相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2015.9.28 誤解の多い相続対策。その2

2015.9.28 | カテゴリ:相続応援日記, 相続関連情報

今年より基礎控除が下がったため、相続対策のご質問を受ける機会が増えてきました。

よくある相続対策のうち、主なものを中心に誤解をしていて失敗しないポイントを見ています。

今日は贈与対策。

生前贈与を活用することによって、大幅な相続対策を行うことが可能です。

よく、生前贈与を贈与税の基礎控除の範囲内で、つまり年間110万円以内で行っている方が多くいらっしゃいます。

もちろん、これでも効果はありますが、実は人によっては贈与税を負担してでも、つまり年間110万円超の贈与をした方がより多くの節税効果を上げることが可能です。

しくみは、贈与税率と相続税率の開きにあります。

例えば、相続の際に40%の税率が予想される方は、贈与税負担が40%より低い範囲内で贈与を行うことによって、大幅な節税策が可能となります。

相続の際には1,000万円あたり400万円の相続税が課税される可能性のある方でも、例えば20歳以上の子や孫に1,000万円贈与することで、贈与税は177万円となり、結果的に223万円もの節税が可能となります。

まずは一度、ご自身の相続税がどの程度予想されるのかを診断し、そこでかかる相続税率よりも低い贈与税の範囲で、数年に分けて贈与を行っていきます。

なお、贈与はやり方によっては贈与と認められないケースも多いですから、注意が必要です。

税理士法人レガシィでは、簡易診断のお手伝いを通して効果的で否認されない贈与のご提案をしておりますので、ご興味ある方はご相談ください。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 三澤郁夫 3204

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP