天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • Jリーグクラブ決算書の「この数字」は観客入場者数。その1

2009.3.5 Jリーグクラブ決算書の「この数字」は観客入場者数。その1

2009.3.5 | カテゴリ:相続応援日記

決算書の専門家として「この数字」というのがどうしても気になります。

サッカーJリーグクラブの決算書において重要な「この数字」は観客入場者数です。この数字はもちろん入場者収入はもちろん、スポンサー収入、グッズ販売収入に多大な影響を及ぼすからです。

http://www.j-league.or.jp/aboutj/jclub/2007-8/017.html


年度別入場者数推移をJリークで公表しています。

http://www.j-league.or.jp/data/view.php?d=j1data&g=j1_0&t=t_visitor&y=2008


浦和レッズの1試合平均入場者数の推移を見て見ましょう。

1993年 11,459人

1994年 18,475人

1995年 19,560人

1996年 24,329人

1997年 20,504人

1998年 22,706人

1999年 21,276人

2000年 J2

2001年 26,720人

2002年 26,296人

2003年 28,855人

2004年 36,660人

2005年 39,357人

2006年 45,573人

2007年 46,667人

2008年 47,609人

マーケティングの実例として興味のある数字が並んでいます。

犬飼基昭さん。日本リーグ時代の三菱重工でプレーし、引退後は三菱自動車の欧州法人社長などを歴任した後、2002年から浦和レッズ社長に就任しました。その後、「Jリーグのお荷物」とまで酷評されていた浦和レッズを、アジア随一のビッグクラブにまで育てあげ、社長退任後は、2006年からJリーグ常務理事を勤めました。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。1612。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP