天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2005.7.9 調達したお金か?稼いだお金か?運用基準が違う

2005.7.9 | カテゴリ:相続応援日記

不動産を買いたいがお金がありません。そこでお金を調達したい人はどこへ行くのでしょうか?その昔はダイエーの中内さんの所へ行きました。お金の工面をお願いするために。今は不動産ファンドを作ります。出してくれる人は金融機関や企業年金です。さらに楽天さんやライブドアさんへ行きます。買収してくれないかの相談です。その昔も今も変らない点は、出してくれる人も外から調達したお金です。ダイエーさんなら借入金。金融機関なら預金と言うお預かり。楽天さんなら株主からの出資です。自分が稼いだものではありません。どうも自分が稼いだお金のほうが、運用基準が厳しくなるようです。稼いだお金を持っている資産家さんの運用基準はとても参考になるはずです。

記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。419。(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP