相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2019.11.14 遺言のおさらい(公正証書遺言への署名押印)-その3

2019.11.14 | カテゴリ:相続応援日記, 相続関連情報

今回は、公正証書遺言への署名押印についてお話したいと思います。

公正証書遺言の作成手続きの一つとして、民法上、遺言者及び証人が、公証人の筆記した内容が正確であることを承認した後、各自が遺言書に署名押印することが規定されています。

そして、遺言者自身が署名できない場合は、公証人がその旨を付記して、遺言者の署名に代えることができることとなっております。

遺言者が署名できないかどうかは、公証人の個別具体的判断に委ねられています。

もっとも、実際には遺言者が署名できたにも拘らず、署名できないものとして作成された公正証書遺言は、遺言者の署名がないものとして遺言が無効となるので、注意が必要です。

例えば、遺言者は左手は不自由であったものの、右手は普通に使うことができており、箸を使って食事をとっていた等の事情が確認されたケースでは、遺言者が署名できない場合には該当せず、遺言を無効とした判例があります。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 八杉 努 4207

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

 

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP