相続税申告 実績日本一 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記

2017.5.12 力士の税金-その1

2017.5.12 | カテゴリ:相続応援日記 , その他

相続応援日記 記事一覧

新横綱・稀勢の里関が劇的な逆転優勝を飾った大相撲3月場所から早くも2か月が経ち、明後日14日から5月場所が東京・両国国技館ではじまります。

19年ぶりの日本出身横綱に沸く大相撲界ですが、大相撲の力士に対する税金はどうなっているのでしょうか。

力士に対する税金については、昭和34年に国税庁から出された通達にその取扱いが明記されています。

力士に対する主な報酬としては、日本相撲協会から支給される給与のほかに本場所の成績に応じて加算される「力士褒賞金」があります。これらはいずれも給与所得に区分されます。

給与がサラリーマンでいうところの基本給なのに対して、歩合給や成果報酬に該当するのが「力士褒賞金」です。

力士褒賞金は金星の数や勝ち越しのたびに加算されていく仕組みだそうで、長く現役を続けているベテラン力士ほど多いそうで、幕内から十両に降格したベテラン力士でもすぐに引退しないのは、この力士褒賞金がもらえるからだと言われています。

ちなみに一般的には、十両クラスが受け取る給料と力士褒賞金は年間1,200万円ほど、横綱に至っては年間約3,000万円にまでなるそうです。

「土俵には金が埋まっている」と言われていますが、給与と力士褒賞金以外にもさまざまな収入源があります。来週以降そうした収入の税務的な取り扱いをみていきたいと思います。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 大口 亮 3599

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

2017.5.11 税理士試験の受験案内。その6

2017.5.11 | カテゴリ:相続応援日記 , その他

相続応援日記 記事一覧

一昨日5月9日(火)より、平成29年(2017年)度の税理士試験の受験申込の受付が始まりました。

5月19日(金)までということで、受付期間が意外と短いので、注意が必要です。

本日は、受験者の「試験地」についてです。(平成28年度)

47都道府県の全てで試験が行われるわけではなく、平成28年度は13都道府県でした。

北海道、東北地方(宮城県)、関東地方(埼玉県、東京都)、北陸地方(石川県)、東海地方(愛知県)、近畿地方(大阪府、京都府)、中国地方(広島県)、四国地方(香川県)、九州地方(福岡県、熊本県、沖縄県)となっており、各地方にバランスよく試験地があるようです。

受験申込者数で言いますと、やはり東京都が圧倒的に多く、約2万人で、全体の約44%を占めています。

少ないのは、熊本県、石川県、沖縄県で、いずれも1千人未満です。

合格率は、特段、どの試験地が高いとか低いとかは無いようで、いずれも15%前後で落ち着いています。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ  天満 亮  3598

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

2017.5.10 税理士試験の受験案内。その5

2017.5.10 | カテゴリ:相続応援日記 , その他

相続応援日記 記事一覧

昨日5月9日(火)より、平成29年(2017年)度の税理士試験の受験申込の受付が始まりました。

5月19日(金)までということで、受付期間が意外と短いので、注意が必要です。

本日は、受験者の「学歴」についてです。(平成28年度)

「大学卒」のカテゴリーが圧倒的に多く、約2万6千人となっています。

「短大・旧専卒」、「専門学校卒」、「高校・旧中卒」を合わせても約7千人であるため、「大学卒」の人数の多さがお分かりかと思います。

ちなみに、「大学在学中」は約1千人にとどまっており、昨日のブログでも触れましたが、社会人、もしくは社会人経験者の受験生が多い、ということが、税理士試験の大きな特徴として挙げられます。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ  天満 亮  3597

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

2017.5.9 税理士試験の受験案内。その4

2017.5.9 | カテゴリ:相続応援日記 , その他

相続応援日記 記事一覧

本日5月9日(火)より、平成29年(2017年)度の税理士試験の受験申込の受付が始まりました。

5月19日(金)までということで、受付期間が意外と短いので、注意が必要です。

4月18日から20日の3日間の当ブログでは、主に税理士試験の科目について触れていきました。本日から3日間では、他の点について触れたいと思います。

本日は、受験者の「年齢」についてです。(平成28年度)

「26から30歳」、「31から35歳」、「36から40歳」、の各カテゴリーにおいては、いずれも、受験者数が6千人台ということで、大きな特徴は見られません。

それでは、いずれにも該当しない、「41歳以上」と「25歳以下」とでは、どちらの方が受験者が多いでしょうか?

正解は、「41歳以上」の方が、圧倒的に多いです。

「25歳以下」が約4千人なのに対し、「41歳以上」はその約2.5倍にあたる約1万1千人です。

税理士試験の大きな特徴として、社会人、もしくは社会人経験者の受験生が多い、ということが挙げられます。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ  天満 亮  3596

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

2017.5.8 平成28年熊本地震に係る特定土地等の評価方法等。その3

2017.5.8 | カテゴリ:相続応援日記 , 相続関連情報

相続応援日記 記事一覧

今回も前回から引き続き平成28年熊本地震に係る特定土地等の評価方法等についてご紹介致します。

前回までの内容で、4月13日より前に相続又は贈与により取得した特定土地等については、「平成28年熊本地震発生直後の価額」により評価できるとご紹介致しましたが、では地震が発生した平成28年4月14日以後に相続又は贈与により取得した土地等の評価についてはどうなのか?

結論としては、平成28年4月14日から平成28年12月31日までの間に相続又は贈与により取得した土地等のうち「熊本県(全域)及び大分県由布市」内にある土地等の価額についても特定土地等と同様に平成28年分の路線価等に「調整率」を乗じて計算することができるとされています。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 靏岡直希 3595

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

2017.5.2 平成28年熊本地震に係る特定土地等の評価方法等。その2

2017.5.2 | カテゴリ:相続応援日記 , 相続関連情報

相続応援日記 記事一覧

今回は前回から引き続き平成28年熊本地震に係る特定土地等の評価方法等についてご紹介致します。

特定土地等に該当する土地については相続開始時又は贈与時の時価で計算するのではなく、「平成28年熊本地震発生直後の価額」により計算することができることを前回ご紹介致しましたが、具体的にはどのように計算するのか?

結論としては、相続税及び贈与税の申告の便宜等の観点から、平成28年熊本地震による地価下落を反映した「調整率」を「熊本県(全域)及び大分県由布市」内における一定の地域ごとに定めることとされています。

そして、「平成28年熊本地震発生直後の価額」はその「調整率」を平成28年分の路線価等に乗じて計算することとされています。

例えば、その土地が路線価地域にある場合には路線価に各種補正を加えた価額に「調整率」を乗じて計算することとなります。

なお、この「調整率」については平成29年5月8日に発表される予定となっています。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 靏岡直希 3594

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

2017.5.1 平成28年熊本地震に係る特定土地等の評価方法等の概要。その1

2017.5.1 | カテゴリ:相続応援日記 , 相続関連情報

相続応援日記 記事一覧

平成28年4月14日に熊本地震が発生して一年が経過しました。

被害を受けられた皆様には心からお見舞い申し上げます。

平成29年4月に国税庁から、平成28年熊本地震に係る租税特別措置法第69条の6(特定土地等及び特定株式等に係る相続税の課税価格の計算の特例)、同法第69条の7(特定土地等及び特定株式等に係る贈与税の課税価格の計算の特例)に規定する特定土地等の評価方法等の概要が発表されましたのでご紹介したいと思います。

特定土地等とは次のいずれかに該当する土地等で、平成28年4月14日において所有していたもののうち、「熊本県(全域)及び大分県由布市」内にある土地等のことを言います。

・平成27年6月14日から平成28年4月13日までの間に相続等により取得した土地等

・平成28年1月1日から平成28年4月13日までの間に贈与により取得した土地等

上記の特定土地等の評価についてはその取得時の時価によらず、「平成28年熊本地震の発生直後の価額」により評価することができるとされています。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 靏岡直希 3593

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

2017.4.28 想いを遺す遺言書。その3

2017.4.28 | カテゴリ:相続応援日記 , 相続関連情報

相続応援日記 記事一覧

先日、お付き合いの長いお客様とお話をする機会があり、遺言の話題となりました。

今までそのお客様は、なかなか遺言という言葉に抵抗を示されていました。

お気持ちの変化を伺ったところ、お子様の何気ないお気遣いがきっかけの様でした。

相続というとすぐに「財産」に目が行きがちですが、このお子様は将来の墓守のことや、それぞれの家族のことを気にかけていたようです。

この遺言のお仕事をさせて頂く中で難しいのは、ご本人にその気がない場合です。

ご相談されるのがご本人であれば当然話は早いのですが、お子様から遺言のご相談を頂く場合、大抵はご本人にその気がないことが多くあります。

遺言書を書くのは当然ご本人ですので、その場合、どのようにご本人に遺言書を書いていただくか、という事になります。

その家にとって必要性が感じられる場合、私ども専門家から遺言のご案内をすることもありますが、内容がナーバスなものですので、こちらとしてもとても気を遣います。

このお客様のように意外なきっかけから事が動く事もありますが、何よりも日頃から親子の会話が出来ているお客様ほど、話がスムーズとなることが多いようです。

こちらも、いろいろなご家族を拝見し、日頃から勉強させて頂いています。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 三澤郁夫 3592

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

2017.4.27 想いを遺す遺言書。その2

2017.4.27 | カテゴリ:相続応援日記 , 相続関連情報

相続応援日記 記事一覧

先日、お付き合いの長いお客様とお話をする機会があり、遺言の話題となりました。

遺言は書かれる方の想いを遺すのにとても有効ですが、中には他の相続人の遺留分を侵してしまっているケースもあります。

 せっかく書いたのに遺留分の侵害があったために結果的にもめてしまった、ということがおきてしまっては元も子もありません

 遺言は何度も書き直すことが出来ますから、かなり以前に書かれた方はその時と財産状況が異なっていたり、家族構成やお気持ちも変わっていることもありますので、見直しをされるのもよいかもしれません。

 レガシィでは税法に則った視点からの遺言書作成アドバイスもさせていただいております。

また、もめないために「付言事項」を記載することをお客様にお勧めします。

この付言事項に法的な効力はありませんが、記載することで、なぜこの遺言が書かれたのか、どういう気持ちで相続人のことを思っているのか、を後に相続人が書かれた方の遺志を読む事が出来ます。

その結果、ご相続人間での紛争を避けられたり、相続人間で多少の不満はあっても、円満に相続を終えることが出来る場合も多くあります。

私もいくつかの遺言書を拝見する中で、この付言事項を読ませて頂くと、故人の想いが伝わってくる気がしており、もめない相続のお手伝いが出来るよう、気を引き締めています。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 三澤郁夫 3591

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

2017.4.26 想いを遺す遺言書。その1

2017.4.26 | カテゴリ:相続応援日記 , 相続関連情報

相続応援日記 記事一覧

先日、お付き合いの長いお客様とお話をする機会があり、遺言の話題となりました。

 ここ数年、雑誌などで相続特集を組むことが増え、それに伴って遺言の活用を検討される方も増えているようです。

 以前に公証役場で公証人の方と雑談した際、そこの役場で取り扱った案件が昨年よりも1.5~2倍くらいに増えているのではないか、とおっしゃっていました。

 遺言には自筆証書、公正証書、秘密証書の3種類の形式がありますが、やはり多いのは公正証書遺言です。

自筆証書で遺言を遺される方ももちろんいらっしゃいますが、形式に誤りなく作成しなければならない、遺言の中で頂く財産の少ない相続人からは、「筆跡が違う」などといった異議を唱えられる場合もある、など、なかなか遺言を書かれる方の思い通りにならないことも見受けられます。

レガシィでは、公正証書はもちろんですが、秘密証書遺言のご案内もしております。

秘密証書遺言は、遺言書の存在を公証人が証明しますので、自筆証書のようにその存在を否定されることもなく、また、公正証書のように内容が事前に相続人に分かってしまう事もありません。

公正証書ほどのものを作るのがおっくうという方には、相続の専門家がお手伝いするこの秘密証書遺言もご検討されてはいかがでしょうか。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 三澤郁夫 3590

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

PAGE TOP