相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 電子帳簿保存制度・スキャナ保存制度について その1

2019.6.25 電子帳簿保存制度・スキャナ保存制度について その1

2019.6.25 | カテゴリ:相続応援日記, 税制改正, その他

 近年、様々な面でペーパーレス化が進んでおりますが、会計業務についても帳簿等の電子保存が可能となっています。

 帳簿及び国税関係書類のうち、自己が最初の記録段階から一貫して電子計算機を使用して作成しているものについては、税務署長の承認を受ければ、一定の要件の下に電磁的記録による保存等が可能です。

 また、決算関係書類を除く国税関係書類については、税務署長の承認を受ければ、一定の要件を下に、スキャナにより記録された電磁的記録の保存により、その書類の保存に代えることが可能です。

 このような制度について、改正がありました。改正の内容については、次回以降ご紹介致します。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 佐々木 進吾 4112

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP