相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2018.9.7 e-Taxの利用状況等について。その2

2018.9.7 | カテゴリ:相続応援日記, その他

先日、「平成29年度におけるe-Taxの利用状況等について」が公表されましたので、一部ご紹介したいと思います。

いわゆる確定申告、毎年3月15日期限の個人の所得税・消費税では、ざっと半分以上(55.1%)、e-Taxが利用されています。

これが、個人の申告ではなく、法人の申告となりますと、数字がだいぶ変わります。

個人と法人、どちらの方がe-Taxを利用しているのでしょうか?

割合で言いますと、法人の方がe-Taxを利用しているようです。

ここ数年70%台を推移してきましたが、平成29年度でついに80%の大台に突入しました。

しかし、件数で言いますと、圧倒的に個人の方がe-Taxを利用していることになります。

法人の法人税申告では約200万件に対し、個人の所得税申告では約1,000万件です。約5倍ですね。

法人税申告については、e-Taxを義務化にする、という話もありますので、その辺りを次回の当ブログでご紹介したいと思います。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ  天満 亮  3924

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP