相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 2015年税制改正に備えた税理士法人レガシィの取り組み その1現状と予想値の把握

2014.11.5 2015年税制改正に備えた税理士法人レガシィの取り組み その1現状と予想値の把握

2014.11.5 | カテゴリ:相続応援日記, 代表・天野隆のブログ

最近首都圏で「相続税の申告対象者が20.9%から44.5%へ上昇」という税理士法人レガシィ調べのデータが、テレビ・新聞・雑誌で報道されています。「なぜそのようなデータをお作りなられたのですか?」と良く聞かれます。

私共税理士法人レガシィは相続専門の税理士法人で、ほとんどのお客様は御紹介者が居ます。2015年相続税改正が施行されてお客様数は増加すると予想されています。私たちの生産体制が整わない場合、御紹介者(社内では恩人と呼んでいます)の顔をつぶすことになります。それは出来ません。そこでどれだけ増えるかデータが全国レベルしか国税当局は発表しなかったので首都圏のデータを独自に調査分析したわけです。

その結果東京国税局管内で相続税納税者が7.0%から15.0%へ、相続税の申告必要者は20.9%から44.5%へ上昇するという結論を得たわけです。

2010年12月に第1次生産体制改革プロジェクトが始まり、さらに総選挙で自民・公明両党が勝った2012年12月に第2次生産体制改革プロジェクトが始まりました。

記:資産家を応援する相続の専門家:天野隆。2987

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP