相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2005.11.12 遺留分減殺請求の実務その3

2005.11.12 | カテゴリ:相続応援日記

遺留分減殺請求というのがあります。遺言でも侵せない遺留分を取り戻す制度です。この減殺対象が選択可能かどうかで判例も学説も分かれています。有力説は目的物を特定する選択権は減殺請求権者にあるというものです。一方早いもの勝ちで有利な物件を押さえようという弊害を考えて目的物の選択を否定する説もあります。

実務は遺留分の割合に応じた共有はお互いの利益にならないため、弁護士さん同志の話し合いで価額弁償というお金で払うことが多いようです。

記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。541。(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP