相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2006.12.2 贈与税を解説したテレビ登場。その1

2006.12.2 | カテゴリ:相続応援日記

財産をもらったらどうなるの?という税金に関するテレビがWEB上で見ることが出来ます。

内容をご紹介しましょう。

『贈与を受けた財産には贈与税が課税されますから贈与税と相続税の両方について考える必要があります。贈与税は生前贈与によって相続税が課税されなくなる部分に課税して相続税を補完する役割があります。』

『まず、暦年課税ですが、これは1年間に贈与を受けた財産の合計額を基に贈与税額を計算するものです。贈与税の計算は簡単です。まず、その年の1月1日から12月31日までに贈与を受けた財産の合計額から基礎控除額110万円を差し引いて、それに税率を掛けた額から控除額を引いたものが贈与税額になります。ええと500万円から110万円を引いた390万円が基礎控除後の課税価格だから税率は20%、控除額が25万円だから53万円が贈与税額となりますね。ええ。それから暦年課税では条件によっては基礎控除の他に配偶者控除を最高2,000万円まで受けられます。』

二つある贈与税の制度の解説です。一つ目は暦年課税です。年度毎に解決するやり方です。

記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。919。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP