相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 電子帳簿保存制度・スキャナ保存制度について その3

2019.6.27 電子帳簿保存制度・スキャナ保存制度について その3

2019.6.27 | カテゴリ:相続応援日記, 税制改正, その他

 引き続き、電子帳簿保存制度・スキャナ保存制度の改正についてです。

 4.承認前の重要書類等のスキャナ保存について

  従来は、承認を受ける前に作成又は受領等した重要書類については、スキャナ保存を行うことができませんでした。今回の改正により、スキャナ保存の承認申請書の承認以前の重要書類等についても、税務署長等への届出書の提出などの一定の要件の下に、スキャナ保存をすることができるようになります。

  この改正は令和元年9月30日以後に提出する適用届出書に係る過去の重要書類について適用されます。

 5.スキャナ保存の要件緩和について

  スキャナ保存には重要書類の紙段階での改ざんの可能性を低くするという観点から入力期間要件が設けられていますが、この入力期間要件が緩和されます。

  イ.受領後速やかに入力する場合

     受領後1週間以内 → 概ね7営業日以内

  ロ.業務の処理に係る通常期間を経過した後に速やかに入力する場合

     最長1か月プラス1週間以内 → 最長2か月プラス概ね7営業日以内

  ハ.受領者自ら読み取る場合のタイムスタンプ

     受領後3日以内に付す → 概ね3営業日以内に付す

  また、受領から入力までの事務処理の内容を定期的に検査することも要件となっておりましたが、事業規模に応じた柔軟な対応を可能とするためこの定期検査要件が緩和されます。

   全ての事業所等を対象として1年に1回以上の検査

    → 概ね5年のうちに全ての事業所等の検査

  この改正は、令和元年7月頃を予定としています。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 佐々木 進吾 4114

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP