相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2018.7.18 e-Tax利用の簡便化について。その1

2018.7.18 | カテゴリ:相続応援日記, その他

国税庁は、すでに活用されている e-Tax について、平成31年1月からその利用の簡便化について、概略を発表しました。

  マイナンバーカードに標準的に搭載される電子証明書やマイナポータルの連携機能の活用などにより、個人納税者の方の e-Tax 利用を、平成31年1月から以下の2つの方式が利用できる予定です。

  マイナンバーカード方式

マイナンバーカードを用いてマイナポータル経由又は e-Tax ホームページなどから e-Tax へログインするだけで、より簡単に e-Tax の利用を開始し、申告等データの送信ができるようになります。

    ID ・パスワード方式

マイナンバーカード及び ICカードリーダライタをお持ちでない方については、税務署で職員との対面による本人確認に基づいて税務署長が通知した e-Tax 用の ID ・パスワードのみで、国税庁ホームページから e-Tax による送信ができるようになります。  

  これまでは申告前に、市役所等でマイナンバーカードを取得し、税務署で e-Tax の開始届を提出、 e-Tax の ID ・パスワードの取得の全てが必要でした。

また、ICカードリーダライタの購入も必要で、コストもかかっていました。

今後は、市役所等か税務署でのどちらかの手続きで申告が可能となりそうです。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 三澤郁夫 3887

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP