天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2005.8.1 路線価発表と実務家のコメント

2005.8.1 | カテゴリ:相続応援日記

「国税庁は8月1日、相続税や贈与税の算定基準となる2005年分の路線価を公表した。全国約41万地点の標準宅地の平均路線価は、1平方メートル当たり11万2000円(前年比3.4%減)で13年連続で下落したが、下落率が前年の5.0%から1.6ポイント縮小し、下げ止まり傾向を示した。景気回復で都市部を中心に土地取引が活発になったのが要因。東京都は45万8000円(上昇率0.4%)で、都道府県別ではバブル崩壊後初めて、13年ぶりにプラスに転じた。 東京都は、堅調な住宅需要や再開発などにより、集客力の高い都心や駅周辺で上昇地点が増加し、23区は59万3000円(上昇率0.9%)。それ以外では下落傾向は続くものの、下げ幅が縮小した道府県は、前年の21から29に増加した。 都市圏別の下落率も、東京圏0.8%(前年2.7%)▽大阪圏4.5%(同7.7%)▽名古屋圏2.1%(同6.0%)▽その他7.1%(同8.2%)と、いずれも縮小している。(以上毎日新聞より)」

実務家として東京都の上昇はうなずけます。一部の地域とはいえ路線価の1.25倍が時価という原則(時価を1とすれば路線価は0.8)より高い金額で売れている土地が存在します。詳しくは

路線価の4倍で取引が成立したって本当?

低金利時代の今だからこそ不動産は高く売れるという説

5億円のお金の運用はどうする?!

をご覧ください。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。442。(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP