相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2005.11.14 遺産分割今協議での寄与分の実務その2

2005.11.14 | カテゴリ:相続応援日記

寄与分とは、被相続人の財産の維持や増加について特別の寄与・貢献をした者がいる場合、その者の本来の相続分に一定の加算をする制度です(民法904条の2第1項)。

(相続開始時の財産価格-寄与分の価格)を相続人で分けるということになります。寄与分の価格は寄与者が相続をします。実務では非相続人の財産の維持・増加について「特別」に寄与したかどうか相続人間で話し合います。協議で決まらないときは家庭裁判所の審判で決まります。財産の維持よりは増加のほうが立証しやすいのが実務です。なお配偶者の看護は、夫婦間の協力扶助義務の履行と考えられ特別の寄与とはされていません。


 記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。543。(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP