相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2019.5.15 親子世代の特徴からみる相続対策。その2

2019.5.15 | カテゴリ:相続応援日記, 相続関連情報

相続専門のレガシィではご相談にいらっしゃるお客様を、「親・子・孫」の3世代の年齢別に分けて、ご紹介する主な相続対策として5つのパターンを作りました。

Aパターン 「親90代、子60代、孫30代」

Bパターン 「親80代、子50代、孫20代」

Cパターン 「親70代、子40代、孫10代」

Dパターン 「親60代、子30代、孫10代未満」

Eパターン 「親50代、子20代、孫なし」

比較的、生前対策を行いやすいのはCパターンとDパターンの方々です。

この年代の方は、ご相続の発生まで比較的期間があることが多く、事前の対策をする時間が見込めるからです。

例えば、お孫様に向けた教育資金の一括贈与の検討や、お子様に向けた住宅取得投資金の贈与などは、対象年齢的にもちょうど当てはまる世代となっています。

また、実際のご相続までの期間を活かして、暦年贈与による長期的な対策も有効です。

なお、結婚・子育て資金の贈与が非課税となる特例は、孫が20代・30代であるA・Bパターンと、子供が20代・30代であるD・Eパターンでも活用が出来そうです。

これらのことから、ご相続対策として始めるのであれば、遅くともご本人が70歳代後半になる前が良いと思われます。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 三澤郁夫 4083

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP