相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2018.4.20 遺言の内容と異なる遺産分割-その2

2018.4.20 | カテゴリ:相続応援日記, 相続関連情報

遺言がある場合には原則として相続人間の同意を経ることなく、遺産分割が行われます。

では、遺言の内容と異なる遺産分割は絶対にできないのでしょうか?

答えは、「ある一定の条件が揃えば遺言の内容と異なる遺産分割は可能」です。

その条件の一つが、遺言によって財産を取得する人(受遺者)がその財産の取得を放棄すること、です。    

遺言はあくまでも遺言者の一方的な意思表示です。

たとえば、不動産賃貸物件を親から相続することになり、賃貸アパートを経営することになりました。しかし、会社からは副業を禁じられています。このままでは就業規則に抵触して会社を辞めなければなりません。

このように遺言者の遺志によって窮地に追い込まれることもあります。

受遺者にとっては、それがたとえ利益になったとしても、その遺言者の一方的な意思が強制されるべきではありません。

民法では、特定遺贈については、受遺者は遺言者の死亡後、いつでも遺贈の放棄をすることができると規定します。

受遺者が遺贈を放棄した場合には、相続人が改めて遺産分割協議を行うことになります。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 大口 亮 3828

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP