天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2013.4.5 2013年相続税制改正の影響予測。その3

2013.4.5 | カテゴリ:相続応援日記

平成25年度税制改正法案が国会を通過しました。平成27年(2015年)から相続税は増税になります。

基礎控除の改正に伴い相続税の納税者及び相続税の申告義務者になるのか?という質問をよく受けます。そこで今回は東京都でどのくらいの人が相続税に関係してくるか税理士法人レガシィの独自調査結果を公表します。

相続税の納税者割合は9.0%が18.9%へ。

相続税を申告して0になる人の割合は16.5%から31.4%へ

相続税の申告対象者は合計で25.5%から50.3%へ

これが東京都の相続税申告に関係する方の比率となります。

いずれも税理士法人レガシィの独自調査です。

上記割合は死亡者数に対するものです。

全体を考えた結果の50.3%という数字を見て、次に沿線別に一戸建ての標準価額、1世帯当たりの預金額負債額、その他財産の標準額を計算した結果と照らし合わせてみました。50.3%は妥当な結果という認識を持ちました。

相続税申告等日本一(自社調べ)の税理士法人レガシィとしては、平成23年から推し進めてきた「平成27年からの対応」に、現在緊張して着々と準備をしているところであります。

天野隆

記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。2602


(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。
  • ※本サイトに掲載の記事は掲載時点の事実を表記しています。

PAGE TOP