【テレビ電話での打合せも可能です】 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2020.7.17 消費税について その2

2020.7.17 | カテゴリ:相続応援日記, その他

昨日から引き続き、消費税のお話です。

私たちが普段納めている消費税は、現在10%と広く知られています。

これは、前回お話しした「消費税」と「地方消費税」それぞれの税率を合わせた税率です。

令和1年10月1日以降、「消費税」は7.8%に増税され、「地方消費税」も2.2%となりました。

これら2つの税金をまとめて、私たちは普段の取引で消費税として納税を行なっています。

私たち一般消費者からすると、正直な話、「消費税」と「地方消費税」という区分はあまり重要ではありません。

結論としては10%納めればいいわけですからね。

しかし、お客様から消費税を預かるお店など(事業者)や、我々、会計業界の人たちにとっては、この区分はとても重要なものとなります。

次回、もう少し詳しく掘り下げていきます。

 

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 大友 智 4371

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続の知識

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP