相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2018.7.27 非上場株式の納税猶予のチェックシート。その2

2018.7.27 | カテゴリ:相続応援日記, 相続関連情報

「非上場株式等についての相続税の納税猶予及び免除の特例」、いわゆる事業承継税制ですが、平成30年の税制改正により、特例措置が設けられました。

この特例措置を受けるための提出書類が、「提出書類チェックシート」に記載されていますので、順を追ってご紹介したいと思います。

1.会社の株主名簿の写し(相続開始の直前、相続開始の時におけるもの)

2.定款の写し(相続開始の時におけるもの)

会社の全ての株主の「氏名」、「住所」、「保有株式数」を確認できる書類が必要となります。

相続開始の直前には、被相続人等が50%超の議決権を保有していなければならず、また、被相続人が最も多くの議決権を保有していなければなりません。

相続開始の時においては、後継者が50%超の議決権を保有していなければならず、また、後継者が最も多くの議決権を保有していなければなりません。

こういった事実を確認するための書類、ということになります。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ  天満 亮  3894

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP