相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2018.12.17 FXと仮想通貨の所得税。その3

2018.12.17 | カテゴリ:相続応援日記, その他

今日は仮想通貨の所得税の取り扱いです。

所得税法上、雑所得に区分され総合課税の方法により超過累進税率で課税されます。

他の所得と合算したうえで、最大税率45%(4000万円超の部分)という事なので、

FXとは異なって厳しい取り扱いとなっています。

所得が課税される場合としては、以下のものが考えられます。

A.仮想通貨を円に交換

B.仮想通貨を他の仮想通貨に交換

C.仮想通貨で商品を購入

D.仮想通貨を採掘(マイニング)したとき

なお損失が発生したときは、雑所得内での通算は可能ですが他の各種所得の金額からは

控除することができません。

投資家からは、先物取引に係る雑所得等と同じような課税方法を望まれていますが、

現在まで実行には至っていません。

今後に注目の分野です。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 森田太郎 3991

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP