている人も、高額納税者の公示制度という制度で、全国の税務署で公表されています。

http://www.mof.go.jp/singikai/zeicho/siryou/kiso13g.pdf

その内容は納税地、氏名、課税価格です。普通の言葉で言えば、住所と氏名と相続の遺産分割で得た財産の価格が相続人毎に公表されています。財産の内容はわかりません。亡くなった方との続柄も分かりません。原則的には申告は亡くなった日から10ヶ月で、公示はそれから4ヶ月後です。

アメリカ・イギリス・ドイツにはありませんが、フランス・日本にはある制度のようです。

この制度が必要か?廃止か?良く議論されているところです。

2004.9.27 信用の出来る人と出来ない人の見分け方

2004.9.27 | カテゴリ:相続応援日記

相続応援日記 記事一覧

「信用しないほうが良い専門家とは?どういう人?」という質問が来ました。

「難しい問題であります。私の経験上での仮説ですから万能ではありませんが…」

と付け加えながら、相続・相続税の専門家として、こう答えさせていただいた。

1.難しい言葉を多く使う人(解説を加える発想が無い)

2.結論をすごく急がせる人(詐欺の常套手段に似ている)

3.お客様の話を聞かない人(自信が無いから良く話す)

お客様が電話の向こうでびっくりしているのがわかりました。

後で事情をお聞きすると、ぴったりの方が結論を急いで迫っていたのだそうです。

お断りになったそうで良かったです。

2004.9.26 相続のことで知りたい事をすばやく見つけるコツ

2004.9.26 | カテゴリ:相続応援日記

相続応援日記 記事一覧

相続や相続税のことで知りたい事を調べる時のコツを紹介します。

まずはリンク集を探すことです。相続の件で選ばれたサイトを紹介しているものです。検索サイトで検索すると多く出すぎてしまい、分からなくなります。そこで専門家が選んだこれは良いサイトと言うものがリンク集です。相続のリンク集はこちらからです。http://allabout.co.jp/finance/inheritance/

次にこのホームページはすごいと思っても、このサイトの中でどこに書いてあるかと文字検索をしたくなる時があります。検索すれば知りたい情報がすぐ分かるのに、残念ながら検索ボタン・検索ボックスがありません。(我が社のHPhttp://www.fpstation.co.jp/souzoku/index.htmlも残念ながらそうです。)そんな時、簡単に出来るやり方があります。しかも無料で。グーグルの下記のページに飛び、ツールバーをダウンロードすれば良いのです。その後「現在のサイト」をウェブ検索から選べばそのサイトの中で検索してくれます。http://www.google.co.jp/intl/ja/options.html

最後に「はてな」で良いサイトありませんか?と聞くことです。これも便利です。人力による検索サイトです。http://www.hatena.ne.jp/help/

2004.9.25 未来の自分からのアドバイスを聞いて

2004.9.25 | カテゴリ:相続応援日記

相続応援日記 記事一覧

相続・相続税の専門家として一人の人生を振り返って見ると、ちょっとしたアドバイスで人生が変わっていく、そんなことは良くあるものです。それも未来の自分からのアドバイスだったら…

夜11時からのNHK連続テレビドラマ「トキオ」が話題になっています。来週はクライマックスです。http://www.nhk.or.jp/23renzoku/html_tokio_story05.html1979年に出会った父と息子、25歳の拓実と19歳のトキオは、拓実の失踪した恋人・千鶴を探して、東京、名古屋、大阪を旅してゆく。25年後の世界から来た息子と行動する中で、すさんだ生活を送っていた男が、ひとりの人間として成長していく。 奇妙な二週間の二人旅で、息子は若き日の父親に、励ましのメッセージを伝えて去っていった。そして、拓実と千鶴の恋の行方は…。 東野圭吾の話題作「トキオ」http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062113279/qid%3D1096089323/249-7870078-2453952をドラマ化しています。映画化が楽しみな作品です。

2004.9.24 相続税の申告書に書面添付制度を利用する

2004.9.24 | カテゴリ:相続応援日記

相続応援日記 記事一覧

相続税の申告をする時に書面添付という制度を利用する時があります。

この制度は、2002年4月1日から新税理士法が施行され、書面添付制度の拡充がされました。書面添付制度とは、税務申告書を税務署へ提出する際に、その内容が正しいことを税理士が確認する書類(税理士が計算し、整理し、または相談に応じた事項を記載した書面)を添付する制度です。添付された書面に記載されている事項については、税務官庁もこれを尊重することにより、税務行政の円滑化と簡素化を図ることを目的としています。http://www.nta.go.jp/category/zeirishi/follow/02.htm

また、書面添付を行うと、税務署が税務調査をする場合は、税理士へ添付書面に記載した事項について意見を述べる機会が与えられます。事前に税務署から、調査の内容等が知らされ、意見も十分に述べることができます。これが私たち税理士としては嬉しい事です。納税者の心境で語る事が出来るからです。

相続では事前に調べる事も多く、申告するところはきちんとし、主張するところはきちんと主張するというやり方が納税者のメリットになると思っています。その為には書面添付という制度は有り難い制度です。

2004.9.23 目に見える財産と目に見えない財産

2004.9.23 | カテゴリ:相続応援日記

相続応援日記 記事一覧

家内の父の墓参りに宗賢院〔藤沢市大庭〕に行きました。多くの人がお墓参りに来ていました。小さな子が多かったのも印象に残りました。お彼岸に家族そろって行く風習は素晴らしい日本の風習だと思います。http://www.butsudanya.co.jp/ohigan_column.html

小さな頃から墓参りが出来る家庭に、相続でのもめる可能性は低いとお寺さんに聞いたことがあります。財産には、目に見える相続税がかかる物的財産と、目に見えない相続税がかからない精神的財産があるのかもしれません。

彼岸花が咲いていました。http://www.sakai.zaq.ne.jp/tabinoatosaki/higan%20bana.htm

2004.9.22 相続で困っている方を応援したい

2004.9.22 | カテゴリ:相続応援日記

相続応援日記 記事一覧

相続税の申告を毎年100件お手伝いをしています。有り難い事に、お客様から「悩みは何ですか?」と聞かれました。悩みではありませんが、残念な事はあります。相続で困っている方との出会いが限定されている事です。ほとんどがご紹介です。お手伝いして喜んで下さった方がご紹介してくれます。とても嬉しいです。ただ「誰か相続の損門家はいないかと?」と困って、探して下さっている方と出会えない事が残念です。そんな時お客様に「こういう専門家がいるよ。」と言って下さり、私共に「手伝って欲しい。」と言って下さる御紹介者が現われると、とても嬉しいです。

http://www.fpstation.co.jp/souzoku/souzoku-inquiry/1_80.html

2004.9.21 相続のお手伝いを天職と思う時

2004.9.21 | カテゴリ:相続応援日記

相続応援日記 記事一覧

さだまさしさんの唄に「主人公」という唄があります。さださんのファンが投票を行うと必ず第1位になる唄です。「あなたは教えてくれた、小さな物語でも、自分の人生の中では、誰もが皆主人公。」自分という物語の「主人公」という言葉が響きます。

相続のお手伝いをさせていただいていると、その方の物語を知ることになります。ピカソ物語、松下幸之助物語、それに優るとも劣らない物語を知る事になります。生き方を遺していただいたと感動することがあります。相続のお手伝いを天職と思う時はこのような時です。具体的には、その方のために、相続税を合法的に安く、もめない遺産分割で、財源もうまく確保する、お手伝いをしています。仕事をしていて嬉しくなる時です。

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP