天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2006.5.15 遺言と遺留分と分割協議その2

2006.5.15 | カテゴリ:相続応援日記

遺言の存在をどの場面で明示したほうがいいかどうかのご相談がよくあります。ケースバイケースであることは間違いありませんが、幾つかの事例をご紹介していきましょう。

明らかにトラブルが起きそうなときは、出来るだけ早い機会に遺言の存在を明示します。明示しない理由が見当たりません。では明らかにトラブルが起きそうなときとはどういうときでしょうか?

1.兄弟姉妹が弁護士を伴って会いたいと言っている

2.本家の子供の配偶者もしくは長男を養子にするときに反対した人がいた

3.遺言を書き換えており前の遺言と大きな相違がある場合

4.今までも兄弟姉妹で大きないさかいがある場合

等です。この場合は、遺言を見て、遺留分減殺請求が高い確率で予想されます。

記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。722。(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP