天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • Jリーグクラブ決算書の「この数字」は観客入場者数。その2

2009.3.6 Jリーグクラブ決算書の「この数字」は観客入場者数。その2

2009.3.6 | カテゴリ:相続応援日記

決算書の専門家として「この数字」というのがどうしても気になります。

サッカーJリーグクラブの決算書において重要な「この数字」は観客入場者数です。この数字はもちろん入場者収入はもちろん、スポンサー収入、グッズ販売収入に多大な影響を及ぼすからです。http://www.j-league.or.jp/aboutj/jclub/2007-8/017.html


年度別入場者数推移をJリークで公表しています。

http://www.j-league.or.jp/data/view.php?d=j1data&g=j1_0&t=t_visitor&y=2008

さて1993年度から2008年度の合計で1試合当たりの入場者数の一番多かったチームはどこでしょうか?

3位仙台 21,785人

2位浦和 28,575人

です。

では1位はなんと!

1位新潟 37,860人です。

驚きです。

浦和は昨日書きましたように4万人を越えたのは2006年度からなのです。

新潟は2004年度昇格し

2004年度 37,689人

2005年度 40,114人

2006年度 38,709人

2007年度 38,276人

2008年度 34,490人

とすごい数を誇っています。

サッカー不毛の地だけに驚く数字です。

池田弘さん。1949年新潟市生まれ。1996年、地元サッカークラブチーム「新潟イレブン」のプロ化に伴い株式会社アルビレックス新潟代表取締役に就任し、観客動員数を国内トップクラスに押し上げる。03年にはJ2リーグ優勝、J1昇格を成し遂げ、地域を巻き込んだ盛り上がりで新潟に新たな活力を生みだしている。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。1613。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP