相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2016.11.24 都内23区で相続の課題が大きいのは?。その1

2016.11.24 | カテゴリ:相続応援日記, 相続関連情報

路線価が上昇し、また高齢化社会を迎え死亡数が増加傾向にある昨今、相続に関する課題が増してきております。ただどのエリアで相続の課題が多いのでしょうか。税理士法人レガシィでは独自に都内23区の相続課題が多いエリアを調査しています。弊社のA先輩税理士とB後輩が先日このことで議論していたためご紹介します。

A先輩「B君、最近入籍したって聞いたぞ。おめでとう!ていうか何で俺に言わないんだ!?」

B後輩「有難うございます!いや、だってA先輩に言うとお節介だから、やれ夫婦はこうあるべきだとか言われそうで」

A先輩「むむむ、それはけしからんぞ!おれはそんなにお節介か?おれはB君のためを思ってありがたいおれの経験談を話してあげているんだ。こないだの信託と事業承継の話はよかっただろ?しかもこうあるべきだなんておれは言わない!いつも数ある選択肢を提示して選んでもらっているはずだ!B君、これから説教だ!」

B後輩「はい、その通りです。すみません!ご勘弁ください!」

A先輩「まあ、いいや。紙面の都合で説教はカットしよう。それより新居はどこにするんだ?」

B後輩「これから決めるんですよね。会社に通いやすい23区内がいいと思っているんですが」

A先輩「なるほど、じゃあ23区の特色を把握しなきゃいけないな。23区と言えば、レガシィでは相続に関する23区の特色を調査して、相続課題が多い区をランキングしてみたんだ」

B後輩「そうなんですか。何を調査したんですか?」

A先輩「相続と言えばまず何が重要な資産かな?」

B後輩「土地ですね。ということはまずは路線価ですか?」

A先輩「その通り。でもそれだけじゃ足りないよね」

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 天野大輔 3485

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP